本当に凄い!七色の声を持つ男 山寺宏一が声優を務めたディズニーキャラのまとめ

「七色の声を持つ男」として非常に名高い山寺宏一。数多くのキャラクターを演じる中でディズニーキャラクターも数多く担当しており、その数は10を超えている。なんと日本の声優の中でディズニーキャラクター担当数はNo.1!有名なキャラクターから、「え!これも山寺さんなの!?」というキャラクターまで、順番に紹介していこう。

山寺宏一という男

人気はもちろん、非常に幅広いキャラクターをこなす山寺宏一。一体どんな人物なのか?簡単にプロフィールをまとめてみた。

出典:http://www.officiallyjd.com

名前は山寺宏一(愛称は「やまちゃん」)。1961年6月17日生まれの宮城県出身で、アクロスエンタテインメント所属。

代表作は、『らんま1/2』響良牙/Pちゃん役・『ルパン三世シリーズ』銭形警部役・『それいけ!アンパンマン』めいけんチーズ役・『かいけつゾロリシリーズ』ゾロリ役など。吹き替えはにウィル・スミス、エディ・マーフィ、ブラッド・ピット、ジム・キャリーなど、そうそうたるメンバーを担当している。

声優だけでなく、俳優、タレント、ラジオパーソナリティ、CM、舞台など幅広く活躍している。『七色の声を持つ男』とは、非常に広域の声をもち、老人から若者、動物や悪役、シリアスからコメディまで高い演技力で演じこなすところから代名詞として言われるようになった。

それでは、そんな山寺宏一によって命を吹き込まれたディズニーキャラクターたちを紹介していこう。

ドナルド・ダック

ディズニーのメインキャラクターとして非常に人気の高いドナルド・ダック。

出典:http://matome.naver.jp

なんといっても代表はドナルド・ダックである。陽気でお茶目なキャラクターで、非常に生き生きと演じられているドナルドに魅了されている人は数知れず。ついつい声まねをした人も多いのではないだろうか?ドナルドの演技はディズニー側からも非常に評価が高く、名前入りのドナルドの腕時計とその原画がディズニーから贈られている。

ジーニー

「アラジン」のメインキャラクター「ジーニー」。

出典:http://kids.disney.co.jp

これもまた有名な、映画「アラジン」「ジーニー」を演じている。ハイテンションで軽快なキャラクターは見ていてとても気持ちよい。ネタバレになるので詳細は言えないが、話の途中で性格が変わってしまうシーンも非常にハラハラするものがあり、演技力の高さがうかがえる。作品の中の歌も山寺本人によるものだ。

スティッチ

「リロ&スティッチ」の宇宙人「スティッチ」。

出典:http://kabekin.com

これには驚いた人も多いのではないだろうか?「リロ&スティッチ」スティッチも山寺が吹き替えを担当している。同じ動物(スティッチは宇宙人だが)でも同一人物とは思えない。この多彩さには「七色の声をもつ男」と呼ばれる理由も納得させられる。声を聞いただけではとても気付けない・・・流石である。

野獣

「美女と野獣」のヒーロー「野獣」。

出典:http://girlschannel.net

「美女と野獣」「野獣」の声も山寺宏一だ。今まで紹介したのは人外のキャラクターたちだったが、「野獣」ということは童話の王子様・ヒーロー役だ。これまた様子の違うキャラクターであるが、それも完璧に現在の「野獣」のイメージを作り上げている。もちろんこの作品も挿入歌は山寺宏一本人が担当している。

セバスチャン

「リトルマーメイド」の音楽家「セバスチャン」

出典:https://www.google.co.jp

「リトルマーメイド」に登場する宮廷音楽家「セバスチャン」。彼はカニだが、作品中でかなりの主要キャラクターであり、専用の挿入歌もある。(もちろんこれも山寺宏一本人が歌っている)口うるさいところもある「セバスチャン」は名前からもうかがえるように執事のような立場でもある。執事な山寺宏一を堪能したい人はぜひリトルマーメイドを見てみてほしい。見た目はカニだが。

ベン

「トレジャープラネット」に登場するロボット「ベン」。

出典:http://mmw2007.web.fc2.com

「トレジャープラネット」は製作の長編アニメーション映画だ。山寺の担当する「ベン」は、主人公が道中に出会う人型のロボット。かなりテンションが高い。知名度は他の作品に比べると高くはないが、非常に評価の高い作品。公開当時にマクドナルドのハッピーセットでベンのパーツを扱っていたことがある。

ムーシュー

「ムーラン」に登場する守護神「ムーシュー」

出典:http://kids.disney.co.jp

映画「ムーラン」の主人公のお供である「ムーシュー」。ムーシューのキャラはどことなくアラジンのジーニーと似ており、茶目っ気がありお調子者。赤い竜の姿をしているが、竜といっても小さいので可愛い。映画「ムーラン」は古代中国を舞台にした長編アニメーション映画で、アニー賞の作品賞を受賞しているほど評価が高い。まだ見たことがない人はいかがだろうか。

レック・イット・ラルフ

「シュガーラッシュ」の主人公「ラルフ」

出典:http://newnews.in.net

2013年日本で公開された「シュガーラッシュ」の主人公、大男「ラルフ」。悪役なラルフの不器用なキャラクターにはつい感情移入してしまう魅力がある。今までメインキャラクターに採用されてきたことも多い山寺だが、最近の映画でもやはり主役に選ばれるあたりディズニーでの重要さがわかる。

その他のキャラクターたち

出典:http://matome.naver.jp

「チップとデール」のデール

現在の担当は違うが、過去に放送されていたアニメ「チップとデールの大作戦」(テレビ東京版)でデール役を担当していた。

「ロジャーラビット」のロジャーラビット

映画「ロジャーラビット」のウサギ役。ちなみにロジャーラビットはディズニーパークのトゥーンタウンに住んでいる。

「シンデレラ」のジャック

映画「シンデレラ」のBVHE版のみ。シンデレラおなじみ、ネズミのジャック役。

「101匹わんちゃんII パッチのはじめての冒険」のサンダーボルト

主人公パッチの憧れの相手、サンダーボルト。101匹わんちゃんにも登場しているとはすごい。

まとめ

出典:http://matome.naver.jp

山寺宏一はすごいというのがわかっていただけだだろうか。一人でいったいどれだけ違うキャラクターをこなすのだろう。なおゲーム「キングダムハーツシリーズ」ではそのキャラ数の多さから一人芝居のシーンも多々見られる。収録大変だっただろうなぁ・・・。まだまだ現役なのでこれからもディズニー作品に出演することも十分考えられる。最後にはいったいどれだけの数に出演しているのか楽しみだ。

もし今まで紹介した中で見たことがない作品があれば、これを期にぜひ観ていただき山寺宏一のすごさを堪能してみてはいかがだろうか。