ダブルピース組の片割れ!二口堅治の作中の活躍やかっこいい画像まとめ【ハイキュー!】

主人公・日向翔陽たちのライバル校の一つ“伊達工業高校バレー部”に所属し、青みがかった緑色が印象的なユニフォームを着こなす二口の魅力をご紹介します!

二口堅治のプロフィール

出典:http://www.presepe.jp

クラス:伊達工業高校2年A組
ポジション:ウイングスパイカー(WS)
誕生日:11月10日
身長:184.2cm
体重:71.5kg
好物:すっぱいグミ
最近の悩み:親知らずを抜きに行かないといけない
CV:中澤まさとも

「二口堅治」とは

出典:http://img-cdn.jg.jugem.jp

青根とのコンビで鉄壁の一角を担う実力派プレイヤー。普段は軽い態度や口調で少々難のある性格だが、先輩を慕い、先輩のためにゲーム中は活躍していたいという思いを秘めている。

軽薄な態度とは裏腹に、試合の中では積極的にチームメイトに声掛けをして鼓舞する面も。3年生引退後は茂庭に代わって新主将となった。

出典:https://pbs.twimg.com

誕生日は11月10日(ベルリンの壁が破壊された日)で、身長は184cm。“高さ”が武器の伊達工バレー部の中では、それほど高い方ではない。

容姿

出典:https://pbs.twimg.com

チームの主力である二口は、やや明るめの茶髪が爽やかな優男。無口で硬派な青根とは対称的に、どこかチャラついた雰囲気すら感じるキャラクター。前髪を右分けにした爽やかな顔立ちをしている。

性格

出典:http://pic.prepics-cdn.com

お調子者で性格に少々難があるようで(某優男よりはマシ)、前に対戦したとき心を折ったのに今回は心を折らない東峰を見て「もっと心折れろよ~」 と言ったり、先輩達に対して「クソ生意気」だったりしている。自分が問題児であることは自覚しているらしい

出典:http://manga.nack-22.com

しかし、なんやかんやで先輩想い。インハイ後は引退するという決意を揺るがさない先輩たちとはもっと長く一緒にプレイしたかったようである。 6巻の番外編で茂庭たちの話をきいて青根とともになにかを強く決意する表情を見せている。

インハイ後

出典:http://cdn-obs.line-apps.com

三年生が引退したことで主将を継いだ。 背番号は茂庭と同じ2番。(継ぐ前は6番) インハイ予選では軽口が目立っていたが、春高予選編に入ってから他校の分析を冷静に行ってる様子が描かれたりと「主将」らしさが垣間見える。

更に伊達工対青城の際及川に「(君らには来年だってあるんだし)そんな気張んないで!」と言われた際に「関係無ぇっスよ、立場とかそういうの」と真面目な顔で言い返しており、先輩たちから受け継いだ想いをしっかりと背負っている様子がうかがえる。

先輩たちがいたころは自分が先輩たちを困らせる問題児であったが、主将となった今は自分が後輩に振り回されている様子。しみじみと過去の自分を振り返っていた。

「にろ」

出典:https://pbs.twimg.com

二口という苗字がカタカナっぽい苗字の為、読者から「にろ」と呼ばれる事が多い。この呼び方はあくまで読者からの愛称なので注意。

また、そのカタカナっぽさから愛称としてわざとそう呼ぶのではなく、素で二口を「にろ」と読み間違えてしまうケースもあり、実例としては中の人である中澤氏のマネージャーが二口を『にろ・ケンジ』という名のハーフだと勘違いしていたというエピソードがある。

ダブルピース組!二口堅治と及川徹の関係

「ダブルピース組」とは

出典:http://pbs.twimg.com

及川徹と二口堅治のコンビを差す通称。 121話まで公式での絡みはなかったが、それ以前より、以下に挙げられる共通点(微妙なものもある)から創作がいくつか点在していた。コンビの通称の由来も以下の共通点の1つからきている。

共通点

出典:https://pbs.twimg.com

・2人ともダブルピースをしている(例:及川は単行本2巻のプロフィールの立ち絵、二口は公式サイトの5巻発売記念の描き下ろし絵)
・イケメン(※及川は公式設定だが、二口は非公式である。)
・性格が悪い
・身長が小数点の差異(0.1cm)はあれど同じ184cm
・「叩くなら折れるまで」と「心折れろよ~」「ブッ叩け」の「折れる」「叩く」
・各校の主将(春高予選編で二口が主将になったため)

その他にも2人が性格的に絡めやすいという理由も存在しているようだ。

公式ダブルピース!?

