教訓はかっこいい名言だったのに貝木泥舟は死んでしまったのか?【物語シリーズ】

黒ずくめの服に暗い雰囲気の男、貝木泥舟。詐欺師である彼は、金が全ての徹底的な人生哲学から数々の教訓を生み出す。しかし、そんな彼も気まぐれな良心から窮地に立たされてしまう。果たして彼は死んでしまったのか?

貝木泥舟のプロフィール

出典:http://f.st-hatena.com

「偽物の怪異」を専門とする詐欺師。初登場は「かれんビー」。「ひたぎエンド」のメインキャラクター。漆黒のスーツとネクタイに身を包んだ、抑揚のない口調で話す壮年の男。会う人間にことごとく「不吉」と評される。メメほどではないものの怪異の専門家としての高い能力を持っているが、怪異の存在を信じていない。本人の言うところの偽物の怪異を二度利用している。

事実は半分しか告げないことをポリシーとしている。口癖は話し相手や自分への反省として言う「今回の件から○○(教訓を得るべき者を指す)が得るべき教訓は」。まとまった金が手に入ると金遣いが荒くなるタイプ。ただしかさばる物は持たない。仕事の性格上一定の住居を持たず、戸籍も売却済み。放浪生活をしているのはメメと同じだが、メメが廃墟を選ぶのとは対照的にシティーホテルに滞在するのを好む。

仕事(詐欺)の際にはわざわざA4サイズのノートを購入し、周辺の地図を似顔絵イラストを交えて入念に書き込み綿密に計画を立てる。万が一覗き見されても解らないように隠語を使い細かく書込み、詐欺の進行状況の確認の為読み返しては悦に入ったりする。熱が入ると数冊にも及ぶが、仕事が終わると全て破棄してしまう。

出典:https://ja.wikipedia.org

西尾維新原作のアニメ「物語シリーズ」の登場人物、貝木泥舟(かいきでいしゅう)CV:三木眞一郎。黒い喪服のようなスーツに身を包んだ不吉な男。なによりも金銭を至上とし、それを元にした徹底的な行動論理で動く。

職業は詐欺師で、かつては戦場ヶ原ひたぎを騙した、主人公とも因縁深い人物。主人公の後輩である千石撫子も貝木の詐欺の被害にあっている。しかし、貝木はただの詐欺師ではなく、主人公を助ける忍野メメと大学時代を共にした怪異の専門家である。詐欺の手口に偽物の怪異を用いる。

「物語シリーズ・セカンドシーズン」の最終話「恋物語」ではまさかの主要キャラを務めた。そこでは視聴者を裏切るような良心を見せ、そのハードボイルドさで人気が急上昇。しかし、その「恋物語」の最後のシーンには血まみれの貝木の姿が…。貝木は一体どうなってしまったのか!?

そんな貝木泥舟の基本プロフィールはこちら

貝木泥舟のかっこいい教訓名言5選

出典:http://sanibuuu.blog134.fc2.com

貝木泥舟と言えば、「恋物語」で遺憾なく発揮された、徹底した行動論理。金銭が大事と言っても、彼の場合は「命よりも金が大事」とまで言ってしまいます。しかし、そんな自分のメリットのためだけに動く貝木だからこそ生まれた数々の名言があるんです!

「信じるな、疑え。」

出典:http://ryumryum0405.blog.fc2.com

貝木は登場人物に対し、「~というのは嘘かもしれない」というのを繰り返します。それが嘘かもしれないし、その嘘がまた嘘かもしれない。貝木の信念は「信じるな、疑え。」という言葉に集約されているように感じます。



「偽物のほうが圧倒的に価値がある。そこに本物になろうという意思があるだけ、偽物のほうが本物よりも本物だ」

出典:https://twitter.com

彼は「本物」生ぬるさを何よりも嫌っているのでしょう。たえず本物であろうとする「偽物」の力を彼は信じています。

「真実を知りたければまず嘘を知れ」

出典:https://www.youtube.com

貝木は常に疑うことをやめません。彼にとっては、ただ真実であるということを告げられたところでなんの意味もないのでしょう。何事も信じない彼の孤高さはハードボイルドでとてもカッコイイ!

