ほわわんだけど芯の強い!田中理恵が声優を担当したアニメキャラまとめ

声優・田中理恵さんが今まで担当されてきたキャラクターをまとめてみました!

田中理恵さんとは

愛称:りえりえ

性別:女性

出身:北海道札幌市南区

生年月日:1979年1月3日

血液型:B型

身長:162cm

職業:声優、歌手

事務所:リトリート

配偶者:山寺宏一

【声優活動】

活動期間:1997年~

ジャンル:アニメ、ゲーム、ラジオ

【デビュー作】

少女(『劇場版 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新志士への鎮魂歌』)

【アニメ・デビュー作】

秋子(『どっきりドクター』)

【音楽活動】

活動期間:2001年~

ジャンル:J-POP、アニメソング

職種:歌手

レーベル:SME・ビジュアルワークス(2003年)

       ビクターエンタテインメント(2002年 – 2003年)

       RIGHTS(2009年)

       WAVE MASTER HAPPIES(2010年~)

出典:https://ja.wikipedia.org

田中理恵さんの好きな言葉(座右の銘)は、「めげない 逃げない 諦めない」 とのこと。確かに、大事だ!!と聴いたときに思いましたね。

田中さんは、今現在も活躍しているスフィアの4人の芸能界に進むきっかけになったいわば親とも言えますね。

Sony Musicグループの芸能事務所「ミュージックレイン・第1回スーパー声優オーディション」では審査員を務められたことも有名です。

この第2回は審査員での参加はしてないですが、雨宮天さんたち合格者も売れに売れてますからね・・・。

また、声優の山寺宏一さんとご結婚されていますね。理恵さんは、料理などもお好きで独身時代のブログなどでも拝見する機会多かったので、いい奥さんしていると思います!

そして、なんといってもゲーム大好きなお方で、

旧FF14からのプレイヤー なので、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』ではカヌ・エ・センナと嵐神ガルーダを演じていらっしゃいますが、事前説明一切いらないくらいのガチ勢ということが判明しました(笑)

声優を担当したアニメキャラまとめ

田中理恵さんのことを本当にざっくりした形ではありますが、紹介させていただきました。いかがでしたか?では早速、ほんの一部でありますが、演じてこられたキャラをまとめてみます!

『機動戦士ガンダムSEEDシリーズ』ラクス・クライン/ミーア・キャンベル

田中理恵さんといえば!ガンダム好きの方ならお分かりかと思います!!ラクスさま!!紹介画像はあえてのSEEDモードのラクス様を選ばせて頂きました!

可憐さと奥ゆかしさと知性を兼ね備えていて、そして何より美しい声を持つ歌姫でした。絶大人気を博していたのもあり社会的影響力もあってユニウスセブン追悼慰霊団の代表を務めてたりしていました。

いつもはほわわんとしていらっしゃる方なのですが、芯をしっかり持っていて、ラクスの家が襲撃されて逃げているときにアスランに放ったこの一言でぐっとひきこまれました

「アスランが信じて戦うものは何ですか?頂いた勲章ですか?お父様の命令ですか? 」

そして、ラクス様が持っていらしたアスランが作ってあげていたものですが、

ピンク色のハロ(愛称・ピンクちゃん)を大層気に入っていて、ちょっと口の悪い感じが私も好きで今でも欲しいんです(笑)

『ちょびっツ』ちぃ

こんな姿をしていて、パソコンなんですよね。主人公・本須和秀樹がゴミ捨て場に捨てられていたところ拾ってきたのが初接触になるという・・・。

初めは「ちぃ」しかしゃべれなかったことから名前もそれにちなんだんですよね。

アタシだけのヒト

これが、作品中のキーワードになっているんですけど、田中さんが初めに「ちぃ」しかいえなかったところから、成長していっている姿を演じてくれて本当にそこにいるって思えました。

私は、アニメになってからというよりちょびっツが単行本で発売された当日に毎巻毎巻購入して読んでいたもので、初めは幼さな心で難しい世界だなって思っていましたが、

そこに『声=生命』を吹き込んでくれたことによって、素敵な世界が色が広がったと認識できた作品でもありました。

観たことないって方も、今BOXで発売されてたりするので観てみると変わりますよ!!

『ローゼンメイデンシリーズ』水銀燈

田中さんって正統派ヒロインというかほわわんとしている女の子を演じている印象が強かったのですが、その印象を一気に変えてくれたのがこの作品でした。

お人形なんですけど、ねじを巻く事で動く。そして、アリスになるために戦う定めをもつドールたち。原作とアニメだと人数が違うので、いろいろ設定異なります。

「ローゼンメイデン」シリーズの第1ドールで、

姉妹全員分の罪を背負わされたんですよね。

口調も相手を小馬鹿にするような感じで、感情的というかヒステリックになる節がある田中さんのこれまでの演じ方と真反対だったので衝撃を受けたのがこの水銀燈でした。

『ふたりはプリキュア Max Heart』九条ひかり / シャイニールミナス

そして、女の子のあこがれの的!プリキュアシリーズにも出ていらっしゃいます。無印の次の2作目からの登場なんですよね。

最初は、自分の名前も知らなかったのですが、記憶を操って

アカネの従妹として、「TAKO CAFE」の手伝いをしながら同居していて

「私立ベローネ学院女子中等部」の1年桃組に転入している女の子。

3つに分裂したクイーンの「生命」 が正体だったわけですが、田中さんの吹き込んだ『声=生命』で神秘的なオーラが出ていて無印からいたような違和感なく溶け込んでいました!!

田中さんが演じていられている役って芯の強い女の子がおおいですよね!!

『PERSONA3』桐条美鶴

桐条グループの令嬢。生徒会長にして特別課外活動部の部長を務める才女という大人っぽい女の子を演じておられます。赤髪できりっとした目元をしているので強い印象ですね。

田中さんのきりっとした生徒会長の声色と演技に美鶴さんの気高さが引き出されていると感じました。

最後に

まだまだ、素晴らしいキャラをたくさん演じていらっしゃる田中理恵さん。初主演作を入れられなかったのが残念・・・。

是非、この機会に田中理恵さんのこれまでを振り返っていただいて作品に触れてみてほしいです。