クリエイターから声優まで!FROGMANが担当したアニメキャラまとめ

鷹の爪団で一躍有名!アニメクリエイター兼声優?のFROGMANの担当したアニメキャラをまとめて紹介します!

鷹の爪で一躍有名FROGMAN!

日本で一番活動しているアマチュア声優!

出典:http://natalie.mu

いまやCMでひっぱりだこのCGアニメーション「秘密結社 鷹の爪」

その制作総指揮を務めているのが、アニメ制作チーム蛙男商会の

「FROGMAN」

である!

謎の人物FROGMANの真相にも迫りつつ、同氏の勤めるキャラクターをまとめてご紹介していこうと思います!

「FROGMAN」とは?

実は声優ではなくフラッシュアニメクリエイター。

出典:http://kaeruotoko.blog82.fc2.com

セクシーな声から腑抜けた声まで演じ分けるFROGMANさんですが、実はアニメ制作の「株式会社DLE」のブランドの一つである「蛙男商会」の代表を務めるフラッシュアニメクリエイターが本来の姿です。

元々実写映画などの映像作品の制作に携わっていたそうですが、練習で作ったフラッシュアニメが大人気に、一躍有名になりました。

出身は東京ですが、島根出身の女性と結婚したことで島根に移住し、フラッシュアニメクリエイターとしての第一作目は島根で制作したところ、周りは島根ナマリが強く適当な声優が見当たらなかったそうです。

そこで、布団をかぶり、ライトで台本を照らして自ら声を当てて作品を作ったところ話題になり、いまでもその名残で声優は自分でやるスタイルが続いているのだとか。

声優をなるというのもチョイ役ではなく、主人公から脇役まで、いい女キャラ以外はほぼすべてFROGMANさん自身で務めているという徹底ぶり。

ただまたこれがいい声してるんですよね!

というわけで、早速FROGMANさんがいままで務めたキャラクターをご紹介していきましょう!

秘密結社 鷹の爪

ほぼすべて

出典:https://anime.dmkt-sp.jp

蛙男商会の代表作といえば

「秘密結社 鷹の爪」

劇場アニメ化もされ、各種テレビCMはもちろん、島根県を大いにPRしたことも大きな功績であるこの作品。

筆者もエンドロールを見て最初驚いたのですが、ほぼすべてのキャラクターをFROGMANさんが勤めています。

そんなFROGMANさんの勤めた鷹の爪のキャラクター、というか鷹の爪団ほとんどのキャラクターを紹介していきましょう!

吉田くん

出典:http://matome.naver.jp

もはや秘密結社 鷹の爪に限らず登場するキャラクターなので、秘密結社 鷹の爪を知らない人でも一度は見たことあるのではないでしょうか?

本名は「吉田・ジャスティス・カツヲ」

NISAのCMから島根のPRまで幅広くこなすユーティリティーキャラクターですが、もともとは秘密結社 鷹の爪のキャラクターではなく、FROGMANさんの処女作「菅井家と家族石」のキャラクターです。

ちょっとお馬鹿で小生意気なキャラクターをFROGMANさんが見事に演じています。

ちなみに吉田くんの誕生日の7月27日はFROGMAN夫妻の結婚記念日だとか。

総統

出典:http://gigazine.net

秘密結社鷹の爪の主人公、ですがどうも吉田くんに押され気味の総統。

「誰もが幸せに生きられる世界のため」に世界征服を目指しますが、その結果家庭は崩壊しています。

やるときはやるへたれですが、これもFROGMANさんがみごとに演じています。

フィリップ

出典:http://topicks.jp

謎のラッパー風スタイルの外国人、と思いきや島根出身。

終始えらく低い声なので辛そうなキャラクターですが、FROGMANさんはこちらも見事に演じています。

菩薩峠君

出典:http://apg.blog3.fc2.com

鷹の爪団唯一まともな攻撃能力を持った超能力少年。

基本的にしゃべらないのでなかなか声が聞けませんがちょっと恐ろしい声をしています。

レオナルド博士

出典:http://matome.naver.jp

100円ショップ製品で何でも作るマッドサイエンティストのくま。

なぜか「ンワァンワァ」言っていますが、人形っぽいかわいらしい声をFROGMANさんが担当しています。

デラックスファイター

出典:http://gigazine.net

鷹の爪団を狙う正義のヒーロー。

という名目ですが、実際は退治することをちらつかせ金をむしり取るたかり屋のような存在です。

かなりいい声のデラックスファイタ―ですが、これがFROGMANさん本来の声にいちばん近いとか。

テルマエ・ロマエ

ルシウス役

出典:http://ameblo.jp

こちらも蛙男商会制作のフラッシュアニメーション「テルマエ・ロマエ」より。

こちらはさすがに地上はアニメということで大塚明夫さんをはじめとする多数の本職の声優さんを起用していますが、なぜか主人公のルシウスはちゃっかりFROGMANさんが勤めています(笑)

筆者もリアルタイムで見ていたアニメですが、違和感がなさ過ぎてなかなかFROGMANさんだと気付かないレベルでした。

FRGMANさんの声優力の高さがわかる作品です。

フェアリーテイル 鳳凰の巫女

隊長役 鳳凰役

出典:http://www.gaming-city.com

蛙男商会の作品では当たり前のように声あてをし、むしろそれがブランドの一つとして確立されているFROGMANさんですが、

ついに有名作品にまで声優として出演してしまいました。

ここまで来るともはやアニメクリエイターが声優というよりは、アニメクリエイター兼声優といったイメージです。

天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜

バカボンのパパ役など

出典:https://www.youtube.com

こちらも蛙男商会制作のパロディアニメ。

もはやもともと声優がついているキャラクターにまで声あてしてしまっています。

えらくダンディな「これでいいのだ」が聞けるのはFROGMAN版バカボンのパパだけ!!!

Twitterの反応

最後に

https://www.youtube.com/watch?v=OlQS82wSUm8
いかがでしたでしょうか?

銀魂で当初エリザベスの声優をアニメの監督がやっていたことは有名ですが、制作サイドがここまで出ているは稀ですよね。

FROGMANさんが超多才なことが少しでも伝わればと思います。

いい声なので今後もっと声優としての活動の幅も広がるかもしれませんね。

それでは!