気だるげから青春少年も素敵!阿部敦が担当したアニメキャラまとめ

阿部敦さんがこれまでに担当されてきたアニメキャラを一部ですが、まとめてみました!!

阿部敦さんとは??

愛称:あべし

性別:男性

出身:栃木県足利市

生年月日:1981年3月25日

血液型:O型

身長:161cm

職業:声優、歌手

事務所:賢プロダクション

【声優活動】

活動期間:2006年~

ジャンル:アニメ、吹き替え、ラジオ

【デビュー作】

アレックス(『コヨーテ ラグタイムショー』)

【俳優活動】

ジャンル:舞台

【音楽活動】

活動期間:2009年~

ジャンル:J-POP

職種:歌手

共同作業者:G.Addict

出典:https://ja.wikipedia.org

元々お芝居やアニメが好きで演劇部に入っていたりしていたとのことなのですが、大学卒業したのち養成所通って、スクールデュオに合格→賢プロダクションに所属という、10代からデビューしている方が多い中、しっかりと地に足をつけながら声優になった方ですね。

第4回声優アワード新人男優賞を受賞して、実力派声優になりましたね。


そして、なんと阿部さんが好きな女性のタイプは「小柄な人で、どちらかといえば胸の大きい方が良い」とのこと!思い当たる方が居たらアタックしてみますか(笑)

そして、すぐに眠れるタイプで過去には、3日間徹夜した疲れから寝込んで、目が覚めたときにカレンダーを確認したら、30時間眠り続けたことがあるという。本を読んで必要なければ雨戸も1週間あけないと話していた事もありますね。

担当されてきたアニメキャラまとめ

さて、阿部さんのことを少し紹介したところで、これまで数々のアニメキャラクターを演じてこられた阿部さんの担当キャラをまとめてみたので、ごらんください!

『しゅごキャラ!』相馬空海

阿部さんの初の主要キャラを演じた作品ですね。空海は、明朗快活でガーディアン達にとって頼れる兄貴分なのですが、実は5人兄弟の末っ子というびっくりな男の子です。 Jチェアでサッカー部の主将を兼任し、運動神経に優れ体力もある、いかにもモテルのがわかる子ですよね。 学園内にファンクラブもあるほどの子です。

空海は、保護者ポジションですが、芯がしっかりしている男の子だと思っていたので、それを阿部さんが演じられているのを知って合う!!って思いました。

『亡念のザムド』竹原アキユキ

主演作がこの作品でした。明朗快活のお調子者でお人よしで手先が器用な男子高校生を演じていました。ただの男子高校生ではなくて、白い異形の巨人「ザムド」へ姿を変えて色々自分の置かれる立場が変わって行くことと自分の心情をすごく揺り動かされたキャラでしたね。

幼馴染のハルと相思相愛といういわゆるリア充だったわけですが、すごく自分を考えさせられましたね。

『とある魔術の禁書目録』上条当麻

ツンツン黒髪の平凡な男の子なんですが、主人公を演じていました(笑)基本的に気だるげな感じで、面倒事には関わりたくないと全身全霊で逃げるけど、超がつくほどの正義感が強い&お人よしな性格なんですよね。困っている人を観れば自身の危険一切関係なく助けに行っちゃうので、行動が真逆になっちゃって巻き込まれていく、完全なる不幸体質ですね。

不幸だ

が口癖になるぐらいなので、自他共に認めるほど、非常に運が悪い。そして不運な事態に見舞われたりするのは日常茶飯事。くじもはずれだらけ。そんな彼だから助けられた人が居るいうキャラを阿部さんが生命を吹き込まれていく事でとあるの世界がひろがっていったんですよね。

『バクマン。』真城最高

阿部さんってなんだかんだで主人公演じられる機会おおいなあと思った作品ですね(笑)あだ名が、最高でサイコーって呼ばれていて、≪亜城木 夢叶≫の一人で、なんと、「豆と真と高える」でマンガ家になった子です。アホ毛の男の子で、結構屈折した思考していたんですけど、マンガ家の夢を追うようになってからは、負けず嫌いで実直な性格になりましたよね。

そして、なにより恋愛に一途でロマンチストなところも男子って感じでいいですね。想い人のアズキとの夢をかなえるために頑張る姿は、胸をひきつけられますね。もう、2人の関係が少しずつ少しずつ進んでいくのがモヤモヤもするけど青春していました。

『カードファイト!! ヴァンガード』雀ヶ森レン

赤髪の男の人ですね。飄々としてファイトになると雰囲気が変わるのをよく観ていました。レン様って女の子達にキャーキャー言われていましたよ。「弱き者に希望を与え、踏みにじる」といったサディスティックな本性を顕すようになりましたけど、まあそれもレンレンだからですかね(笑)

ずっと出る主要キャラってわけではなかったのですが、出てきたら存在感バッチリで、人をひきつけるとはこういうキャラなんだなっておもわされました。

『ハイキュー!! セカンドシーズン』中島猛

最近で演じたキャラもまとめておきますね。なんといっても、ハイキュー!!の和久南の小さな巨人に近いエースですね。あの家族の応援が印象的な高校です!猛の過去の回想シーンは、ほのぼのしているんですけど笑いがとまりませんでした。自由奔放な家族の中で育った苦労人で、自分の所属するバレー部も「動物園」といってまとめあげていますから、凄いですよ。

自由人ジュラシック・パーク

これが、一番です(笑)阿部さんの猛最高でした!!また、たたかってほしいなあ。

タイトルからこちらをチョイス(笑)

最後に

阿部さんのことをまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。阿部さんの担当されてきたキャラをまとめてみて改めて主人公を演じられる機会が多い役者さんだなって思いました。ハイキュー!!の中島猛君もですが、主要キャラでなくともその存在感はピカイチです。4年制大学を卒業してから、アルバイトをしながら養成所に通うという道を選んだ阿部さんですが、そんなこと関係ないんですよね。

遅咲きも早咲きも関係ない。実力派声優のおひとりになられた、この努力の賜物がしっかりと根付いている限り阿部さんはこれからもご活躍されるに違いありません。いろんな役を演じていってほしいです。