「今回の件からお前が得る教訓は”正義で解決しないことがないように、金で解決しないことがない”ということだ」

いつも正義が勝つのは、強いものが正義だからだ。というのは主人公、阿良々木暦の言葉ですが、貝木にとってはこそが最も力を持った正義なのでしょう。

「肉だ、肉を食え」



…あれ?ここまでのカッコ良いセリフとなんか違う…。いやいや!とりあえず若者は肉を食っておけば良いらしいんです。これは貝木が神原駿河を焼肉屋に連れて行って何度も繰り返したセリフ。

この印象的なシーンはぜひ動画でご覧ください!あんなに暗かった貝木泥舟が、ぶっきらぼうで親切な親戚のおじさんに見えてきますよ…。

貝木泥舟は死んでしまったのか?

出典:http://blog.livedoor.jp

物語シリーズ第三弾の「偽物語」では一貫して悪役を演じ続けてきた貝木ですが、「恋物語」ではしぶしぶながらも戦場ヶ原ひたぎの願いを聞き入れ、ひたぎと阿良々木暦を救うために奔走します。そして、その問題はなんとか解決するも、「恋物語」の最後のシーンを飾るのは血まみれで倒れた貝木の姿…。

果たして彼らの命を救った貝木はどうなってしまったのか?色々な噂が飛び交っていますが、「終物語」までが放映された今までの情報でとにかく検証してみましょう!

貝木を殺したのは詐欺の被害者

まずは貝木が殺された(であろう)シーンです。紆余曲折ありながらも、戦場ヶ原と暦の命は助かり、貝木は帰り道の途中にいました。しかし、その貝木の背後に突然ナイフが突き刺さされます。
犯人は、過去の貝木による詐欺の被害者でした。血まみれの貝木はしかし、どこか諦めた様子で言葉をつぶやき、そこで「恋物語」は終わってしまいます。貝木がそのまま絶命してしまったのかはこれだけでは分かりません。

しかし、その後「花物語」再び貝木が登場するシーンがあるのです。

復活後は超人的な脚力に!?

貝木が現れたのは神原駿河の前でした。「やっと会えたな」と貝木は神原駿河に近寄ります。しかし、あまりにも不気味な貝木にダッシュして逃げる神原。しかしなんと貝木は、あの快速で知られる神原駿河をいともたやすく追い抜いてしまうのです!精神と時の部屋で修行を積んだとしてもアラフォーのおじさんがここまで成長するのは明らかにおかしい。

貝木、「幽霊説」!?

つまり、ここから導き出される推測は貝木は幽霊もしくは怪異になったのではないか、ということです。貝木はその後の神原とのやり取りで、神原が街から出るのをずっと待っていたと言います。しかし、生身の人間がそうも都合よくドンピシャでタイミングをあわせられるでしょうか?

この幽霊説が今のところ一番有力な説になっています。はっきりとした真相は未だ分かりませんが、「物語シリーズ」はまだまだ続きます。いずれ真実が明らかにされる時が来るでしょう!それこそ、貝木は自分の存在さえ嘘かもしれないと問いかけてくるかもしれませんが…。

貝木泥舟のカッコ良いイラスト7選

出典:https://i.ytimg.com

どうしても女性キャラが多くなりがちな「物語シリーズ」において、ここまで貝木の存在はとても貴重です。そんな貝木のハードボイルドでカッコイイ画像を紹介します!

出典:http://blog-imgs-60.fc2.com

アロハシャツにサングラスという、怪しさが一周回ってむしろひょうきんになった貝木です。キャラが強すぎて詐欺云々言える状態じゃないと思うのですが…。アロハシャツ第二弾。というのもこれは、戦場ヶ原がアロハシャツ姿の貝木にオレンジジュースをぶちまけてしまったゆえの第二弾です。

出典:http://puripuribosi.blog137.fc2.com

ビジネスライクな平凡な髪型の貝木。これはこれで普通にカッコイイんですが、駄目だこれは貝木じゃない!

出典:http://livedoor.blogimg.jp

貝木7兄弟!これはもちろん貝木が忍術を使ったわけではなく脳内でのイメージのものです。こんなに貝木がいてたまるか…

出典:http://ameblo.jp

メガネにひげをたくわえた貝木。只者じゃない感が増しましたね…

出典:http://a-thorny-path.com

髪を下ろした貝木。気怠い系イケメンでカッコイイです!歯がギザギザなのもなにかワイルドさが。

出典:http://minkara.carview.co.jp

なんだこのちっこ可愛いおっさんは!?まさか貝木に癒やされる日が来ようとは…!!

最後に

敵なのか味方なのか、はたまた生きているのか死んでいるのか。そんな存在さえも嘘かもしれない貝木泥舟は如何でしたでしょうか!貝木の続報が待たれる「物語シリーズ」のこれからに!そして貝木のこれからに、ぜひご注目ください!