なぜ覇気があるのにシャンクスの腕は食われたのか?その真相を徹底考察!

ONE PIECEにおける「四皇」のひとり・シャンクス。新世界のトップ4の一人であり、覇王色の持ち主でもあるところから強さは計り知れない。そんなシャンクスが第一話でなぜ近海の主に腕を食われてしまったのか?その真相を徹底考察してみた。

シャンクスという男

まずはシャンクスのプロフィールからみていこう。

出典:http://matome.naver.jp

赤髪海賊団大頭。四皇の1人。誕生日は3月9日で、年齢は39歳(2年後編時点)。

“海賊王”ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団で少年期を雑用として過ごし、大海賊時代到来後はメキメキと頭角を現し新世界を統べる4人の大海賊の1人にまで上り詰めた(いつ到達したかは不明)ほどの男で、主人公ルフィの命の恩人であると同時に、憧れの海賊でもある。また、ルフィのトレードマークである麦わら帽子の元の持ち主で、ルフィに帽子を預けたのもこの男である。

左目の上に、黒ひげマーシャル・D・ティーチに付けられた三条の傷がある。

出典:http://dic.pixiv.net

Twitterでの考察

みんなはどう考察しているのか。

出典:http://onesoku.com

いくつかの説

反応を見る限り、いろんな説があるらしい

出典:http://livedoor.blogimg.jp

Twitterでの反応などを見る限り、さまざまな説が存在することがわかった。

1、近海の主じゃなくて他で腕を失った説

2、悪魔の実の能力者説

3、その頃はあまり強くなかった説

4、わざと失った説

おおまかにまとめると上記4つの説が濃厚かと思われる。それでは説をひとつひとつ検証していこう。

1 / 3