【円卓組】モードレッドは絶対アーサー倒す赤セイバー【Fate】

Fate/Apocrypha、Fate/GrandOderに主に登場する、赤セイバーことモードレットについて解説させて頂きます!

モードレット(赤セイバー)って?

出典:http://stat.ameba.jp

★アーサー王伝説・円卓の騎士
154cm、42kgと小柄な体系をもつ赤い騎士。赤セイバーと言われると、ネロ・クラウディスを思い浮かべる方も多いかとは思いますが、モードレットも赤セイバーと呼ばれることがありますね。

性格は気丈で野心的。オレと自称するオレっ娘です。私服は赤いレザージャケットとチューブトップで、どうやら派手で動きやすい物が好きなようです。

★セイバーとの因縁
fateシリーズをご存知の方なら、1回はモードレットがセイバーことアルトリアに似ていると思ったことがあるはずですが、それもそのはず。この二人は親子関係と大きな因縁があります。

因縁と言っても、主にモードレットがアルトリアに対して抱いているトラウマのようなものです。モードレットはアルトリアを尊敬していますが、同時に恨んでもいるのです。

反逆の騎士ともいわれるモードレットですが、親であるアルトリアに「王の器ではない」と拒絶され愛されていなかったと感じたのが反逆の理由です。

同じく円卓の騎士団であるランスロットをも拒絶し、ブリテンにて反乱を起こしたのも彼女・モードレットです。カムランの丘にてアーサー王(アルトリア)と対峙したと、史実上記載されるのが彼女です。

アルトリアの立場を考えると不憫でもありますが、モードレットも父に愛されたい・認められたいと思っていた普通の心をもった存在だったのです。そういった意味では、王にはふさわしくなかったのかもしれませんが……。

“『Fate/Apocrypha』における「赤」陣営のセイバークラスのサーヴァント。 聖杯大戦にて、ユグドミレニア一族に対抗するために魔術協会に雇われたネクロマンサー、獅子劫界離によって円卓の欠片を触媒に召喚される。 白銀の鎧を纏った20歳にも満たない少女剣士。その風貌は、かのアーサー王と瓜二つである。 ” 引用元: http://dic.pixiv.net/a/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89(Fate)

Fate/GrandOderでのモードレット

ステータス・外見

出典:http://jin115.com

★5のスーパーレアに君臨する・人気のセイバー

Fate/

ApocryphaはFateシリーズの中ではマイナーな作品に位置しているため、ソーシャルゲームであるFate/GrandOderからモードレットの存在を知った方は多いのではないでしょうか。

全身武装しパッと見ではどの人物なのかわからない状態で登場します。唯一剣でモードレットだと見分けがつく、といったところでしょうか。声優は沢城みゆきさんです。

宝具はFate/Apocryphaでも登場した 「我が麗しき父への叛逆 (クラレント・ブラッドアーサー)」。アルトリアが対界宝具なのに対して、モードレットは対軍宝具です。この辺りも反逆を意識しているのでしょうか……?

GrandOderでも発揮される因縁・小ネタ

出典:http://stat.ameba.jp

「アルトリア顔」を集中攻撃

先日行われたFate/GrandOder×空の境界コラボイベントにて、モードレットが敵対サーヴァントとしても登場しました。 イベントとしては、空の境界・矛盾螺旋で登場した小川マンションの各フロアを攻略していくものです。

モードレットが敵として部屋を守っていたのは6階603号室。ここで驚きの小ネタが発揮されます。なんと、「アルトリア」「ネロ」といった所謂セイバー顔が味方キャラに存在すると、他キャラに目もくれず集中攻撃してくるのです。

このびっくり手の込んだAIに、プレイヤーはとても驚きました。同時に、モードレットの根源である父への執着と憎悪を感じられ、少し悲しいシステムでした。

さいごに

出典:http://e-shuushuu.net


モードレッド 絆3 Fate/Grand Orderいかがでしたでしょうか。fateシリーズにおける赤セイバー、アーサー王との因縁をもつ少女・モードレットを紹介しました。メイン登場作品をプレイすると感じますが、モードレットはs/n・zeroのセイバーより人間らしさがある気がします。

アルトリアは王の選定をやりなおすためと、王であることに非常にこだわる機械的な面があります。しかし、父を尊敬するあまり憎しみに変わってしまったモードレットは、実はとても人間らしいサーヴァントなのかもしれませんね。

モードレットの限定ボイスが聴ける動画で、しめとさせて頂きます!