貞本義行が担当したキャラクターデザインの仕事をまとめてみた!

新世紀エヴァンゲリオンやおおかみこどもをはじめ、今なお魅力あふれるキャラクターを生み出し続けている貞本義行先生!そんな貞本先生が今まで担当してきたキャラクターデザインの仕事をまとめてみました!貞本先生ファンの方は要チェックですよ!

貞本義行とは?

出典:http://matome.naver.jp

貞本 義行(さだもと よしゆき、1962年1月29日 – )は、日本のアニメーター、漫画家。山口県徳山市(現・周南市)出身。血液型はA型。同人誌でのペンネームにY.S・イレブンなどがある。

徳山市立住吉中学校、山口県立徳山高等学校、東京造形大学造形学部美術学科絵画領域専攻(絵画専攻前はデザイン学科産業デザイン専攻)卒業。カラー相談役。愛知県高浜市在住。妻は漫画家のたかはまこ。

出典:https://ja.wikipedia.org

ふしぎの海のナディア

出典:https://pimg.togetter.com

1990年よりNHKにて放送。リアタイで見ていた!懐かしい!というひともいらっしゃるかと思います(わたしのその一人です。年がばれますがwww)ツンデレ不思議美少女を魅力的に描いたふしぎの海のナディア。パリから始まった物語が、舞台を宇宙までへも広げるとは、当時だれが想像できたでしょうか。壮大なスケールとキャラクター達の魅力が絡み合い、とても魅力あふれる作品です。

そんな作品の魅力を支えているのが貞本先生のキャラクターデザイン!ナディアのほっそい腰は今でも忘れられません(笑)

王立宇宙軍 オネアミスの翼

出典:http://custom28hiro.blog122.fc2.com

1987年に劇場公開された、ガイナックスのSFアニメ。人類初の有人宇宙飛行を目指すために設立された王立宇宙軍のお話です。失敗続き故に怠惰な生活を送っていた宇宙軍でしたが一人の少女と士官が出会ったことにより、物語は動いていきます。リアリティな内容をはじめ、海外ではその映像美も評価されているようです。

貞本先生の魅力の一つでもある女性の登場人物は少な目ですが、個性的な男性たちの活躍にがたくさん見ることができます!そしてなにより驚きなのが、貞本先生、このとき若干25歳です!若いです!他のスタッフさんたちも20代の若手の方が多かったようですので、このアニメの出来栄えを知っている方たちは驚きなのではないでしょうか?

ちなみに続編の話も出ていたようですが、大人の事情で立ち消えたよう・・・。しかし、20年の年月が経った今、続編の企画が再起動したようです!2018年に公開予定とのことなので、首を長くして待たなければですね!続編を熱望していたファンの方々あと少しです!頑張ってください!

ロボットカーニバル「明治からくり文明奇譚〜紅毛人襲来之巻〜」

出典:http://aucview.aucfan.com

8人のクリエーターが「ロボット」をテーマに作成した7本の短編集という、ロボットファンにもアニメファンにもはたまらない魅力が詰まっているOVA企画。その作品のうち一作品を貞本先生がキャラクターデザインを担当されています。エンターテインメント性の高い作品で、ロボットカーニバルという作品集を調和する作品でもあったようです。OVAな上に古い作品ですが、貞本先生ファンの方は、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

新世紀エヴァンゲリオン

出典:http://matome.naver.jp

こちらはもう誰もがご存知の作品。貞本先生=エヴァと言っても過言ではないかもしれません。日本のみならず、世界を熱狂させ今なおファンを虜にしてやまないエヴァ。当時は社会現象ともなり、劇場版公開・公開延期になったときはニュースにもなっていましたね。どんなに振り回されても、裏切られても、ついていきます!というのは置いておいて・・・

エヴァの歴史はここから始まりました!

出典:http://36ch.com

1995年より放送開始され、2015年を舞台とした新世紀エヴァンゲリオン。少年少女が「エヴァ」と呼ばれる人造人間に乗り込み、使徒と戦うロボット青春鬱アニメです!そう、鬱アニメです・・・・。そして魅力的なキャラクター達が何よりも世間を騒がせましたね。

クラスにて綾波派とアスカ派に分かれていたのも懐かしい思い出です。ミサト派やリツコ派、マヤ派はあまり見かけませんでしたが(笑)クラスのちょい悪風のイケメンさえも、綾波の下敷きを使っていたという程、その魅力あふれるキャラクターたちは私たちを楽しませてくれました。

出典:http://auctions.c.yimg.jp

そして、そのキャラクターデザインを担当したのが貞本先生!思春期の少年少女たちを可愛く、かっこよく仕上げてくれています。大人のキャラクター達もゲスwく、カッコよく年相応に、人生観を感じさせる様を描いているのはさすがです。

漫画版も担当されており、1994年から2013年までの長期連載(途中休載していましたが)を経てアニメとは違う魅力を持つエヴァを描いてくれました。というか、描き切ってくれました。漫画版のエヴァは未完になるのではないかとヒヤヒヤしていた人、私以外にもいらっしゃるかと思います。本当に、ありがとうござました。

漫画版のシンジは男前!?

