【ネタバレ注意】あだち充が描いた漫画「MIX」の見どころを徹底分析!

浅倉みなみ44歳です???名作高校野球漫画「タッチ」から26年後の世界が舞台、「MIX」の魅力を徹底解剖!!!

タッチから26年後の世界を描いた「MIX」

タッチの登場人物は?

出典:http://pds.exblog.jp

タッチやH2、みゆきなどで有名なあだち充先生の最新作

タッチの26年後を描いたことで話題の高校野球漫画「MIX」!

連載当初はゲッサンだけでは増刷しても販売が追い付かず、週刊少年サンデーでも掲載されるほどの話題作となりました。

いまやゲッサンの顔と言ってもいい本作!!

現在八巻まで発売し、ストーリーもカンカンに温まってきたMIXの魅力を徹底解剖、ご紹介していきます!

概要

双子?いいえ三兄妹?

出典:http://baybridges.exblog.jp

舞台はタッチの上杉兄弟、南ちゃんが44歳になる、タッチから26年後の世界。

投手として非凡な才能を持つ立花投馬と、捕手の走一郎の中学二年の兄弟は、中学で野球部に入学するも、投馬はいやみな先輩の妨害で投手になれずにいた。

そんな二人が、明青学園で甲子園を目指すストーリー。

同い年の双子?と思いきや、この二人は義兄弟。ちょっと複雑な関係ですね。

中学編では、嫌味な先輩の妨害で力を発揮できずにいますが、中学では高校からもスカウトが来ており、すでに才能は開花しつつあるようです。

主人公が中学で野球の実力を認められているという点では、H2に似ているのかもしれません。

タッチの26年後という前情報が独り歩きして達也やみなみちゃんが出てくる続編と思われがちですが、特にタッチ続編というわけではなくオリジナルのストーリーにタッチの登場人物が花を添えているといった印象です。。

現在8巻まで発売されているわけですが、8巻現在上杉達也や浅倉南は登場していません、何人かタッチ当時のキャラクターが登場しています。

そんな魅力たっぷりな登場キャラクターをご紹介していきましょう!

登場キャラクター

顔はやっぱり似ている!けど血縁は・・・?

出典:http://h-art.sakura.ne.jp

複雑な関係で構成されているMIXの登場人物。

そんなキャラクターたちをご紹介しましょう!

立花投馬・走一郎

出典:http://bokusatsu.com

MIXのメインキャラクターは

立花投馬 立花走一郎 の兄弟です。

同い年で同じ誕生日なので双子?と思いきや再婚相手の連れ子。

立花英介の息子が投馬で、真弓の息子が走一郎です。

投馬と走一郎は、子供のころともにピッチャー志望だったが、じゃんけんで負けたことでピッチャーは投馬に譲り、走一郎は捕手に。

最初は反発するも次第に投馬の才能を認め、バッテリーとして活躍することになります。

立花音美

出典:http://cogitoergosum.sblo.jp

走一郎の実の妹で、投馬の義理の妹の立花音美

元々は人見知りだった性格が、投馬とのある出来事で一新、明るくて社交的な女の子になります。

ヒロインが義理の妹という点は、みゆきに近いのかもしれません。

大山春夏

出典:http://mangamatome.com

明青学園高等部の野球部監督の娘であり、新体操部所属でみなみちゃんポジションの大山春夏

怪我をきっかけに野球部のマネージャーを務めることになります。

子供のころに投馬と会ったことがあり、投馬のことが気になっているようです。

二階堂大輔

出典:http://onimanga.blog.fc2.com

中等部で、投馬の邪魔をするのがこの二階堂大輔。

明青学園OBで、会社社長の父の力でエースで四番を務めるも、実力が伴わず部員から煙たがられるという役どころ。

練習もろくにせず、試合でもスタミナ切れという二階堂ですが、実は心臓病で激しい運動ができなかったというのが真相。

投馬とも和解し、のちに手術を成功させるも、高校では野球部には入部せず投馬たちを陰ながら応援しています。

西村拓味

出典:http://bokusatsu.com

タッチとつながりのあるキャラクター、西村拓味。

タッチで勢南高校のエースとして登場したあの西村勇の息子で、西村勇も監督として登場しています。

父に負けず劣らずの投球で、投馬たちに立ちふさがります。

赤井智仁

出典:http://www.iptk-lab.com

バッターとして投馬たちに立ちふさがるのが、健丈高校の赤井智仁。

打撃練習では飛ばし過ぎてボールをよく無くしてしまうことから、グラウンドのフェンスをたかくするというほどの強打者。

こちらも弟の遼とは義兄弟だそう。

意外に少ない?タッチとの共通点

そんなに共通点は多くない?

出典:http://shopping.c.yimg.jp

ストーリーや登場キャラクターから見てもわかるとおり、あまりタッチとの共通点も多くなく、「タッチ2」というイメージではありません。

共通点といえば、

・舞台が明青学園

・西村勇の登場

・犬の名前がパンチ

という点ぐらいで、話自体はつながっている様子もいまのところありません。

逆にタッチ2としての続編を望んでいた筆者は少し肩透かしをくらったような感想でした。

MIXに関しては、舞台や世界観が一緒の別の物語として見たほうが楽しめる作品かと思います。

今後達也や南の登場は?

うーん、難しいかな?

出典:http://ameblo.jp

タッチの続編として大々的にコマーシャルを打たれたからには、期待したいのが

上杉達也や浅倉南、考太郎や原田、新田や新田妹などなど魅力的なタッチの登場キャラクターの登場が期待されるところです。

8巻現在登場しているのは、西村勇と、同名同型のぱんち、同じみゆきで登場した喫茶店のマスターぐらいなもの。

一方野球部メンバーはというと、OB会などでつながりがあってもよさそうなものですが、登場したのは優勝記念品の名前のみ。

今後の登場に期待したいところですが、うーん、たぶんなさそう。

というのも、あだち充作品はほとんど登場人物の顔が一緒で、区別が難しそうだから。

投馬と達也、ほぼ一緒です。

達也やみなみちゃんは45歳とはいえ、似た顔が登場すると話の構成がおかしくなってしまいそう。

あとはここで急にタッチ関係のキャラがずいっと出てきてしまうと、既存のキャラの存在がかすんでしまいそうだから。

タッチの登場キャラクターの登場が期待できるのは、西村勇と、あっても原田ぐらい?

むしろ45歳の原田はみてみたい!

Twitterの反応

やはりタッチの続編としての期待が高かったようですね。

最後に

何巻まで続くのか?


いかがでしたでしょうか?

タッチとはまたまったく違うテイストの本作、魅力は伝わりましたでしょうか。

現在8巻ということでまだ追い付きやすいので、みなさんもぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

それでは!