あだち充が描いた漫画「みゆき」の見どころを徹底解説!

不朽の名作あの有名な曲はこの作品の主題歌!あだち充が描いた漫画「みゆき」の見どころを徹底解説してみました。

みゆきとは

『みゆき』は、あだち充による日本の漫画。少年漫画雑誌『少年ビッグコミック』(小学館)に1980年から1984年にかけて連載された。同氏の代表作の一つに数えられ、ラブコメディにスポーツを絡めた青春モノを得意とする作品群の中でも、本作品は恋愛のみにスポットを当てている。 いわゆる『妹萌え』の先駆けでもある。 第28回(昭和57年度)小学館漫画賞受賞。映画化、テレビアニメ化、テレビドラマ化もされた。

出典:https://ja.wikipedia.org

ここではスポーツを絡ませていないあだち充作品のみゆきについて紹介していきます。

登場人物

若松真人

本作の主人公で冴えない高校1年生。頭が良い訳でも顔がカッコいい訳でもスポーツが出来る訳でもない。家族とは言うと実の母と父親の再婚相手の継母も病死して、父親は再婚相手の連れ子と共に海外生活をしていて、家のことは家政婦に任せだらしない生活を送っている日々だった。

夏休みに出かけた海で出会った可愛い女の子に声をかけ、その時は気付かなかったが血の繋がってない美しく成長した妹だった。それからは2人で一緒に生活することになったが真人は妹が自分とは血縁関係が無いのを知らないと思っていた。

若松みゆき

本作のヒロイン。真人とは血縁関係のない妹なので顔も似てなく美少女で勉強もスポーツも出来てスタイルも抜群で学校やみゆきを知る人皆から好かれる人気者。久しぶりに会った真人と生活するようになって家事全般を引き受ける。

どんなにカッコいい人や好きと言い寄って来る男には関心がなく、兄の真人のことを思って居て周囲にダメ兄貴なのにブラコンとバカにされると激怒する。可愛い妹で居たいがやっぱり構って欲しく焼きもち焼き。

鹿島みゆき

本作のもう1人のヒロイン。真人の同級生で美人で優しく手先も器用でクラスのマドンナ的存在。真人のことが気になっていて一緒に海へと出かけるがそこでビキニが無くなってしまい真人が盗んだことが発覚し何度も誤解を解こうとするが失敗に終わっていた。

その後、真人を許し付き合うことになった。両想いになれたのに妹との約束を優先さられるが、一人っ子で優しい兄への憧れがあったので文句も言わずに優先順位を譲ったりしていた。若松みゆきは真人の本当の妹だと思っていた。

見どころ

近年よくある、冴えない主人公が何故か複数可愛い女の子にモテまくりや美少女の妹が存在すると言う設定は非常に多いです。しかし作品が古いので元祖ともいえる設定だったり時代背景もあり描写が妙にリアルです。

あだち作品の多くはスポーツを基準として話しが進んでいきますが、ファンの多くはそこでの恋愛描写の面白さや駆け引きを楽しんでいると思います。みゆきはそこの分部の人間身のある描写がたっぷり楽しめます。

同じ名前、同じ血液型、同じ人が好きと言う共通点があり外から見れば完全なるライバル同士になるヒロインの2人ですが、陥れたり出し抜こうとするようなことは決してしません。それどころかお互いが「あんな風になれたら」と憧れる人物像になっています。

ヒロイン達がこんなに謙虚なので、何故かモテる真人は調子に乗る部分もありますがやっぱり芯が優しく2人共大事にした結果、自分を置いて2人が仲良くなって1人になったり学校では扱いが雑だったりで良い思いをしてばっかりでもありません。

ダブルヒロインの作品ですが読む度にどっちのみゆき派になるのか変わる程どちらも魅力的なヒロインです。結果どっちも好きになってしまう若松真人の気持ちも分かります。
カッコいい!と思える部分がない主人公なので、頑張っているのに報われないと言うモヤモヤ感がありません、ダメな部分が多いので似た様な友達と道連れで報われないことが起こっても仕方ないと笑える展開が多いです。

逆にクラスの爽やかイケメンが鹿島みゆきに振り向いてもらえなかったり、爽やかスポーツマンでも若松みゆきをゲット出来なかったりするのでスカっとします。イケメンが何でも手に入ると思ったら大間違いの世界です。

真人やみゆき達が何処か寂しそうな切ない表情をしているのは、やぱり「妹だから」異性として見てはいけない、恋人にはなれない、家族を優先されるのは当然。とお互いに好きな気持ちにブレーキをかけているので素直になってはいけないと言う心理が強く働いてしまいます。

主題歌はH2Oが歌う「10%の雨予報」でアニメ版では「みゆき」you are my angelやyou are my devilと天使だけど悪魔と言うもどかしさを歌詞にしています。シングル盤は名前の部分が「everyday」に変更されています。

EDは「想い出がいっぱい」です。何故この作品の主題歌になったかが作品を見て頂いたら分かると思います。アニメ版はオリジナル回も多く終わり方が違いますが、原作のラストはこの歌詞がストーリーと共に書かれています。

https://www.youtube.com/watch?v=RUPDzMqLKx0https
://www.youtube.com/watch?v=GsAZPPWn6vw

Twitterの反応

最後に

某双子野球漫画のヒロインは性格が少しキツめでリアルタイムで見ていない世代からは憧れ像ではないようですが、そんなキツさは全くありません!とにかく可愛く思いやりがある子達なので男女世代問わず空気感を楽しめると思います。

連載時期が被っていた「タッチ」と「陽あたり良好」の主人公と顔が似すぎて作者も区別が付かない程ですが、読めば性格が違うことは分かるので確かめてみて下さい!