あだち充のアニメ化されたマンガをまとめてみた!

青春漫画の第一人者であるあだち充さん。今までにアニメ化された漫画は数多くあります。今回はそのアニメ化された物をまとめてみました!

アニメ化された作品

あだち充さんの作品の中でアニメ化された作品を上げてみましょう。

アニメ化されているのは古い順に『みゆき』『タッチ』『陽あたり良好!』『H2』『クロスゲーム』の5つです。

この中で、野球を主題にしたものは3つ。あだちさんと言えば野球を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、このことが要因になっているのかもしれませんね。

それでは次から作品ごとに紹介をしていきましょう。

みゆき

実は有名な楽曲が

出典:https://www.google.co.jp

『大人の階段上る君はまだシンデレラさ』

皆さん、この歌、フレーズをご存知でしょうか?『想い出がいっぱい』H2Oさんの有名な曲ですね。

実はこれ、テレビアニメ『みゆき』エンディングテーマなんです。

あらすじ

主人公は若松真人。彼は同級生の鹿島みゆきに好意を抱いており、同じ海の民宿でバイトをした際にアプローチをするも失敗してしまう。

落胆する彼に友人たちは海で見かけた美少女を誘うようにそそのかす。結果的にデートの約束をこぎつけた、彼女は6年ぶりに海外から帰国した血の繋がらない妹若松みゆきであった。

その後、みゆきとのふたりきりの生活が始まる。真人はみゆきはあくまでも妹と意識するが、段々と彼女に惹かれていく・・・。しかし、その気持ちを振り払うため、鹿島みゆきとの関係を深めていこうとする・・・。

妹と想い人、二人のみゆきの中で揺れ動く少年の心を描いた物語です。

また、この作品にはスポーツの要素が一切なく、『恋愛』のみにスポットライトが当たっていることも特徴です。

タッチ

Most popularなあだち作品!

出典:https://www.google.co.jp

さて、あまり漫画やアニメに詳しくない人でも、この『タッチ』はご存知の方は多いのではないでしょうか?

「南を甲子園に連れて行って」と言うセリフ。岩崎良美さんの歌われている主題歌も非常に有名です。また、野球が絡む漫画としても初めて、アニメ化された作品でもあります。

あらすじ

上杉達也上杉和也は一卵性双生児の双子。兄達也は何事にもいい加減。一方の弟和也は、成績優秀スポーツ万能であった。

そして、二人の幼馴染、浅倉南。三人は小さい時から一緒に行動し、そして年を重ねるごとに、互いを異性として意識し始めた。

三人は同じ高校に進学し、和也は野球部に入部。エースとしてチームの主軸を担う和也。そして、南と和也はお似合いのカップルとしてにわかに有名になる。

しかし、夏の高校野球地区予選決勝の直前、和也は交通事故で帰らぬ人となる。そして、達也は亡き弟の意思を継ぎ、南を甲子園に連れていくためマウンドに立つ。