男女問わず大人気の女性ギャグ漫画家!中村光の漫画家としての魅力を徹底解剖!!

ハイセンスな絵柄、無尽蔵に繰り出されるネタ、個性豊かなキャラクターたちを持ち味にギャグ漫画界を席巻する漫画家・中村光さん!人気作品はアニメ化、映画化、実写ドラマ化され、国外にまでその名を馳せる中村さんの魅力について調べてみました。

中村光のプロフィール

経歴

出典:http://solife-a.com

1984年、静岡県の窯元の家に生まれる。幼い頃より父親の影響で絵をよく描いていた。中学3年生の時より、本格的に漫画家を目指すようになる

2001年、16歳(高校1年生)の時に『海里の陶』が『月刊ガンガンWING』11月号に掲載されデビュー。同誌にて初の連載となる『中村工房』を2002年4月号より2003年12月号まで連載。

2004年、『ヤングガンガン』創刊号より『荒川アンダー ザ ブリッジ』を連載開始。2006年に『モーニング・ツー』より『聖☆おにいさん』を連載開始。

2009年に手塚治虫文化賞短編賞を受賞。

いったいどんな人!?

中世的なペンネームと底抜けたギャグセンス故か、中村さんは男性と勘違いされることが多いですが女性です。中村光さんは女性です。本人は「家族からカッパ(荒川アンダーザブリッジのキャラ)(に似ている)と言われる」と仰っていますが、


公開されたご尊顔は
超美人!!!

握手会にやってくるのは、漫画のみならず、中村さんご本人のファンも多いそうです。

中村光を育てたのは父と兄!芸術家のDNA

お父さんは陶芸や仏画など多方面を手掛ける芸術家
大自然のなか、感性を存分に磨かれる環境の中で育った中村さん。家族全員漫画好きらしいのですが、中村さんが男性向け漫画も読めるということを知ったお兄さんが積極的に男性向け漫画を中村さんに読ませるようになったそうです。

男性と勘違いされてしまうくらいの男性的なセンスはお父さん、お兄さんの影響が強いからでしょうか。
人一倍繊細な心の持ち主!

鹿の撃たれる姿に心を痛めて、14歳から肉、魚を食べていない菜食主義者になった中村さん。元はお肉料理が大好きだったのに、それ以来家族の中で一人だけ別メニューを用意する徹底っぷりだったそうです。中村こだわりの強さと感受性豊かさが感じられるエピソードではないでしょうか。

そんな繊細な心だからこそ、我々の心をくすぐる絶妙なネタを生み出すことができるんですね…!

中村光の作風とは

磨き抜かれた笑いのセンス


読者の予想の斜め上を行くキャラクター作りとシュールギャグに定評のある中村さん。なんとデビュー当初からすでにこの作風は確立されていました。そのルーツは 「すごいよ!!マサルさん」や「ピューと吹く!ジャガー」など数々の伝説的ギャグ漫画の生んだうすた京介さんとのこと。

画像はデビュー作「中村工房」より。「荒川アンダーザブリッジ」の村長の原型はこのとき既に存在していたんですね。

遊び心を尽くした表紙は詐欺レベルのクオリティ!!?

中村光さんの作品を語るうえで個人的に推していきたいのは表紙です!「荒川アンダーザブリッジ」と「聖☆お兄さん」は、一冊ごとに表紙のタイトルロゴやデザインが違います。表紙を並べて観るだけでも満足感がたっぷりです!

出典:http://matome.naver.jp

「荒川アンダーザブリッジ」は作品の雰囲気を全く感じさせない、ときにスタイリッシュ、ときにキュート、ときに幻想的な表紙の数々から表紙詐欺と言われることも(笑) 

出典:http://morning.moae.jp

「聖☆お兄さん」はブッダとイエスの穏やかな日常を切り取った表紙が続いています。ほっこりくる雰囲気と普通のコミックスとは違った肌触りが特徴です。
https://www.youtube.com/watch?v=2cSJolOKluYVAIO
のタブレットで中村さんが聖☆お兄さんを描く動画です。線画から着色まで見られます!これはテンションが上がらざるを得ません…!!

代表作「荒川アンダーザブリッジ」

あらすじ

イケメン大学生でありながらトップ企業の社長もこなす市ノ宮行(いちのみや・こう)は、生まれたときから勝ち組街道を迷うことなく進んできたエリート中のエリート。『他人に借りを作るべからず』の家訓に従い、幼いころから一人で生きていた。

しかしある日、川で溺れていたところを荒川河川敷に住んでいた謎のホームレス少女・ニノに助けられてしまって…。

借りを作ってしまった行は…

借りを作ると喘息になってしまう体質の行は、即座に借りを返すためニノに家を与えたいと提案する。
だがニノはそれを断り、代わりに出された要求は――

「私に恋をさせてくれないか?」
「はっはあ!?」

行は橋の下の住民として『リクルート』と改名されられ、勝ち組から一転、橋の下の最下層として暮らしていくことになり…!?

『大きな星の橋の上 ここから 僕らの恋が始まる』

笑いと、電波と、恋愛と

舞台は荒川の河川敷。どこまでが設定なのかどこからがマジなのかわからないキャラクターたちの常識を捨てた怒涛のホームレス電波ラブコメディ!リクとニノ、恋愛経験ゼロの2人は果たして本当に恋ができるのでしょうか?

