【かけあいジョークと日常マンガの王道】「ゆうきまさみ」の仕事をまとめてみた!

マンガ好きにとって、「ゆうきまさみ」の作品を知っているのは、よりディープなマンガ好きと言えるでしょう。実は色々と先進的な試みを続けているマンガ家であり、現在の「日常系」マンガの基礎を確立したと言える人物です。今回はそんな「ゆうきまさみ」の作品群についてまとめてみました。

アニパロ時代

出典:http://p.twipple.jp

「ゆうきまさみ」の原点は「同人作家」です。同人活動の後、アニメ雑誌「OUT」の別冊である「アニパロコミックス」でガンダムやイデオンのパロディマンガを執筆しています。

出典:https://twitter.com

そのマンガでは、登場人物は全て「映画の俳優」であり、「ガンダム」や「イデオン」の撮影現場での俳優同士のやりとりといった舞台設定で物語は展開して行きます。

出典:http://ameblo.jp

ギャグマンガでは登場人物の「オーバーリアクション」で笑いを取るのが主流であったその時代、「ゆうきまさみ」独特の外国映画に似た、互いのキャラクターの会話だけで笑いを取る方法も確立されていました。

ヤマトタケルの冒険

あらすじ

出典:http://misoji-no-wakaremiti.cocolog-nifty.com

日本の古代神話に登場する「ヤマトタケル」の一代記をコミカルに、時にはエロチックに描いた作品。

出典:http://ameblo.jp

前出した「アニパロ時代」に執筆したオリジナル漫画。古代日本史に登場した「ヤマトタケル」の物語を元に描かれた作品で、当時としては「ヌード」や「濡れ場」が多いかなり大人向けの作品となっている。

出典:http://ameblo.jp

物語の筋はシリアスでありながら、互いの掛け合いで笑いを取る手法は健在であり、派手で大きなアクションシーンはないが、その代わりに「物語を読ませる」構成になっている。

出典:http://ameblo.jp

単行本1冊のボリュームで物語は終了しており、物語の最後はバタバタとした印象を受けるが「ヤマトタケル」自体の物語も完結は曖昧な部分がある為、いたしかたなしとも取れる。

究極超人あーる

あらすじ

出典:http://buzzap.jp

米を動力源としているアンドロイド「R・田中一郎」と、彼が所属する学校の「光画部(写真部)」のメンバーを中心に、学校内や日常で起こるドタバタコメディ。

出典:http://mainichi.jp

サンデーで連載され、世に「ゆうきまさみ」を知らしめた1作。実はこの作品の初期ではまだアニパロも描き続けており、「2足のわらじ」状態で執筆している。「R・田中一郎」(通称,あーる君)はアンドロイドであるが、その事を秘密にする訳でもなく、周りの人達も平然と受け入れている。


出典:http://plaza.rakuten.co.jp

首がスグに外れたり、一般常識が通用しなかったりと「あーる君」は「ゆうきまさみ」作品の中では少し違う「オーバーリアクション」なキャラであるが、主人公としては非常に存在が薄い。

出典:http://b.hatena.ne.jp

実際には「光画部」のメンバーによるトタバタ劇が中心で、現在で言う「日常系マンガ」のはしりと言える作品。

機動警察パトレイバー

あらすじ

出典:http://otonaentame.tou3.com

クレーンやブルドーザーの代用として人型ロボット「レイバー」が広く普及した近未来。新規導入された警察専用レイバー「イングラム」とそれを操る「特車2課」の面々がネオ東京都のトラブルを解決する作品。

出典:http://d.hatena.ne.jp

「ゆうきまさみ」の名前をマンガ・アニメ界で「重鎮」にまで押し上げた傑作。本作品の最大の特徴は、巨大ロボット「レイバー」は「道具」という位置づけにして、それよりもキャラクター達の葛藤や人間ドラマに対して焦点を当てた事が、今までのロボット物と画期的に違う。

出典:http://otonaentame.tou3.com

マンガでロボット物はアクションをうまく描き切れず、また子供向けになってしまう事が多々あったが、ロボットを脇役にした事によりドラマに幅が生まれ、よりリアリティが増した表現が可能になった。

出典:http://hrnabi.com

同様のロボットが脇役の作品では「装甲騎兵ボトムズ」があるが、この手法はロボットアニメや漫画では画期的であったといえる。また、本作品はアニメ関係者とのコラボによって生まれた作品であり、マンガとアニメが同時に企画され発表されている。

出典:http://arusock.tk

その為、マンガとアニメは基本的に同一世界とは少し違う設定になっているのも注目すべき手法である。

じゃじゃ馬グルーミンUP

あらすじ

出典:http://seiga.nicovideo.jp

北海道を単身で旅行していた主人公「久世 駿平」。ひょんなことから「渡会牧場」に住み込みで働く事になって、競走馬の育成に関わってゆく人達の日常を描いた作品。

出典:http://orehayaser.exblog.jp

「パトレイバー」の連載後に開始した作品。SF物からガラリッと変わって北海道の競走馬を育成している牧場を舞台とした「農業」マンガ。

出典:http://ueo.pupu.jp

 すでに「日本酒の杜氏」など特殊な職業を舞台とした作品は多々あったが、農業系の第1次産業を舞台に据えた作品は初めてだと思う。さらにこうしたマンガの場合、「強い競走馬を育成する」といったテーマになりがちな部分を極力抑え、実際の牧場生活を切り取ったようなホームドラマを展開させている。

