美少女戦士でのび太のママ!三石琴乃が担当したキャラまとめ

あの美少女戦士を演じた三石琴乃さんですが、実はのび太のママまで演じるほど演技の幅が広い声優さんです。ほかにどんなアニメキャラを演じているのでしょうか。

声優・三石琴乃さんってどんな人?

出典:https://www.google.co.jp

愛称\t琴ちゃん、琴ちゃわん

性別\t女性

出生地\t日本・東京都

生年月日\t1967年12月8日(48歳)

血液型\tA型

身長\t160 cm

職業\t声優、ナレーター

事務所\tフリー

配偶者\tあり

活動期間\t1989年 –

デビュー作\t友代(『エースをねらえ! ファイナルステージ』)

出典:https://ja.wikipedia.org

出典:https://www.google.co.jp

明るい少女役、大人の色っぽい女性、ギャグキャラなど幅広く演じる声優さん。アニメだけでなく、吹き替え、ナレーションなど、幅広い分野で活躍しています。

容姿もとても美人ですよね。いまだに衰えない容姿。あのいい声で容姿までいいとか反則ですよね。

しかし、かつて講師として指導した『ドラゴンボール』孫悟空役として有名な野沢雅子さんは当時の三石さんを「見た目は大人しそうで可愛らしいけれど、バイクに乗ったりと意外と行動的で、とにかくガッツがあった」と語っています。

それではそんな三石さんの演じたアニメキャラを紹介していきましょう。

声優として演じたアニメキャラまとめ

月野うさぎ/セーラームーン 『美少女戦士セーラームーン』

出典:https://www.google.co.jp

三石さんといえばこのキャラというほどの代表キャラですよね。2014年夏からニコニコ動画で世界同時配信されている『セーラームーンCrystal』で再び、セーラームーンこと月野うさぎを演じていました。他4名が新キャストになる中、唯一の続投で、うさぎといえば三石さんしか演じれませんよね。

明るく天真爛漫、泣き虫でドジな所もあるが、根は心優しく裏表のない性格でかわいい女の子です。物語当初は14歳。そして題名通りの美少女です。「うわーん」といったうさぎの泣き声は高めの声で耳に残ります。三石さんの声がぴったりあっていましたね。

三石さんは『セーラームーン』ではちびちびも演じています。うさぎよりも幼く演じ分けていますよね。舌足らずな感じが可愛らしいです。https://youtu.be/MGKGPggIQpoセーラームーンの必殺技。やっぱりうさぎはこの声じゃないと!

葛城ミサト 『新世紀エヴァンゲリオン』

出典:https://www.google.co.jp

主人公・碇シンジの直属の上司にして保護者代わりであり、彼を自宅のマンションに住まわせている29歳の大人の女性。戦時の凛々しさとは裏腹に私生活はズボラであり、家事能力はほぼ皆無。

また大の酒好きで、朝からお酒を飲んでいました。普段と仕事のギャップがステキで魅力のある女性ですよね。誰に対しても明るく社交的に接する、いわゆる“気さくなお姉さん”キャラを貫いているいますが、内面は意外と複雑でその影のある一面もステキでした。

ボア・ハンコック 『ONEPIECE』

出典:https://www.google.co.jp

主人公ルフィのことが好きな美女。基本的には傲慢で超が付くわがままな性格ですが、ルフィの前では一転して超恥ずかしがり屋の純情な乙女に変貌します。そのギャップが本当にかわいい。その健気な感じが男性ファンを増やし、「ルフィの嫁」と呼ばれることもしばしば。

傲慢で「見下しすぎのポーズ」をする女王様のハンコックは大人の女性という感じで演じられていますが、ルフィにメロメロな乙女のハンコックを演じ分けているのがすごいですよね。

野比玉子(3代目) 『ドラえもん』

出典:https://www.google.co.jp

セーラームーンがのび太のママを演じていると思うとギャップに驚きますよね。基本的に「ママ」、パパからも「きみ」と呼ばれているので、本名をしている方も少ないでしょうが、本名は玉子で、旧姓は片岡です。専業主婦であるため夫ののび助よりも登場回数が多いですね。

のび太を怒っているイメージの多い怖いママですが、のび太のことを大切に思っており、のび太が危機に晒されると心配し、テストの点数がよかったりすると誉める厳しいだけではない母親です。なんと眼鏡をはずすと美人!のび太は残念ながらパパに似たのかもしれませんね。

マリュー・ラミアス 『機動戦士ガンダムSEEDシリーズ』

出典:https://www.google.co.jp

地球連合軍の女性士官で、階級は大尉。SEEDの主人公であるキラがガンダムに乗るようになるきっかけになる女性。情に厚く、軍人として冷徹さが要求される状況においても、情を優先する傾向がありました。なし崩しで艦長になったため、なかなか割り切れないところもあったのでしょうね。

アークエンジェルに乗り合わせる事になったムウ・ラ・フラガとはのちに恋仲になっています。そのフラガが死んでしまうという場面での悲痛な声がとても印象的でしたね。

イオリ・リン子 『ガンダムビルドファイターズ』

出典:https://www.google.co.jp

イオリ・セイ母親。タケシと同じく年齢は33歳。美人で一児の母とはとても思えない女性ですよね。身長も高く巨乳でスタイル抜群。朗らかな人柄でこんな完璧な女性だからひそかに慕う男性も多いようです。

時には作業室に引きこもる息子を心配しながらも見守る一方、世界大会で寝過ごすセイとレイジを叩き起こすなど、女性として理想的な方ですよね。

有栖川樹璃 『少女革命ウテナ』

出典:https://www.google.co.jp

奇跡なんて!無いんだよ!!!」 というセリフが印象的なキャラ。男装の麗人で、教師達も恐れる不良としての一面も持ち合わせています。女性が憧れる女性。荒々しく、男らしい三石さんの演技が新鮮でした。

枝織という「」の要素の強い少女に惹かれどうしようもない片思いに悩むというストーリーはドキドキしました。その苦悩にあふれた声がまた素敵で、さすがの演技力と三石さんの演技に魅せられました。

Twitterの反応

おわりに

三石さんのアニメキャラクターをまとめてみましたが、どうでしたでしょう。まだまだ紹介しきれないキャラもたくさん演じられています。

三石さんは最近では声に深みがでて、大人の女性のキャラを多く演じられています。ヒステリックな女性を演じるなど演技力に磨きがかかり、その演技力のすばらしさに息をのむことも。これからも三石さんの演技に注目ですね。