【声優界のベストファーザー】藤原啓治が担当したキャラまとめ

ダンディな声質で渋い役柄を多くこなすベテラン声優、藤原啓治さん。彼がこれまで担当したキャラクターをまとめてみました。

藤原啓治とは

出典:http://news.walkerplus.com

生年月日:10月5日

出身地:東京

血液型:A型

趣味:スキューバダイビング

身長・体重:175cm 68kg

芸暦:文学座付属演劇研究所

   賢プロダクション

   AIR AGENCY

出典:http://www.air-agency.co.jp

1990年代より声優として活動をはじめる。デビュー作については、本人も「忘れた‥」とのこと。主に青年〜老人役を担当し、役柄としてはクールな二枚目から熱血漢、悪役など実に様々。

中でも多いのが父親役で、自身が代表取締役を務めるAIR AGENCYのブログでもスタッフに「ベストファーザー賞間近か」と称賛されていた。ちなみに本人は独身貴族で子供もいない。

最近ではアニメに限らず、吹き替え、ナレーション、音響監督などの仕事もこなしている。

藤原啓治が担当したキャラまとめ

野原ひろし(クレヨンしんちゃん)

出典:http://matome.naver.jp

言わずと知れた国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」の主人公、野原しんのすけの父。
普段はみさえの尻に敷かれ、休日もダラダラと過ごすしがないサラリーマンだが、いざというときは全力で家族を守る、野原家の大黒柱。

藤原啓治といえば野原ひろし、野原ひろしといえば藤原啓治。もはや藤原啓治の通称が「ひろし」になりつつあるほど、野原ひろしとは切っても切れない縁がある。本人曰く、「アフレコ時はやたら、『行ってきまーす』と『ただいまー』を言ってた気がします。」とのこと。

マース・ヒューズ(鋼の錬金術師)

出典:https://twitter.com

月刊少年ガンガン最大のヒット作「鋼の錬金術師」の登場人物。アメストリス国軍中佐で軍法会議所勤務。メガネとあご髭がトレードマークのダンディなおじさん。非常に頭の回転が良く、ナイフの達人でもある。

彼もまた家族を持つ身であり、極度の愛妻家で親バカ。特に娘にはデレデレで、誕生日パーティには一人では持ちきれないほどのプレゼントを買って帰っていた。前述の野原ひろしとはまた少し違った父親キャラをみせている。

服部全蔵(銀魂)

出典:http://www.animeranking.net

週刊少年ジャンプで連載中の作品「銀魂」の登場人物。摩利支天(まりしてん)の異名を持つ、元お庭番衆最強の忍者。時代が変わった昨今は、日雇いの仕事で生計を立てている。痔持ちでブス専

普段は顔の表情が隠れている分クールで寡黙な印象を受けるが、肛門を攻撃されたときとジャンプの奪い合いに関しては大声を出して熱くなる傾向にある。記憶に新しい「将軍暗殺篇」では、将軍・徳川茂茂との過去も明かされ大活躍であった。

ハンネス(進撃の巨人)

出典:http://matome.naver.jp

大ヒット作「進撃の巨人」の登場人物。駐屯兵団所属。超大型巨人の出現時、エレンとミカサを助けた。しかし同時にエレンの母を見捨ててしまったことをひどく悔やんでいる。兵士となったエレンやミカサに負い目を感じながらも、親のように見守り支えている。

自分のせいで親を失ったと思っているからか、エレンたちを見守る姿勢はまるで父親そのもの。藤原啓治だからか、より本物の父親のように感じられる。

松永久秀(戦国BASARA)

出典:http://helmwige.blog134.fc2.com

人気ゲームソフト「戦国BASARA」シリーズに登場するキャラクター。史実でも悪党のイメージが強い松永久秀だが、このシリーズでは悪の部分がより際立って「己の欲望のみに従って生きる極悪人」として描かれている。そのため理想や信念に生きる者たちを「偽善者」として軽蔑している。

悪人ではあるが、言葉遣いや振る舞いは非常に紳士的で趣深い。常に冷静沈着で口元には薄ら笑いを浮かべている。独特なカリスマ性を持ち、兵たちからの信頼も意外と厚い。戦国BASARAシリーズ内では主に敵キャラ、ラスボスとして登場することが多い。

木村達也(はじめの一歩)

出典:http://ippo-100.com

人気ボクシング漫画「はじめの一歩」の登場人物。主人公、幕之内一歩の先輩にあたり、階級はジュニアライト級。ハイレベルにそつなくまとまったボクサーで、短所もないが長所もなく伸び悩む。所属する鴨川ジムの中では頭脳派のボクサーで、端正な顔立ちから女性ファンも多い。

主人公で後輩の一歩とは違い、なかなか成績が伸びず悩む描写は物語中でよく登場する。今となってはなかなか珍しい、藤原啓治が演じた二枚目青年キャラの代表。

村長(荒川アンダー ザ ブリッジ)

出典:http://s.webry.info

実写化もされた中村光の漫画「荒川アンダー ザ ブリッジ」の登場人物。荒川河川敷に住むホームレスたちを仕切る河童。河川敷に住むには、彼から名前をつけてもらわなければならないという掟がある。かなり楽天的で堕落した生活を送っているが、河川敷の住人たちからの信頼は厚い。

父親とは少し違うものの、個性の強すぎる荒川河川敷の住人たちをまとめる良き父親的存在。原作においては「大塚明夫ボイス」と言われていたが、結果的に藤原啓治が声を担当している。どちらにしてもダンディなおじさまということに変わりはない。

鹿田ヨウ(だがしかし)

出典:https://mangagatari.com

現在アニメ放送中「だがしかし」に登場する主人公、鹿田ココノツの父。「シカダ駄菓子」の8代目で、息子ココノツに9代目を継いでもらいたいと思っている。店番をココノツに任せて遊びに行ったり、店の駄菓子を並べる前に自分で食べてしまうなどフリーダムな性格だが、駄菓子界では知る人ぞ知るすごい人物らしい。

額に傷のようなものがあり、ぱっと見は少々強面だが、基本的にはおちゃめでノリのいいおっさん。なかなかのハマり役。

いかがでしたか?

出典:https://twitter.com

二枚目青年からニヒルな悪役まで、実にさまざまな役を演じられている藤原さん。でもやっぱり、ヒゲ面でちょっと情けないお父さん役は板についていますね。これからもご活躍いただいて、ぜひベストファーザー賞を受賞していただきたいです!笑