【朗報】漫画『遊戯王』 新作読み切りの掲載が決定!12年ぶりに少年ジャンプに帰ってくるぞ!【神の帰還】

2016年4月23日に全国の劇場にて公開予定の『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』を記念して、原作者:高橋和希さんが新たに描き下ろした新作読み切りが、週刊少年ジャンプに2号連続で掲載されることが決定しました。12年ぶりに少年ジャンプに帰ってくる武藤遊戯たちの活躍を見逃すな!

『遊☆戯☆王』が少年ジャンプに帰還!

出典:https://akiba-souken.com

4月23日公開のアニメ映画「劇場版『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』」より、高橋和希さんが原作マンガを12年ぶりに週刊少年ジャンプに掲載することが発表された。

内容は、原作の最終話となる343話と劇場版をつなぐエピソードとのことで、4月11日発売号と4月18日発売号に前後編として連続掲載される。2013年11月2日発売号では9年ぶりに「DRUMP」の読み切りを掲載して話題となったが、「遊☆戯☆王」の掲載は、連載当時(1996年9月14日~2004年3月8日)以来となる。

なお、4月11日発売号には、「遊☆戯☆王OCG」(オフィシャルカードゲーム)の“流星方界器デューザ(KC仕様)”カードが付録として付属する。

出典:https://akiba-souken.com

週刊少年ジャンプ編集長:瓶子吉久さんのコメント

久しぶりに「遊☆戯☆王」が少年ジャンプに戻ってきます!「その後」のストーリーが読める最新作に僕もワクワクしています!そして高橋先生が製作総指揮を務めた劇場版、先生が手がけた本気の映画!全世界必見です!

出典:https://akiba-souken.com

情報まとめ

◆ 新作読み切りは、前後編の2話構成。

◆ 内容は原作最終話(343話)劇場版の中間の話。(劇場版のプロローグ的位置)

◆ 掲載日は、4月11日発売号4月18日発売号

◆ 4月11日発売号には、“流星方界器デューザ(KC仕様)” が付録。

ネットの感想

劇場版『遊☆戯☆王-THE DARK SIDE OF DIMENSIONS-』予告


『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』に続いて、これは胸熱展開過ぎる!
ワクワクしながら全巻読み倒していたのを思い出して、凄く懐かしい気持ちになりますね。
これは、記念にジャンプ回収する展開は容易に想像できますね・・・

このポストへの感想

皆さんのコメントお待ちしております!