驚きの役者魂!!白鳥哲が担当したアニメキャラまとめ

ご自身の特徴のある高い声で個性的なキャラを演じる事の多い白鳥哲さん。今回は白鳥さんが担当されたアニメキャラをご紹介します!!

プロフィール

白鳥哲

出典:http://www.cinematoday.jp

1972年3月21日生まれの43歳で東京都ご出身です。1993年の『十時半睡事件帖』で俳優としてデビューされ、1998年に『ブレンパワード』の伊佐未勇役で声優デビューを果たされます。

勇役で出演された際には役作りのためにプラモデルをいじって自分でロボットを動かしている感覚を掴まれたそうです。他にも変わったエピソードがあって『ブレンパワード』の収録が始まった頃はあらかじめ台詞を覚えて『台本無し』で演技をされていて共演者達に驚かれたという話もありました。

この2つのエピソードを聞いただけでも如何にその役に入り込まれていたのかがわかりますね。まだまだ驚きの話はありますが、追々ご紹介したいと思います。

担当されたアニメキャラのご紹介

サイ・アーガイル『機動戦士ガンダムSEED』

出典:https://twitter.com

キラ・ヤマの友人で避難した後、人手不足だったアークエンジェルのCICを担当することに。フレイとは婚約関係にありましたが、キラに寝取られてしまいます(復讐のためにフレイからキラを誘った)。

そのショックからキラには劣等感を感じており、ストライクガンダムに乗り込み操縦しようとしますが…案の定歩行すら出来ず可愛そうな結果になります。

演じられている白鳥さんはサイの不幸な境遇に入り込んでしまって、現場で共演者の方と会話が出来なくなってしまったそうです。

ガンダムを上手く操縦出来ずに悔し涙を流すサイの動画です。エンディング曲の影響もあり、このシーンで胸が張り裂けそうになった方も多いのではないでしょうか?私も今、見ただけでちょっと……

無常矜侍『スクライド』

出典:http://shortcoming.blog11.fc2.com

「本土側のアルター使い、無常矜侍です!!」

元は落ちぶれた旧名家出身で性格は捻くれていますが口調は丁寧(言ってる事は失礼ですが)です。本土へ移り精製を受けて、ロストグラウンドで結晶体と出会い力を得て、市街地を占拠。

そして最終バトルでカズマ&劉鳳と戦いまるで『怪物』のような姿へと変わってしまいます。白鳥さんはこの無常役を演じている内に普段からそのしゃべり方になってしまったらしく「自分の本当の声がわからなくなる」といった事もあったらしいです。

アンドレイ・スミルノフ『機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン』

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

「私は市民を守る連邦軍の軍人だ!!」

人類革新連盟のセルゲイ・スミルノフとホリーの息子でアロウズ所属のパイロット、階級は少尉です。補充で配属されてきたルイスには恋心を抱いていて、不幸なことがあったルイスを気にかけています。

父親・セルゲイとは母親の事で元から歪があって「ブレイク・ピラー」事件ではクーデターにセルゲイが関与していたと勘違いをして一方的に攻撃して殺してしまうなど、ろくな事をしませんでしたが劇場版『機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』では上記で太字にしてある言葉を放って国や市民を守り亡くなっています。

このシーンは劇場版でも非常に印象に残っている場面です。

ロイド・アスプルンド『コードギアス 反逆のルルーシュ』

出典:http://codegeass.wikia.com

枢木スザクも所属している特別派遣嚮導技術部、通称『特派』の主任で技術者でもあり、伯爵の称号も持っています。

ランスロットやフロートシステムといった最新技術を開発していて、『黒の騎士団』のラクシャータとはライバル関係にあり「プリン伯爵」なんてあだ名をつけられて呼ばれる事も。

アッシュフォード学園のミレイ・アッシュフォードは婚約者で気に入ってもいましたが、フラれています。また「お~めでとう」や「残念でしたっ!!」などといった独特な口癖も印象的です。

グラトニー『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』

出典:http://matome.naver.jp

6番目に造られた『暴食』の名前を持つホムンクルスで特徴のウロボロスの紋章は舌に刻印されています。

マイペースで子供っぽい性格で知能は余り高くなくラストやエンヴィーなど側にいるものに「食べていい?」とお伺いをたてるシーンもよくみられました。グラトニー役で白鳥さんは肥満体の体格を体験するために手足に鉛をつけ生活をしていたそうです。

またこの役にもしっかりと入り込んでいたようで食欲は増し、嗅覚や触感まで敏感になり、人を食べる擬似体験としてレバーの香りを嗅ぐなど凄まじいまでのプロ根性をみせられています。

ケイン・フュリー『鋼の錬金術師』

出典:http://rupanana.fam.cx

アメストリス国の軍人でロイ・マスタングの部下にあたり階級は曹長です。見た目通りの幼い印象がありますが、無線チャンネルの知識が豊富なことなど通信機器のスペシャリストです。

キング・ブラッドレイに南方司令部へと左遷され、『約束の日』に脱走してマスタングを助けるためブレダと共にラジオ局で情報操作をして国民を味方につけるべく大活躍をしています。

最上義光『劇場版 戦国BASARA -The Last Party-』

出典:http://blog.xuite.net

最上家の当主で自分の事を「羽州の狐」や「素敵紳士」などと言っていますが、大袈裟な動きと胡散臭いしゃべり方で『小物感』バリバリのキャラクターです。

ザンクロウ『FAIRY TAIL』

出典:http://fairytail.wikia.com

『煉獄の七眷属』のひとりで黒い紋章が左胸にあります。部下に攻撃したり、気性が荒かったりと乱暴な性格をしていて、黒い炎を操る&食べるとなんでもありの滅神魔導士です。

亀梨『銀魂』

出典:http://blog.livedoor.jp

亀の天人で竜宮城のガイドを務めていて奥さんがいますが、白骨化しています。

Twitterの反応

最後に

いかかでしたでしょうか。

どの役も個性が強烈すぎて記憶に残るキャラクターばかりでしたね。また白鳥さんの役への入り込みもストイック過ぎて逆にこっちが心配になりそうです。

これからも声優・白鳥哲さんの演技役者魂に注目です!!