出典:https://pbs.twimg.com

80話のアニメ化記念巻頭カラーの際、烏野の他にライバル校の主要キャラ達も描かれていたのだが、なんと及川と二口は2人ともダブルピースを決めていた。ここにきて公式からのダブルピース組投下に一部ファンは大喜びするに至った。

二口堅治の作中の活躍

プレイスタイル

出典:https://pbs.twimg.com

二口が所属する伊達工バレー部は、作中に登場するチームの中でも特に「ブロック」が強いチーム。どんなに攻撃力の高いスパイクも長身を生かしたブロックで防いでしまうことから、周りから“鉄壁”と恐れられている。

持ち前のバネを活かしたブロックは紛れもなく“鉄壁”の一角を担うレベルのものであり、スパイクやサーブでも点がとれるスーパープレーヤーだ。

「今回も、覚悟しといてくださいね」

出典:https://pbs.twimg.com

伊達工業の生徒に指をさされた旭は、エースだからという理由で青根にロックオンされた。そんな青根を芝庭と止めたのは、「今回も覚悟しといてくださいね」と笑顔でいう二口。

青根を止めつつ、自分でもしっかり挑発する姿に萌えた女性も多いはず。

「ブッ叩け」

出典:http://pbs.twimg.com

伊達工は、エースでブロックも上手い二口、言わずもがな鉄壁の中枢の青根、そして3枚目の黄金川の県内最強とも言える3枚壁が前衛に来ているシーンで青根をチラッと見た及川は、岩泉にトスを上げ、そのスパイクはワンタッチで伊達工コートへ。

黄金川は先程の二口の言葉を思い出す。

『つーかお前、ツーの時フェイントじゃなくていいだろ…ブッ叩け』

黄金川は言葉の通り、強打のツーを返して22-24。

とても性格悪そうなゲス顔だが、良い味を出している場面でもある。

出典:http://pbs.twimg.com

後輩に振り回される“先輩”としての二口

出典:http://xn--ecks4hyd5e.biz

自他共に認める問題児だった二口だが、単行本14巻では新生・伊達工バレー部の新キャプテンとして再登場。春高予選での対戦相手である青城バレー部キャプテン・及川 徹に対して、以前とはまた違った表情を見せている。

 

先輩たちの意思を受け継ぎ、基本的には主将という役割をしっかりこなしているようだが、3年の引退後にレギュラー入りした1年・黄金川には手を焼いている模様。まじめで融通が効かない黄金川に振り回されたり、吹き飛ばされたり(物理的に)しながら、先輩たちの有難みをひしひしと感じているようだ。

二口堅治のかっこいいイラスト・画像5選

花冠

出典:https://s-media-cache-ak0.pinimg.com

とてもよく似合っている。二口は笑っていた方が好きだ。

機嫌悪い・・・?

出典:https://pbs.twimg.com

テストの点数でも悪かったのだろうか。なんとも浮かない表情である。

ダブルピース!!

出典:https://pbs.twimg.com

パーカーが似合うイメージはなかったが、思いの外似合っている。やはりイケメンは何を着ても似合うのだろう。

海兵コス

出典:https://pbs.twimg.com

うわあ〜〜〜!!なんとも可愛らしい二口。

クールビューティー

出典:https://pbs.twimg.com

すましている顔が大変イケメンである。

まとめ

出典:https://pbs.twimg.com

他校の選手である東峰に対して「心折れろよ~」と言ってみたり、性格だけでなく口が悪い印象もあるが、実はチームメイトを思う心は人一倍強い

“先輩を振り回す側”から“後輩に振り回される側”になった二口だが、その活躍には今後も要注目だ!