2人以外にも、橋の下に住む住人たちの中でさまざまな恋模様が描かれます。甘酸っぱい片思いから不倫まで幅広い恋愛関係が取り揃えられているので、あなたの好きなカップリングもきっと見つかる!?

出典:http://pbs.twimg.com

荒川のキャラ紹介

市ノ宮行、改め『リクルート』

唯一の肉親である父親とほとんど親子らしい交流をせずに育っているため、家族イベント的な雰囲気に弱いです。友だちや恋人もいたことがなく、情緒的コミュニケーション全般も苦手。才色兼備文武両道を謳っていますが、人間関係は不得意分野です。

正体不明の美少女・ニノ

自分は金星人だと頑なに主張するニノ。堂の入った奇怪な行動の数々はただの電波さん設定とは思えません。たまにニノの記憶をかすめる幸せそうな家族たち。ずっと謎に包まれていたニノの家族とはいったい!?

橋の下の住人達をちょっぴり紹介!

謎のカリスマ性で橋の下の住人を束ねる河童の村長。当初は村長を耐水性スーツを着込んだ胡散臭いおっさんとして扱っていたリクも、大事なところで安心感を与えてくれる村長に信頼を示すようになっていきます。

出典:http://esplia.blog39.fc2.com

自称・元超人気シンガーソングライターの星はニノにベタ惚れ。いきなりニノの恋人として現れたリクにはいつも喧嘩ごしです。
滅多に脱がないマスクの下はかなりかっこいいらしい…!?

昔からの知り合いらしいシスター(男性・ドМ)とマリア(女性・ドS)。聖なる名前を持つ二人の公開プレイは河川敷ではよく見かけられる風景です (にっこり)

巻末フルカラー漫画の魅力

荒川アンダーザブリッジには毎巻巻末に数ページのフルカラー漫画が掲載されています。本編とは打って変わって、幻想的かつ詩的なモノローグと思わず息を飲んでしまうような鮮やかな色彩が印象的です。中村さん独特の世界観を濃厚に味わうことができます!

出典:https://twitter.com

完結済み!!

11年の連載を経て、2015年7月についに完結!金星人と地球人の恋の結末はどうなったのでしょうか?

代表作「聖☆お兄さん」

出典:http://morning.moae.jp

あらすじ

目覚めた人、ブッダ。神の子、イエス。

世紀末を無事に越えた二人は東京・立川市のアパート(松田ハイツ)をシェアし、「聖(せい)」という名字を名乗り下界でバカンスを過ごすことにした。
オカン体質ですぐに苦行スイッチの入ってしまうブッダと、日本のオタク文化にハマっていて自由奔放で子供っぽいイエス。円高のあおりを受けたジリ貧生活のなか、人間味あふれる神々と立川の人々の日常描いた聖人2人のほのぼの下界ライフストーリー。

作品の魅力

出典:http://ameblo.jp

ブッダとイエスのダブル主人公が送る日常コメディです。まさかこの二人が日本の立川にいるとは…(笑) 中村さんの閃きがすごすぎます。

二人以外にも、弟子たちや違う宗教の神様、また地獄や魔界の神たちもたくさんでてきます。日本国民の日常生活あるあると、仏教・キリスト教あるあるが立川で交差する…だと……!!?
舞台が日本下町のせいか、専門的なボケが宗教に詳しくなくても面白く読めます。聖☆お兄さんをきっかけに、いろんな宗教に詳しくなれるかも?

世界に認められている!大英帝国博物館に展示

出典:http://londepa.exblog.jp

なんと大英博物館で日本人漫画家の三人の作品を紹介するときの一つに「聖☆お兄さん」が選ばれました!正直、主役二人の設定を世界のいろんなところから怒られないのだろうかと勝手に不安に思ってたのですが、これで安心しました(笑)

天界と下界の交わる風景をちょっぴり紹介!

漫画喫茶で「ブッダ」を読み、感動するブッダ。これには手塚先生も喜ばれていることでしょう(笑)ブッダからブッダを借りたイエスの反応はこちら。好きな作品にこれをされたら誰だって止めたくなりますね(苦笑)ブッタの弟子で超イケメンなアナンダくん。顔を見られると女の子の心を乱してしまうため下界にくるときは顔をなるべく隠そうとしています。でも…でもかっこよさ溢れちゃってるよ…!イエスの弟子・ペトロとアンデレは基本的にいつもチャラいノリですが、ネットゲームのAIであっても神を侮辱するヤツには徹底制裁!本気出したら強いんですね…。

日本を救う聖☆お兄さんたち

東日本大震災チャリティーオークションに出品するため描き下ろされたフルカラー原画6点は思わず拝みたくなる尊さに溢れています。神々しいです。確かにこの人たち、聖人だったわ…!!

まだまだ聖人たちのバカンスは終わらない…!

モーニング・ツーにて絶賛連載中の聖☆お兄さん。一話完結型なので、いきなりコミックスには手を出しにくいと言う方はまずは連載で試してみてもいいかもしれませんね!

出典:http://akeru78.blog79.fc2.com

最後に

中村光さんの人柄、作品の魅力をまとめてみましたがいかがでしたか?中村作品を読めば、東京の下町と世界の宗教が何倍も楽しく思えてくるかも!?まだ読んだことがないひとはぜひご一読ください!!