【キングダム昌平君】ラスボス候補?知勇兼備の野心溢れる裏切りマン

土壇場で呂不韋を裏切り秦の窮地を救った昌平君。その底知れない実力と野心を振り返りつつ、今後の動きを考察してみます!

昌平君のプロフィール

出典:http://kingdom-eiyunokeihu.com

呂不韋四柱の一人。呂不韋の相国昇格に伴い、秦国の右丞相と成った。

国軍の司令官であり、軍師育成機関を運営する等、事実上秦国の軍事の責任者。

蒙武とは幼馴染であり、親友。

知略を重んじる軍略家だが、李牧の纏う武の空気を感じ取るなど、武人としての一面も持つ。

実戦の指揮をとる場面はないが、同じく四柱の一人である蔡沢は「蒙武より強い男」と評している。

出典:http://dic.pixiv.net

昌平君はヤングジャンプで連載中の「キングダム」の登場人物の一人。

出典:http://soz.matchupp.com

秦の国政において最大派閥を持つ呂不韋は優秀な人材を多く抱えており、国政や外交、法律、軍事など各分野の専門家たちが派閥の中に揃っている。

その中でも特に優れている蔡沢(さいたく)昌平君(しょうへいくん)蒙武(もうぶ)李斯(りし)の4人は呂不韋四柱と呼ばれ、それぞれが各分野のエリートとして指導的な立場をとっている。

呂不韋これらの面々を揃えて己の勢力拡大をはかり、国政の実権を握ろうとしていたのである。

出典:http://manga777.com

昌平君はその中でも軍事に秀で、事実上秦の国軍の最高責任者である。また、軍師の養成機関も運営し、軍事力を底上げするために自らの手で優秀な軍師の育成にも力を注いでいる。

前述のように呂不韋四柱の一人として政の権力を脅かす存在であったが、合従国との戦から政の国王としての器を認め、毒国の反乱に際して呂不韋から離反し秦の窮地を救った。

現在は軍事の最高責任者として、昌文君と共に政の片腕として政治を支えている。

昌平君の裏切りと野望

出典:http://peco-peco.torachannel.com

呂不韋は政が正式に政治の実権を得られる「加冠の儀」を迎える前に完全に政を失脚させようと暗躍し、性技に長けた嫪毐という巨根の男を宦官にしたてて太后にあてがい後宮の勢力を味方に付ける。

太后は愛するものと穏やかに人生を過ごすためとして毒国という自治国を建国するが、国として膨張していくと嫪毐やその側近たちは秦国攻略の野望を膨らませ、ついには加冠の義の日に反乱に至る。

呂不韋はこれを手引きし、政を始め王族を皆殺しにした上で自分が鎮圧して秦の支配者となるというシナリオを描いていたが、これを阻止したのは主人公信と、昌平君であった。

出典:http://soz.matchupp.com

それまでは軍師としての側面しか見せていなかった昌平君だったが、自ら戦場に出て敵将の首を討ち取るという武の強さも見せつける。

なぜ呂不韋を裏切ったのかと問う信に昌平君は「私も中華を取る事を夢に描く男の1人だ」と答え、「そして、現秦王(政)はその夢を 預くるに足る器だからだ」と続ける。

昌平君の野望もまさに中華統一であった。長きに渡る政権争いに勝利した政は中華の統一に向けて動き出し、昌平君はその片腕として軍事を支えていくこととなった。

「知略は李牧級、武勇は蒙武級」

出典:http://kingdom-chuukatouitsu.com

軍略の天才として知れ渡っている昌平君だが、共に反乱軍を討ちに出た昌文君は、彼が武将として戦場に在ったということは聞いたことがなかったそう。

しかしその目の前で圧倒的な部の強さを見せる昌平君。側近の介億は「我が主は幼少期あの蒙武より強かった」と言う。

出典:http://soz.matchupp.com

介億は続けて言う。「誇張していうなら武力は蒙武級。そして誇張なしに頭脳は李牧級」。それほどまでに強い昌平君。共に戦っていた昌文君も壁も目を疑うほどに強い。

「包雷」といいう本来は広範囲で大戦力を持って行う戦術を寡兵で成し、敵将ワテギを一騎打ちで討ち取った昌平君。まさに文武共に秀でた傑物であることを知らしめた戦いだった。

