落ち着いた低すぎない声が素敵☆平田広明が担当したアニメキャラまとめ

アニメはもちろん洋画吹き替えでも大活躍!平田広明さんが演じたアニメキャラをまとめました。

平田広明さんについて。

出典:http://ameblo.jp


・生年月日:1963年8月7日
・出身地:東京と
・所属事務所:ひらたプロダクションジャパン

声優としてではなく、舞台俳優として芸能界に入った。舞台俳優として活動中にマネージャーから声優の話をされ、オーディションを受けることになり声優活動を始めるきっかけとなりました。

アニメに限らず、洋画吹き替えでも活躍しています。色んな吹き替えをしてきた中でも、『パイレーツ・オブ・カリビアン』などの主人公を務めた『ジョニー・デップ』さんからは担当声優を公認されています。

2015年に映画のPRのため来日した際、初めて共演を果たしました。平田さんから花束を渡すとき、『僕の方が彼に花束を彼に渡すべきです。自分の声を20年も担当してくれたことが本当に光栄に思う』と話していたことが話題になりました。

2011年『第6回声優アワード』にて『主演男優賞』、2012年『東京アニメアワード』にて『個人部門・声優賞』を受賞。

出演作品

1997年「金田一少年の事件簿」-いつき陽介役

出典:http://neoapo.com

フリーのルポライターで、『いつき陽介』はペンネーム。本名は『樹村信介』。

言っていることは正論でも態度が悪いため、一達には嫌われていたが、一度認めた人物は必ず信頼するという性格で後々一達とも打ち解ける。周囲からの人望も厚く、自分が責められるかもしれないという立場になっても助けるという優しい一面の持ち主。

ヘビースモーカーで、一日にタバコを二箱も吸う。

2000年「ONE PIECE」-サンジ役

出典:http://xn--o9j0bk5542aytpfi5dlij.biz

https://www.youtube.com/watch?v=FeaVOi0ruS8
年齢は新世界編では21歳。懸賞金は超新星編の時は『7700万ベリー』、新世界編では『1億7700万ベリー』。麦わらの一味のコック(兼戦闘員)。異名は『黒足のサンジ』。

金髪にクルクル眉毛 、黒いスーツが特徴。かなりの女好きで、そのことが痛手になることもある。

コックでありながらタバコを吸っている。ゼフに『舌が狂う』と言われながらも、認められたいがために吸い始めた。※タバコは20歳になってから!しかし、戦闘方法は手を傷つけないようにするため足技。

モデルは『スティーブ・ブシェミ』さん。

2003年「NRUTO-ナルト-」-不知火ゲンマ役

出典:http://matome.naver.jp

くわえ千本が特徴的。常に冷静で実力も高い。千本吹きはクナイの威力を相殺するほど。

過去に四代目火影のミナトの護衛についていたことがあり、そのときに『飛雷神の術』を伝授してもらったが、三人揃わないと術が発動できない。

千本とは30センチくらいの針で、細いため手裏剣よりも数多く装備することができる。扱いが難しいが、慣れれば絶大な破壊力を持つ。

2006年「BLACK LAGOON」-ベニー役

出典:http://matome.naver.jp

ユダヤ系アメリカ人の白人。大学生のとき『遊び』が行き過ぎ、FBIとマフィアから狙われることがあったが、レヴィに助けられそのままラグーン商会で働くこととなる。

ラグーン商会では情報収集、情報操作などと、ダッチの参謀役を務める。電子機器の扱いに関してはかなり能力が高く、天才的なハッカー。自分が使用している機器に愛着を持っており、触られるのを頑なに嫌がる。

2007年「MOONLIGHT MILE」-ロストマン(ジャック・F・ウッドブリッジ)役

出典:http://www.schaft.net

主人公『猿渡吾郎』の親友。『ロストマン』は子供の頃、家出を何回も行ったことからそう呼ばれ、『戦闘で失踪(ロスト)するような状況になっても必ず帰って来るタフガイ』という意味もある。

スペースシャトルのパイロットになるため、吾郎と共にアメリカ海軍に入隊。高度な戦闘機操縦技術を持ったエース・パイロットとして活躍した。

ロストマンを恨んでいる、元部下の息子により刺殺されたかと思われたが実際は生きているらしい。詳細は不明。

2008年「魍魎の匣」-中禅寺秋彦役

出典:http://plaza.rakuten.co.jp

中野で古本屋「京極堂」を営む男。家業は住居部の裏手にある「武蔵晴明神社」の宮司、副業は祈祷師の一種である「憑物落とし(つきものおとし)」の「拝み屋」。店の屋号に因んで「京極堂」と呼ばれる。

憑物落としの際には、両胸に五芒星を染め抜いた黒の着流し、黒の足袋に鼻緒だけが赤い黒の下駄と、黒ずくめの格好をする。

榎木津・関口とは旧制高校時代からの腐れ縁。宗教、口碑伝承、民俗学、妖怪等に造詣が深く、知識と理を尊び、根拠のない事は語らない。重度の本の虫でもあり、家屋敷から店舗に至るまで本で溢れている。

常に和装で、終始不機嫌な仏頂面をしており顔つきは平素から「凶悪」と称される。しかし、つき合いの長い者には感情の変化がわかるらしい。また、興味のある本が見つかったと聞くと大層喜んで足を運ぶのだという。

事件解決に暗躍する役どころながら積極的に干渉する事を好まない。肉体労働を嫌い、本人曰く「十四の時に力仕事をしないと誓った」とのことで、非力であるようだ。

出典:https://ja.wikipedia.org

2011年「TIGER&BUNNY」-ワイルドタイガー/鏑木・T・虎徹役

出典:http://anibu.jp


本作品の主人公。仕事も私生活も崖っぷちのヒーロー。新人ヒーローであるバーナビーと『TIGER&BARNABY』というコンビを組む。

NEXT能力は『ハンドレッドパワー』 (5分間だけ身体能力が100倍)で、この能力を駆使し戦うがその戦い方は豪快で、市民を守るためとはいえ、かなりの器物破損をする(ためらうことがない)。このことから『正義の壊し屋』と呼ばれている。

性格は大雑把でおせっかい。人情深い面もあるが、おせっかいが高じて迷惑がられることも少なくない。その反面、自分の問題は抱え込む。

2012年「ソードアート・オンライン」-クライン/壷井遼太郎役

出典:http://suta-13.blog.jp

https://www.youtube.com/watch?v=Qr4jQQUGsCg
主人公『キリト』が正式にサービスが開始したSAO(ソードアート・オンライン)で最初に出会った人物。現実世界では商社マンをしている。

かなりの酒飲みで女好きだが義理堅く、ギルドの仲間を全員守りつつ、『攻略組』と呼ばれるところまで育て無事生還するなど、真の強い一面も見られる。

魔法系武器、攻撃は持っておらず、魔防もほとんどない。敏捷性にステータスを振る、刀に鎧という武者スタイル。

Twitterの反応

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

最後に

出典:http://www.animate.tv

いかがでしたでしょうか!?意地悪そうな役から、女たらしまで幅広く演じられていますね!平田広明さんの魅力が伝わっていれば嬉しいです^^

主要なキャラクターをピックアップしてみました。まだ他にも様々な作品に出演されていますので、チェックしてみてください♪

吹き替えではジョニー・デップさんをはじめ、ジュード・ロウさんやエドワード・ノートンさんなどの吹き替えも担当されています。字幕派の方!映画を見るときは是非吹き替えにも注目してみてください☆