出典:http://neweva.blog103.fc2.com

今更なことですが貞本先生の書かれる漫画版エヴァンゲリオンは、アニメ版とは異なったストーリー展開をしています。最後の方は特に。渚カヲルの性格がまったくちがっていたり、アスカの生死や結末までのストーリ展開も、かなり違います。THE少年漫画という感じで、とても熱い展開となっております!アニメは見たけど漫画は見ていないという方、是非、いますぐ本屋へ走ってください!

キューティーハニー(実写)

出典:http://www.jauce.com

実写!?のキャラクターデザインです。庵野監督作品で、実写とアニメーションを織り交ぜたなんとも実験的な映画でした。楽曲担当の倖田來未さんが有名になったりと色々と話題性のある作品でしたが、興行収入は4.2億円と成功とは言えない作品でもありましたが、後に「Re:キューティーハニー」の制作のきっかけにもなったようです。

トップをねらえ2!

出典:http://toppuwonerae.seesaa.net

2004年より、ガイナックスの20周年記念に制作・放送されたアニメ。1988年に制作された「トップをねらえ!」の続編でもあります。懐かしい!という方も多いかと思います。前作では違う方がキャラクターデザインをされていましたが、貞本先生Ver.のキャラクターデザインもいいですね!

フリクリ

出典:http://lynx02.blog41.fc2.com

2000年より販売されたOVA作品。何ともハイテンションな青春(性春?)アニメでありました・・・。そのテンションの高さ、ぎゅうぎゅうに詰め込まれた内容、実験的ともいえる画面展開についていけなかった人もいらっしゃるかと存じます・・・。

時をかける少女

出典:http://topicks.jp


なんとも甘酸っぱい・・・。監督細田守、マッドハウス制作の2006年公開の劇場版アニメ。細田守監督作品といえば貞本先生ですよね。小説版「時をかける少女」のその後のお話ということで、小説ファンの方も楽しめるのではないでしょうか?しかし貞本先生が描く女の子は本当に魅力的で生き生きといていて、憧れちゃいます。

サマーウォーズ

出典:http://aquapple.com

こちらも細田守監督作品第二弾!バーチャル世界を舞台としているのに、リアルにまで危機が及ぶというバーチャル×リアルな青春劇。たしかに新しい戦争の仕方でございました。可愛いけれどマイペースで強引な先輩や、少々ヘタレな主人公を魅力的に描いてくれている貞本先生のキャラデザも必見です!

おおかみこどもの雨と雪

出典:https://retrip.jp

こちらも細田守監督作品。家族をテーマとした作品で劇場で涙を流した方々もいらっしゃるかと思います。また、ケモ(自主規制)のシーンで、お茶の間に気まずい雰囲気が流れた!と怒っている方もいらっしゃるかと思います。内容が現実的と見せかけてまったく非現実的だと育児真っ最中のお母さん方の間で話題になったりもしましたが、貞本先生がキャラデザした小さな雨と雪、最高に可愛ゆうございました!ケモロリ最高です。

.hack

出典:http://jiblo.blog86.fc2.com

こちらはアニメ化もされた人気ゲームです!貞本先生のキャラデザに魅力されパケ買いをされたかたもいるかもしれませんね。

実は描きわけができていない・・・?

出典:https://www.google.co.jp

貞本のキャラクターは顔の描き分けが乏しく、髪型や服装を変えることでしか違いを表現できていない。これは本人も自認しており、ナディアの髪型を変え、まつげを取り除くだけで碇シンジになるとか[5]、間宮千昭も、油断すると渚カヲルになってしまうと語っている[6]。もともとエヴァのキャラクターデザインの際はシンジやミサトといったプレーンな顔を描く際は苦労したといい、特にシンジはこれという要素がないため日によってまちまちになってしまったという。プラグスーツのデザインに悩んだ時は自らフィギュアを作成して参考にした[7]。

出典:https://ja.wikipedia.org

自分で自覚しているうえに努力されている・・・!さすが長い間第一線で働かれているお方です!

終わりに

出典:http://iitokoronet.com

いかがだったでしょうか?

魅力的なアニメに欠かせないのが魅力的なキャラクターデザイン!そんなアニメの魅力を支え続ける貞本先生。ぜひ、これからも活躍していっていただきたい存在です。長い間第一線で活躍されているので、未見の作品も多いかと思います。この機会に、ぜひ視聴してみてはいかがでしょうか?