出典:http://ueo.pupu.jp

そして、単行本全26巻という長編を飽きさせずに完結まで持っていくというのは「ゆうきまさみ」の並々ならぬ技量の表れといえる。こうした手法が、後の「銀の匙」(荒川弘)や「もやしもん」(石川雅之)と言った別作者の作品へ受け継がれて行く。

鉄腕バーディー

あらすじ

出典:http://blog.goo.ne.jp

超人的な能力を持つ女性形宇宙人「バーディー」が誤って殺した「千川つとむ」の意識と肉体を共有しつつ、恒星間国家と敵対するテロリストと対決する物語。

出典:http://twwbgs.blog121.fc2.com

実は過去(1985年)に一度マンガを連載しており、「鉄腕バーディー」(2003年~)と「鉄腕バーディーEVOLUTION」(2008年~)はリメイク作品。登場する宇宙人達は人間型以外も多く、スターウォーズの様に昆虫型や動物型など多種に渡る。

出典:http://yaplog.jp

そうしたSF色を強く示しながらも、超人的な筋力や敏捷性を持つ「バーディー」自身は「警察」として色々なしがらみに苦労する姿がリアリティを与えている。SFでありながら、海外の刑事ドラマに似た雰囲気を持つ良作。

出典:http://www.amazon.co.jp

残念なのは、物語の最後が打ち切りぎみで急展開&伏線回収が出来ずに消化不良的な結末となってしまった事でしょうか。

白暮のクロニクル

あらすじ

出典:http://www.amazon.co.jp

「オキナガ」と呼ばれる不老不死の吸血鬼が存在し、特別な人種として政府に管理されてはいるが、一般人と共同で生活している世界。その「オキナガ」の一人、「雪村 魁」は、12年に1度だけ女性を殺す連続殺人犯「羊殺し」を追っている。

 

「オキナガ」を管理している厚労省の新人「伏木あかり」と共に「羊殺し」を探して数々の「オキナガ」が引き起こすトラブルを解決して行く。

出典:http://konomanga.jp

現在も執筆中の本作品。犯罪を解決するサスペンス調の作品となっています。「オキナガ」と呼ばれる存在は吸血鬼というよりも、「疾患」的な位置づけで描かれています。

出典:http://spi-net.jp

その為、「オキナガ」は「限定的な不死(自然死などが無い)」なのと、生命維持に他人の血液が必要なだけで、その他は常人と何ら違いはありません。今までの「ゆうきまさみ」のSF作品と違い、より現代劇に近く淡々とエピソードが描かれて行きます。

 

 どちらかと言うと凶悪な犯罪者を追跡する探偵物という感じの作品です。

でぃすこみ

あらすじ

出典:http://www.amazon.co.jp

漫画家を目指していた女子高生「渡瀬かおる」は、新人賞を受賞し、意気揚々と出版社の授賞式へ出席する。しかし、その作品は自分の名前を騙って兄が応募したマンガだった。本当の事が言えない彼女は、兄が「ゴーストライター」として次回作品の執筆にとりかかる。

出典:http://ameblo.jp

「白暮のクロニクル」と同様に現在執筆中の作品です。今までと毛色の違う作品と言えます。登場するのは、マンガ家を目指す普通の女子高生「渡瀬かおる」とその兄(ニート)です。

 

出典:http://spi-net.jp

しかも、その兄が描く作品はBL(ボーイズラブ)作品であり、彼女は自分が「偽物」である事を隠しつつ、マンガ家として奮闘する日常が描かれます。まだ、単行本としては第1巻が発行されただけであり、物語も主人公の「かおる」と兄が中心でストーリー的にはスタートしたばかりです。

 

出典:http://spi-net.jp

今までの「ゆうきまさみ」が得意としていた「仲間とワイワイ行動する日常系」とも違い、今後、どのような物語を展開させて行くのか楽しみな作品です。

Twitterの反応

出典:http://pbs.twimg.com

動画

https://youtu.be/Zdz1tkIwnPg?t=3やはりここは「機動警察パトレイバー」じゃないかと、ただし最新実写版

まとめ

出典:http://www.amazon.co.jp

今回は駆け足でマンガ家「ゆうきまさみ」の作品をご紹介しました。まだ他にも「パンゲアの娘」や「アッセンブルブルインサートワン」など短編マンガは多々あります。基本的に彼の作品では小気味よい会話とそのやり取りから生まれる笑い、そして確かな画力と細かい設定によるリアリティが最大の魅力であり特徴です。

 

ハードSFから日常コメディ物まで多岐に渡る「ゆうきまさみ」のマンガには、アナタが好む世界があるかもしれません。