アフロだったこともあったな・・広橋涼が担当したアニメキャラまとめ

女性声優・広橋涼さんが演じたアニメキャラクターについてまとました!

広橋涼さんについて。

出典:https://twitter.com

・生年月日:1977年8月5日
・出身地:新潟県
・所属事務所:青二プロダクション

声優を目指したのは大学生のとき。実家の事情により仏教系の大学に通っていたが、親に『好きなことをしていい』と言われたため模索していた。

ある日、中学生のときに聞いていたラジオのパーソナリティーが声優だったということを思い出し、志すようになる。

突拍子もない言動が多く、ボケ役が多いが、小学生の頃は神経質だったそう。しかし、鉄棒や登り棒から落ちて頭を打ってからフワフワした感じの子になり神経質もなくなったという。

大原さやか』さん、『水橋かおり』さん、『野川さくら』さんなどプライベートでも仲がいいそうです。

出演作品

2002年「灰羽連盟」-ラッカ役

出典:http://anime.geocities.jp


本作品の主人公。常に寝癖が直らないのは、ラッカの光輪が静電気を帯びやすいため。名前の由来は、生まれてくるとき『空から落ちてくる夢』を見たため『落下(ラッカ)』と名付けられた。

灰羽』とは飛べない羽を持つ者達のこと。セピア調で抑えた色彩や、透き通るような音楽など独特な世界観のあるアニメ。

放送当時は放送局の環境が良くなく、2話連続で放送されることもあり、一部の人達しか知らない作品でした。

2003年「宇宙のステルヴィア」-風祭りんな役

出典:https://twitter.com

競技会で目を疑うような才能を見せた、主人公『片瀬志麻』をライバルと見なし、地球から最も遠い『ウルティマ』から飛び級してやってきた。

天真爛漫だが、そのことで周りを振り回して後から後悔するなど、『人間関係』というものを一生懸命学んでいる。

登場人物の名前はほとんどが『小田急線・箱根登山鉄道線』の駅名から由来しており、風祭りんなは『風祭駅(箱根登山鉄道)』から。

2004年「ケロロ軍曹」-東谷小雪役

出典:http://polkadot.exblog.jp

パートナーは『ドロロ』。髪と瞳の色は青緑色で、大きなリボンで髪を一本結びにしているのが特徴。吉祥学園中等部2年生だが、元は忍野村という村に住んでいたくノ一

明るく好奇心旺盛で、友達をとても大事にしている。長い間くノ一として、世間から離れて育ったため、好きなものや考え方が周りとだいぶ逸している。

オオサンショウウオの丸干し』をおやつとして持ち込んでいたり、おむすびを作れば必ず大砲のようなおむすびになる。しかも、鉄も破壊するほどの力を持つ。※でも食べられるよ!

2005年「ARIA The ANIMATION」-アリス・キャロル役

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

オレンジぷらねっとに勤めるウンディーネ(水先案内人)。薄緑色のロングヘアーが特徴。寮ではアテナと同室で、ドジなアテナの補佐役をすることが多い。

技術はあるものの、無口で無愛想、人見知りで声が小さいなど接客に関しては欠点ばかりだったが、練習を重ね改善されていった。その結果、飛び級で『プリマ』に昇格。

ウンディーネの職階は下から、ペア(見習い)→シングル(半人前)→プリマ(一人前)

2007年「BACCANO!-バッカーノ!-」-シャーネ・ラフォレット役

出典:http://mundoanimecritico.blogspot.jp

ヒューイとルネの娘で、同じく黒髪に金色の瞳をした美女。クレアの恋人。

父から授かった知識を守る為に声を消した。ナイフを用いた戦闘力は高い。大人しいようで父を裏切った者には容赦がなく、わずかでも父への忠誠を揺るがす自分の心理状況すら許せない。

出典:https://ja.wikipedia.org

2009年「かなめも」-北岡ゆめ役

出典:http://matome.naver.jp

風新新聞専売所で働く、パティシエを目指す専門学生。癖毛をサイドで結んだ黄色い髪が特徴。実家はお金持ちだが、何らかの理由で家出し専売所で住み込みで働いている。

元気で明るく、ムードメーカ的存在。ユーキ(南ゆうき:CV遠藤綾)とは恋人同士。作者の石見翔子さんによればガチカプだそう。

2010年「いちばんうしろの大魔王」-リリィ白石役

出典:http://matome.naver.jp

ヒロインの1人。ボーイッシュなボクっ子で生徒会長を務めている。常に魔女帽子をかぶって力を制御しているが、怒ったりすると我を忘れ帽子を裏返しにかぶり、力を開放してしまう。

お色気シーンでは、『見ないで~!』などと書かれたチビキャラの顔が部分的に隠すなど、独特な自主規制をしている。

2010年「WORKING!!」-山田葵役

出典:http://f.hatena.ne.jp


『ワグナリア』のフロア担当。音尾が奥さんを探している途中で見つけた(拾って来た?)。名字は偽名、16歳というのも嘘で実際は家出中。ワグナリアの屋根裏に勝手に住んでいる。

小さいが、小鳥遊宗太の『小さくてかわいい』対象ではないことが不満。

ミステリアスな雰囲気だが、嘘や演技は苦手でかなりのトラブルメーカー。『割りまくりクイーン』と自分で言うほど皿を割っている。

2011年に『WORKING’!!』、2015年に『WORKING!!!』が放送された。

2014年「繰繰れ!コックリさん」-市松こひな役

出典:http://dancedance-life.net

本作品の主人公兼メインヒロインである小学生。一人称は「市松」。黒髪のおかっぱ頭。瞳の色は緑。紺色のワンピースの制服や、狐をモチーフにしたマントを着ていることが多い。常に敬語で話し、「〜シマセウ」などといった古風な言葉遣いをする。

基本的には無表情であるが、時折見せる笑顔はとても可愛らしく、それを見たコックリさんが赤面している。ただし、意識して笑おうとすると顔のパーツが奇妙に歪んだ恐ろしい表情になってしまう(作り笑顔を見た妖怪が同類と認識するレベルで、ときには両目が顔から外れて落ちてしまうこともある)ため、滅多に見ることはできない。

好物はカップ麺で、カップ麺のホームページを立ち上げるほど。ちなみにアニメ版では、原作者の思いつきによるアドリブで「カプメン」と発音している。

出典:https://ja.wikipedia.org

Twitterの反応

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

最後に

出典:http://eq1332.blog.so-net.ne.jp

10年ほど前に、ラジオの公開収録に突然アフロヘアーで来たそうです。もちろん周りの方は驚きましたが、しばらくはアフロヘアーを維持していたそうです^^

女性声優では数少ない競馬のファンで、パチンコやパチスロもやるようになったそうです。やってる姿がかわいい見た目からは想像できないです。笑

不思議キャラを多く演じているような気がします。今後も楽しみです♪