おっとり美人さん!潘めぐみが担当したキャラまとめ

少年からかわいい女の子まで、幅広く演じられている潘めぐみさんの担当したキャラクターについてまとめました!

潘めぐみさんについて

出典:http://matome.naver.jp


・生年月日:1989年6月3日
・出身地:東京都
・所属事務所:アトミックモンキー

デビューは2008年に女優としてでした。声優デビューは2011年で、テレビアニメ『HUNTER×HUNTER』の主役にスタッフの満場一致で選ばれました。この作品の大ファンだったようで、未だに現実味がないそうです^^

母親は同じく声優の『潘恵子』さん。『HUNTER×HUNTER』を始め、いくつかの作品で親子共演を果たしています。

愛称は『グミたん』。ラジオのメール紹介で、ファンの方がそう呼んでいたことからだんだんと定着していったそう。

『HUNTER×HUNTER』で共演した、『キルア=ゾルディック』役の『伊瀬茉莉也』さんとは私生活でもとても仲良し。

担当されたキャラクター

2011年・テレビアニメ「HUNTER×HUNTER」-ゴン=フリークス役

出典:https://www.youtube.com


好奇心の塊とも言えるほど思い立ったらすぐ行動するタイプで、単純で素直。仲間のためなら自分がどうなっても構わないという思いが伝わってくるが、その思いが高すぎるのか、憎しみが残酷さを生み出してしまったこともある。

天真爛漫で明るく、本人に自覚はないが人の心を動かす力を持っている。また、小さい頃から『くじら島』に来た観光客の相手をしていたため、大人の女性に対する扱いは慣れており、キルアを驚かせた。

放出系寄りの強化系能力者で、『ジャジャン拳』という『グー(強化)・チー(変化)・パー(放出)』の技を使う。じゃんけんに見立てた技を、状況に応じて使い分ける。しかし、変化系のチーは苦手。

元々は『ジャジャン拳』ではなく、『ジャン拳』だったが、ナックルに伝える際『じゃ・・・ジャン拳!』とつっかえて言ってしまったのをナックルに『結構いい名前じゃねえか!』と褒められたため『それでいいや・・・』となった。

ネフェルピトーとの戦闘の際、『もうこれで終わってもいい』という決意と覚悟で、ネフェルピトーを倒せる年齢まで、自分の命を削ってまで急成長した現象は、読者に大きなインパクトを与えた。(いわゆる『ゴンさん』)

2013年・テレビアニメ「ジュエルペット ハッピネス」-月影ちあり役

出典:http://f.hatena.ne.jp

人間側の主人公。ジュエル学園中等部3年生。前向きでいつも笑顔だが運が悪く、毎日『今日の運勢』をチェックする。

ちあり』という名前の由来は、チアリーダーの様に、元気で頑張れて、誰かを応援する子になってほしいという願いから。

作品内で、『メグミーナ』と35話以降から登場する『小さな月』の声優も担当しています。

2013年・テレビアニメ「ちはやふる2」-花野菫役

出典:http://jump.2ch.net

主人公『綾瀬千早』の1つしたの後輩で、かるた部部員。入部のきっかけは、いい男を探している時『真島太一』を見つけたから。

入部目的が太一だったため、最初はかるたに興味はなかったが、周りの熱意に心動かされ真面目に取り組むようになる。

千早に初めて会ったとき、『韮』(にら)と呼び間違えられた。

2013年・ゲーム「逆転裁判5」-希月心音役

出典:http://www.excite.co.jp

逆転裁判5』で主人公『成歩堂龍一』の新たな助手兼新米弁護士。弁護士だがまだ18歳。日本では弁護士資格を取れないため、アメリカへ留学し飛び級で弁護士となった。法律以外にも心理学を専門としている。

弁護士を目指した理由は『幼少の頃に救えなかった人を助けたい』という思いから。このことがあるからか、喜怒哀楽激しい性格だが、過去を思い出すと恐怖のあまり声が出なくなってしまうこともある。

2013年・ゲーム「The Last of Us」-エリー役

出典:http://buildforce.jp


崩壊後の世界で生まれた少女。処刑場を見たり、家族の愛を知らずに育ってきたため笑うことはほぼない。気が強く、男勝りで少々口が悪い。

14年間隔離地域で過ごしてきたため外の世界を知らなかったが、ジョエルなどとの出会いにより外の世界を知る。

※動画には暴力シーンや、グロテスクなシーンが含まれていますので、ご覧の際はご注意ください。

2014年・テレビアニメ「ハピネスチャージプリキュア!」-白雪ひめ/キュアプリンセス役

出典:http://prcm.jp


青色のロングヘアが特徴で、白色と水色のレースの服を着ている。ブルースカイ王国の出身の14歳、王女であり王位継承者。自分勝手、わがまま、人見知り、泣き虫など、『王女』だなぁと感じさせられる性格。

本名は『ヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイ』ですが、長すぎるため好きな絵本である『白雪姫』から名前を考えた。

プリキュアになった理由は、祖国を救うため。ぴかりが丘にある日本国大使館に住んでいる。

2015年・テレビアニメ「俺物語!!」-大和凛子役

出典:http://www.animate.tv

本作品のヒロイン。小泉学園高等学校1年生。電車で痴漢にあっている時に、主人公『剛田猛男』に助けられ好きになる。

両想いにはなったものの、猛男のいいところを知っているため『モテたらどうしよう』という心配をしている。

天然でおっとりしているが、猛男には積極的にアプローチしている姿がかわいい。

2016年・アニメ「ブブキ・ブランキ」-万流礼央子役

出典:https://mangagatari.com

炎帝の心臓。10年前の大災害以来、情報操作や恐怖政治などの強権的な手段で日本の実権を握っており、首相を初めとした多くの日本人から密かに反感を買われている様子。

実年齢は40歳だが、24年前から外見が16歳で止まっている。

彼女の操るブランキ、炎帝は頭部と胴体のみの不完全な状態ながら東たちが操る王舞を圧倒するほどの力を持つ。

出典:https://ja.wikipedia.org

Twitterの反応

出典:http://pbs.twimg.com

最後に

出典:http://matome.naver.jp

いかがでしたか?

まだデビューして間もない方ですが、かなり多くの作品に出演されていますね!

幅広く演じられていて、クレジットを見て驚く方も多いようです^^