ダイヤのAの登場人物・主要キャラをまとめてみた

大人気野球アニメ、ダイヤのAの主要キャラクターをまとめてご紹介します!

「ダイヤのA」とは

出典:http://gyao.yahoo.co.jp

中学で弱小野球部に所属していた 主人公・沢村栄純は、中学最後の試合で大暴投をし、一回戦敗退してしまった。しかし、その試合がきっかけで栄純は東京の名門青道高校からスカウトされることとなる。気乗りしないまま青道高校へ見学に訪れた彼は、天才捕手・御幸一也に出会い、考えを大きく変える。栄純は青道へと進学し、チームのエースとなるべく奮闘する。

出典:http://dic.pixiv.net

青道高校

沢村栄純(さわむらえいじゅん)

出典:https://www.tumblr.com

本作の主人公で投手。変則的なフォームから繰り出す「クセ球」が武器のサウスポー。エースを目指し絶賛奮闘中。

闘志を前面に押し出す投球スタイルで、多少のピンチにも動じず向かっていくメンタルの強さがある。バッティングはダメダメだがバントは天才的。

降谷暁(ふるやさとる)

出典:http://mangabuzzca.com

右投げ右打ちの投手。栄純と同い年で秋大会からエースナンバーを背負う。最速150を超えるストレートが武器の本格右腕。

天然ボケな性格だが、練習やマウンドに対する気持ちは人一倍。バッティングも良くて、マウンドを降りた後はレフトの守備につくことがある。

小湊春市(こみなとはるいち)

出典:https://twitter.com

右投げ右打ちの二塁手。 一年の夏大会から栄純、降谷と共に1軍入りしており、秋からはレギュラーになった。

バッティングのセンスがすさまじく、木製バットを使用していながらミートがうまい巧打者。少し恥ずかしがりやな面も…。

御幸一也(みゆきかずや)

出典:http://matome.naver.jp

右投げ右打ちで正捕手。1年の時からレギュラーで、2年秋にはキャプテンになり4番を打つチームの中心。

勝負強いバッティングでチームを引っ張るイケメン捕手。「性格が悪い」と言われることもあるが、チームを思う気持ちは一番。ストレートに物を言ってしまうのでトラブルになってしまうことも。

倉持洋一(くらもちよういち)

出典:http://matome.naver.jp

右投げ両打ちの遊撃手。俊足で1番を打つチームのリードオフマン。走塁と守備は良いが出塁率はあまり高くない。

「ヒャハハ」という笑い声が特徴で、お喋りだが頼れる先輩な一面も。部活以外では御幸とつるんでいることが多い。

川上憲史(かわかみふみのり)

出典:http://matome.naver.jp

右投げ右打ちの投手。サイドスローから繰り出すコントロール抜群のスライダーが武器。基本的にリリーフとして登板することが多い。

控えめな性格だが後輩である栄純や降矢の活躍を目の当たりにし、コントロール不安であったシンカーを解禁するなどピッチングの幅を広げている。

前園健太(まえぞのけんた)

出典:http://images.lesson.im

右投げ右打ちの一塁手。2年秋からレギュラーを勝ち取とりクリーンナップの一角を担う。大振りだがインコースには滅法強くパンチ力のある打撃が持ち味。

関西弁が特徴で、ガラが悪く映るが面倒見の良い兄貴肌な一面も。副主将に抜擢され御幸と衝突することも…

白州健二郎(しらすけんじろう)

出典:http://ameblo.jp

右投げ左打ちの右翼手。2年の春大会からレギュラーに抜擢され目立たないながらも仕事はきっちりこなす。

堅実的なプレーが売りで、栄純からは「ミスター堅実」と呼ばれている。

片岡鉄心(かたおかてっしん)

出典:https://twitter.com

監督。高校時代は投手をしていて青道への恩返しのためにプロ入りを蹴って指導者としての道を選んだ。

その強面な風貌からか栄純からは「ボス」「グラサン」などと呼ばれることがある。選手と話をする際に土いじりをするという意外なくせも。

稲城実業

成宮鳴(なるみやめい)

出典:http://matome.naver.jp

左投げ左打ちの投手。関東ナンバーワンと言われるほどの投手で稲実のエース。150近い速球豊富な変化球を組み合わせ緩急自在な投球が持ち味。

打撃も良いが、少し自信家で我儘な一面もあり周りを振り回すタイプ。ウイニングショットは「チェンジアップ」。

多田野樹(ただのいつき)

出典:https://twitter.com

右投げ右打ちの捕手。秋大会からは正捕手になるが成宮との信頼関係を築くことが出来ずに自分のリードを押し通せず敗退してしまう。

成宮との信頼関係構築が課題か…

薬師高校

轟雷市(とどろきらいち)

出典:http://matome.naver.jp

右投げ左打ちの三塁手。徹底的なイメージトレーニングにより超高校級のバッティングを身につけた。秋大会からは投手としても登板し、威力あるストレートが武器。

「カハハ」という笑い声が特徴だが、自生活ではあまりコミュニケーションを取るのが得意ではないようで試合を見に来たクラスメイトに驚かれている。

真田俊平(さなだしゅんぺい)

出典:http://matomame.jp

右投げ右打ちの投手。薬師のエースでインコース主体の強気なピッチングスタイルが持ち味。打者に食い込むようなカットボール、シュートを武器に凡打の山を築く。

普段は好青年という印象だが、マウンドにあがると闘志剥き出しになり表情が一変する。「激アツ」が口癖。足に負担がかかるフォームのため長いイニングを投げることが出来ない。

三島優太(みしまゆうた)

出典:https://twitter.com

右投げ右打ちの一塁手兼投手。クリーンナップを打つほどバッティングが良く長打力に定評がある。

長い回を投げられない真田に変わり先発し、力のあるストレートとフォークボールが武器で「エースで4番」を目指している。「倒す男リスト」を作るなど向上心が高い。

秋葉一真(あきばかずま)

出典:http://diaace.com

右投げ左打ちで左翼手。秋大会よりメイン捕手になり全てのポジションを守れるオールラウンダープレイヤー。バッティングも良い。

捕手に転向したばかりながら投手陣を引っ張る巧みなリードで打者を翻弄する。

Twitterの反応

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

最後に


激アツな対決ですのでどうぞご覧ください!今回はあえて引退した3年生達は外して新チームの中心選手たち(+ボス)をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

個人的に野球を題材にした作品は大好きなので、ダイヤのAの益々の発展を願っています。