変態役だってノリノリに演じ切る真殿光昭が担当したアニメキャラまとめ

真殿光昭は自在な声質を持ち、落ち着いた男性の声から、はっちゃけた三枚目キャラ、変態キャラも演じ切る実力派声優さんですよね。今回はそんな真殿さんの演じたアニメキャラをまとめてみました。

声優・真殿光昭さんってどんな人?

プロフィール

出典:https://www.google.co.jp

誕生日 1964年7月28日(51歳)
身長    168cm
血液型 B型
出身地 大阪府

青二プロダクション所属の男性声優さん。デビュー当初はマウスプロモーションに所属していましたが、2007年から青二プロダクションに移籍。大学生になってから、劇団に所属し、声優の専門学校にも通いながら、大学を卒業するというとてもパワフルな方ですね。

デビュー作はは1989年の『機動警察パトレイバー』で、さまざまな脇役を演じられています。デビュー当時は極貧生活だったため、事務所のシャワーを無断でしようしていたそうですね。(のちに社長にばれています)

落ち着いたイケメンからガラの悪い悪役、さらに愛嬌のある三枚目やテンションMAXな変態など、キャラに合わせて演じ分けをこなす実力派声優。さらに大阪出身ということで関西弁や広島弁に精通しています。

真殿光昭さんの今まで演じてきたアニメキャラ

コン 『BLEACH』

出典:https://www.google.co.jp

尸魂界で作られた尖兵計画(スピアヘッド)の一環として作られた、対虚用の戦闘用改造魂魄(モッド・ソウル)。普段はライオンのぬいぐるみの中に入れられていますが、黒崎一護が死神代行業を行っている間は一護の肉体に入って代わりを務めています。

この作品のマスコットキャラクターで、ムードメーカーでもありますよね。アニメのエンディングのあとのコンは本当に輝いていました。

扇要 『コードギアス 反逆のルルーシュ』

出典:https://www.google.co.jp

黒の騎士団結成後は副指令で、ゼロ(ルルーシュ)に期待と信頼を寄せていましたが、次第にゼロの行動や正体に疑問を持ち始めるように。この作品の中では美人な女性と相思相愛になり、最終的に日本の首脳になるという勝ち組。

しかし、視聴者には嫌われてしまっていますね。というのも敵方の美女を掻っ攫い、主人公を裏切り、無能と自覚しているにも拘らず国のトップに立っているからです。もっと彼の苦悩が描かれていたら視聴者の反応も違ったのでしょう。

しかし、真殿さんの優柔不断な男の演技ははまってました、ある意味、人間らしいキャラです。

パピヨン/蝶野攻爵 『武装錬金』

出典:https://www.google.co.jp

パピヨンはパピヨンで存在自体がパピ♡ヨンな、変態という名のカリスマというインパクト大なキャラクター。どうしてこうなったと思わず笑ってしまうキャラですが、ここまで吹っ切れているとかっこよく思えるのが不思議です。

主人公武藤カズキの宿敵で、錬金術による永遠の寿命を獲得した人型ホムンクルス。カズキの前に立ちはだかった最初の敵にして最大のライバルです。頭脳・戦闘力とも超一流なんですが、美的センスは明らかにおかしいですよね(笑)

ブーメラン一丁でもスリングショット水着でも毒々しい黒の全身タイツでも、人目を憚らず威風堂々と着こなすまごう事なき変態です。真殿さんの「ノン ノン パピ♡ヨン もっと愛を込めて」は楽しんで演じていることがわかりますよね。

伊東鴨太郎 『銀魂』

出典:https://www.google.co.jp

『銀魂』のシリアス長編、真撰組動乱編で登場するキャラクターです。モデルは新選組参謀・伊東甲子太郎と新選組筆頭局長・芹沢鴨で、メガネをかけた短髪の真選組参謀殿

攘夷派・鬼兵隊との繋がりがありましたが、鬼兵隊はただ真選組を壊滅させる為の捨て駒として利用していただけでした。最後は裏切り者ではなく真選組の隊士として、後悔も無く涙を流しながら「ありがとう」と言い残して息を引き取りました。この真殿さんの演技が素晴らしい。

カオル 『無人惑星サヴァイヴ』

出典:https://www.google.co.jp

ソリア学園の生徒で14歳。クールな二枚目ではあるものの、無愛想で口数の少ないキャラという真殿さんには珍しいキャラクター。その少ない会話ですら冷淡で突き放したような語り口が多いため、周りには冷たい印象を与えます。

学園でも今回のサバイバル生活の中でも単独行動を取る事が多いですが、護身術や格闘術などの戦闘術も得意で卓越した生存能力の持ち主。主人公ルナに次第に恋心を抱くようになるのですが、だんだんと声にやさしさを感じられるようになりましたよね。そこが真殿さんのすごさだなと思います。

足立透 『ペルソナ4』

出典:https://www.google.co.jp

もとはゲームの作品ですが、アニメにもなった人気作品です。本庁から八十稲羽署に転属となった元エリートの新米刑事。主人公の叔父、堂島遼太郎の部下であり、八十稲羽で起こった連続殺人事件を堂島とともに追っています。

癖っ毛ととぼけた言動が特徴のヘタレ刑事ですが、実際は事件の元凶。ゲス演技とのギャップが素晴らしいですね。真殿さんの演技の幅に驚きました。あの主人公たちに演説する足立と、反論されて「だまれ!!」と上ずる演技、小物感も足立の魅力ですよね。

クローズ 『Go!プリンセスプリキュア』

出典:https://www.google.co.jp

プリキュア達と敵対する敵キャラで、闇の魔女・ディスピアに仕える『ディスダーク三銃士』の1人。口調は非常に荒っぽく、語尾に「~だぜ」とつけるべらんめえ口調が特徴。

短気な性格で、人が抱く夢そのものを見下していて、「くだらねえ」と言い切っていります。口調やテンションは、外見よりもやや落ち着いているが、それだけに凄んだ時のプレッシャーがおっかないです。真殿さんの迫力がすごい。さすがです。

Twitterの反応

おわりに

真殿さんが演じたアニメキャラについてまとめてみました。

変幻自在でたくさんのキャラを演じ分ける真殿さん。その演技の迫力やギャップにたくさんの人が惹かれています。これからも真殿さんの演技に注目ですね。
https://youtu.be/AUudgPT6fr8真殿さんのキャラの演じ分けに驚きます