やさぐれ歌姫!牧野由依が声優として担当したキャラまとめ

歌手・声優として活躍されている牧野由依さんがこれまでえんじてこられたキャラクターをまとめてみました!

牧野由依さんとは??

<プロフィール>

愛称:ゆっち

性別:女性

出身:三重県

生年月日:1986年1月19日

血液型:O型

身長:155cm

職業:声優、女優、歌手

【事務所】

アミューズ

【公式サイト】

牧野由依-Yui Makino:Official Web Site

【声優活動】

活動期間:2005年~

【デビュー作】

サクラ(『ツバサ・クロニクル』)

【女優活動】

活動期間:1989年~

【ジャンル】

テレビドラマ、映画、舞台

【音楽活動】

活動期間:2005年~

ジャンル:J-POP、アニメソング

職種:歌手、作詞家、作曲家、、ピアニスト

担当楽器:ピアノ

【レーベル】

Victor(2005年 – 2006年)

FlyingDog(2007年 – 2008年)

Epic Records(2010年 – 2011年)

インペリアルレコード(2014年~)

出典:https://ja.wikipedia.org

子役そして、ピアノ、そして本格的な活動について

牧野さんは、まとめてて知ったのですが、子役出身だったんですね。なんと、3歳の頃から活動されていたとのこと!私が知っていたのは4歳からピアノを習っていて、斉藤恒芳さん、加藤麗子さん、歳森今日子さんに師事していたとのことでした。

そして、8歳の時に牧野さんのお父様がバックバンドとしてステージをサポートした麗美さんの紹介で岩井俊二監督に出会って、『Love Letter』に劇伴のピアノ演奏で参加し、その後も『リリイ・シュシュのすべて』、『花とアリス』の劇伴でもピアノ演奏をしたとのこと。私、岩井監督の作品好きで何度も観ていたので、これを知った時に驚きとそのピアノの演奏に心打たれてしまいました。

東京音楽大学付属高等学校→東京音楽大学器楽専攻ピアノ科卒業されるというぐらいすごい方なんですよ!そして、なんといっても牧野由依さんの名をアニメ業界に知らしめたのは、2005年春。菅野よう子さんの目にとまり、『オムナ マグニ』(『創聖のアクエリオン』エンディングテーマ)を歌唱されたことですね。

ただ、本格的に歌手デビューをしたのは、2005年8月に出した『アムリタ』ですね。これは、牧野さんが声優デビューしたツバサ・クロニクルの劇場版のエンディング主題歌です。

声優として担当したキャラまとめ

ピアニストとしても歌手としても活躍されている牧野由依さんですが、声優としてもご活躍されています。そんな今まで担当されてきたキャラクターを僭越ながらまとめさせていただきました。

『ツバサ・クロニクル』サクラ

牧野さんの声優デビュー作で且つヒロインを演じてましたね。ツバサは、今までのCLAMPさんの作品で登場したキャラクターがたくさん出てくるのも特徴でしたよね。飛王・リードの陰謀がきっかけで記憶が異世界に飛び散ったので、そのために記憶(=心)を取り戻すために旅に出るのが主なストーリーです。

このサクラの基は、『カードキャプターさくら』の木之本桜ちゃんですね。侑子さんのところに行って、払った対価が、「小狼との思い出」だったんですよね。天真爛漫な性格で、誰にでも好かれる心やさしい美少女。

玖楼国の姫様なんですけど、国民達にも気さくに話しかけ、また国民もサクラが大好きなんだって伝わって来て、「はにゃーん」とはまた違った見方ができました。

『山田くんと7人の魔女』大塚芽子

今回、牧野さんが演じられたのは、元思念(テレパシー)の魔女でしたね。眼鏡っ子で、顔の左に寄せた緑色の縦ロールヘアが特徴的で人と話すのが苦手なのですが、テレパシーを使うときは気が強くなる女の子ですね。

キスをした相手とテレパシー(思念)ができる能力」の持ち主。1度このキャラとキスした者同士の間なら、魔女なしでもテレパシーが成立するってくだりすごい面白かったです!

『宇宙をかける少女』河合ほのか

コロニー内の箱の中から目覚めた少女というステータスで、初め不思議な感じで出てきた女の子でしたね。

冷静沈着で口数が少ない子なのですが、根は激情家でした。口癖は困ったときに言う「なして?」がかわいくてかわいくて。宇宙かけの中で一番好きなキャラでそれを牧野さんが演じられているのは嬉しかったです。

『プリパラ』黒須あろま

茶色の長髪と青い瞳をしている悪魔系アイドルで、12歳の女の子を演じてますね。自らを魔界からの使者と自称し、すぐに呪いをかけたがる子でして、一人称は「我」で話しているのですが、動揺すると「私」になるちょっとぶれている子です(笑)

禍々しい表現を多用した「悪魔語」を普段話しているのですが、動揺すると普通にもどるかわいい子ですよ。みかんといるあろまちゃんが好きです!

『ガンダムビルドファイターズトライ』ホシノ・フミナ

ビルトファイターズは2作作られているのですが、その2作目のヒロインを牧野さんが演じられていました。ガンプラバトル部の女部長なのですが、どちらかといえば不思議ちゃんかほわほわ系を演じられているイメージが多い牧野さんが凛々しい女の子って・・・。

と、思いましたが、良い意味で裏切ってくれました!!主人公のミライ君が他の女の子と仲良くしていると嫉妬しちゃう乙女心も観れて個人的には大満足です(笑)

最後に

さて、牧野由依さんの今まで担当されてたほんの一部のキャラをまとめてみましたが、いかがでしたか?牧野さんは、デビューしてから1年に必ず主要キャラを演じてらっしゃるなとまとめてみて感じました。ほわほわな役から、二面性をもった役やらどんどん役幅が広がって行ってますね。

歌手としてもピアニストとしてもすごいお方で、最初のアルバム天球の音楽』から購入して聴いているファンとしては、牧野さんが活躍している姿を見守るだけで幸せです。2016年4月から3シリーズが開始するプリパラでもあろま続投らしいので、楽しみです。応援して行きましょうね♪

xxxx