現在「キングダム」に登場する武将の中でも、総合力で見れば最強候補の一角と言っても過言ではないかもしれない。

幼馴染蒙武と昌平君との絆

「蒙武と楚子」

出典:http://www.mangajunky.net

実は同じ呂不韋四柱の一人である蒙武とは幼馴染である昌平君。合従国軍との戦いの際も、蒙武の力を信じて策を授け、気遣いながらもお互いを認め合っている深い信頼関係が伺える。

本編では余り描かれていない2人の関係だが、実は「キングダム」が連載される前に掲載された読み切り「蒙武と楚子」では、幼い頃の2人の出会いと友情、そして行く末が描かれている。

この短編、実は「キングダム」の今後の展開のとても重要なネタバレになるものも含んでいるのだが「キングダム」の連載に繋がったとても上質な短編なので、一読の価値ありだ。

「蒙武と楚子」って読めるの・・・?

出典:http://www.amazon.co.jp

単行本未収録の読み切りだが、キングダム総集編Ⅱに同じく読み切りの「李牧」と共に収録されている。一時期は手に入りにくかったが現在は再販もされているので比較的手に入れやすいかもしれない。

ちなみにもう一つの読み切り「李牧」は完全に本編のスピンオフ的な作品で、李牧とカイネの出会いが描かれている。

二人の行く末は?

出典:http://blog.livedoor.jp

幼馴染で、軍事トップと将軍として共に四柱として秦を支えてきた二人。呂不韋陣営が崩壊しても、政のもとで変わりなく中華の統一に貢献していくことになる。

しかし史実やそれに基づいた短編によると、この後二人のたどる運命は激動のものになるよう。元々昌平君は楚から人質として秦に連れてこられた身、それが今後の展開にどう関係してくるのか。

ちなみに一部ファンのあいだでは昌平君と蒙武の(いろんな意味での)カップリングが鉄板になっているが、それはまた別の話である。

痺れるかっこよさ!昌平君の名言5選

文武両道で人格者でイケメン。まさに上司にしたい漫画キャラ昌平君の名言から厳選した5選を紹介!

「もちろん 王騎将軍です」

出典:http://photozou.jp

趙軍の侵攻を迎え撃つために編成した秦の防衛軍。その総大将を、蒙武にするか王騎にするか呂不韋に問われた時に即答した昌平君。

幼馴染としての蒙武と武将としての蒙武を明確に分けて評価を下した瞬間。情に流されず、能力で評価する姿勢は流石軍事のトップである。

「私も中華を取る事を夢に描く男の1人だ」

出典:https://twitter.com

反乱軍の侵攻を食い止め、なぜ呂不韋を裏切ったのかと信に問われた時の昌平君の言葉。昌平君の野望と熱い希望が垣間見えた瞬間だった。

百戦中秦軍二十勝合従軍八十勝

出典:http://thefunnel.jp

合従軍の侵攻に対して、急ぎ策を練ることを迫られる文官たち。政の一声で士気を取り戻し不眠不休で策を練り、最後に昌文君が「お見事」と倒れ昌平君の策が勝ちの残る。

珍しく憔悴しきった昌平君がとにかくセクシーだったワンシーン。

状況をお考え下さい相国。私は秦軍の総司令でもあります。今──それ以外のことは。取るに足らぬ小事です

出典:http://writertsubaki.com

合従軍に侵攻され、国を守る最後の拠点・蕞を防衛すべく、自ら出陣する政。助言をしたのではないかと呂不韋に聞かれた時に返した言葉がこれ。

そう、本当に大切なことや本当に成すべきことの前では、それ以外の下らないいざこざは、取るに足らないことなのだと、日常に活かしたい勇気をもらえる一言。

余計な問答は必要ない。察しの通りだ──世話になった

出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp

最後はやはりこのセリフ。!毐国の反乱に際して、加冠の義の場でついに呂不韋と袂を分かつことを表明した昌平君。もはや敬語でもなく、この一言に全てをこめるかっこよさ。

我々も誰かと袂を分かつしかないという状況になったら、ジタバタせずあえて「世話になった」の一言でお別れしよう。

他にも様々な名言の飛び交うキングダム。その中でも厳選した熱いセリフを紹介した動画です。

まとめ

出典:http://kokotomo.com

いかかでしたでしょうか?呂不韋を見事に裏切った昌平君ですが、それは己の信念や成すべきことをいつもブレずに見つめ続けてきた結果なのですね。

こんな上司がいたら思わずついて行きたくなるでしょう。一人一人の生き様や信念が、絵と言葉で力強く伝わってくるのが「キングダム」の魅力ですね。

今後の昌平君の活躍を期待しつつ、そしてその行く末がどうなるのか見守っていきましょう!