ゴツイ大柄の男ならおまかせ!三宅健太が担当したアニメキャラまとめ

かなり低めの声が特徴の「みやけん」こと声優の三宅健太さん。ゴツイ中年や大柄の男性をよくキャスティングされています。アニメでは具体的にどんなキャラクターを演じているのでしょうか。紹介していきます!

声優・三宅健太さんってどんな人?

プロフィール

出典:https://www.google.co.jp

愛称\tみやけん、健ちゃん

性別\t男性

出生地\t日本・沖縄県

生年月日\t1977年8月23日(38歳)

血液型\tA型

身長\t181 cm

職業\t声優、ナレーター

事務所\t81プロデュース

配偶者\tあり

活動期間\t1999年 –

デビュー作\t帝国兵士(『ゾイド -ZOIDS-』)

出典:https://ja.wikipedia.org

出典:https://www.google.co.jp

愛称は『みやけん』。 10代の頃、ファンであったとある女優に「一目お会いしたい」「どうせなら共演したい」と思ったのが声優を目指すきっかけになったそうです。歌唱力も高くキャラ毎の歌い分けもうまい声優さん。ちなみに既婚者で酒豪。背も高く、男前です。

洋画の吹き替えを担当することも多いお方で、かつては頭の冴える冷静・冷徹なキャラ役が多かったのですが、マイティ・ソーを演じてからは体格の良い・豪快・熱血・声が大きいキャラを演じることが多くなってきました。また、オカマキャラを演じる機会も多いようですよ。 

かなり低めの声が特徴で、ゴツイ中年や大柄の男性キャラによく抜擢されています。

声優として演じたアニメキャラまとめ

モハメド・アヴドゥル 『ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース』

出典:https://www.google.co.jp

三宅さんは『ジョジョの奇妙な冒険』の熱烈なファン。そのため、オーディションを受けた際、「強すぎる作品愛のためにかえってガチガチに緊張してしまい、不合格寸前のところで役を取った」というエピソードも。好きな作品のキャラを演じるのですから、緊張して当たり前ですよね。

エジプトのカイロ出身の占い師で、生まれながらのスタンド使い。ジョセフ・ジョースターの友人で、孫の空条承太郎を檻から出すため、そしてスタンドというものを理解させるために登場しました。かなり真面目で、敵スタンドについても詳しいチームのブレインと呼べる存在。

三宅さんのアヴドゥルは声質もピッタリとあっていて、聞いていて気持ちよかったですね。「マジシャンズ・レッド!」は三宅さんの声で再生されます。

宮前剣 『月刊少女野崎くん』

出典:https://www.google.co.jp

「月刊少女ロマンス」連載中作品『恋しよっ』の担当編集者。主人公の野崎にとても慕われています。無愛想さがクールに見えたことと、前担当であった前野の社会人失格ぶりとの落差がツボにはまったらしいですね。

担当漫画のメルヘンなイメージとは裏腹に、髭面小太りな男性。人嫌いで、仕事以外のことにほとんど興味を示さない上に会話嫌いの性格。それでも仕事は真面目にこなします。そこが前野との違いで、ストレスをためる原因に(笑) 

鷹岡明 『暗殺教室』

出典:https://www.google.co.jp

防衛省臨時特務部から烏間の補佐として、椚ヶ丘中学校に赴任してきた自衛官の男性。烏間の空挺部隊時代の同期でしたが、実績面で遥かに上回っていた烏間への劣等感を持っています。そのため、E組の司令官の座を奪い取って烏間を追い抜くことを目論んでいました。

をペロリと出す癖があるのが、イラッとくる男性。というのも表向きは甘い物に目がない温厚でお人好しな人物なんですが、その本性は防衛省でも「極めて危険な異常者」と恐れられているほど、凶暴で冷酷非道な超スパルタ主義者。舌出しただけでこの怖さ、還元されません。

とにかくギャップが怖すぎるキャラ。本性を出したときの声の怖さたるや、鳥肌が立つほどです。三宅さん、さすがの演技ですね。

スカー/ガーフィール 『鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST』

出典:https://www.google.co.jp

褐色の肌に赤い目、白い髪を特徴とするイシュヴァール人の男。 国家錬金術師連続殺人の犯人で、額に大きな十字傷を持つことから「スカー」と呼ばれていました。

イシュヴァール戦役で決行された「国家錬金術師によるイシュヴァール人殲滅」の生き残りで、一族を滅ぼした者たちへの殺人を重ねる復讐鬼です。そのため、主人公に敵対するキャラですが憎めないキャラでもあります。

性格は厳格で禁欲的、また復讐に囚われるが故にその気性の鋭さに拍車がかかっています。

アカギ 『ポケットモンスター ダイヤモンド&パール』

出典:https://www.google.co.jp

実は三宅さんは『ポケモンシリーズ』ではサカキを故・鈴置洋孝さんの後任でも演じられ、ポケモンの世界での悪役ボスといえば三宅さんの声となっています。ちなみにポケモンの声も演じており、ヒースやサトシのドンファン、コジロウのマーイーカも演じています。

シンオウ経済界の名士だったらしいが、いつの間にか新世界の創造を企むギンガ団のボスになっていたようです。伝説のポケモンであるディアルガとパルキアを呼び寄せて新たな宇宙を作り出し、シンオウ地方の消滅を目論んだが、サトシ達に阻止されます。

ボビー・マルゴ 『マクロスF』

出典:https://www.google.co.jp

マクロス・クォーターの操舵士にしてランカのメイク担当。見た目はゴツくてファンキーなオッサンだが、性格は女性そのもので、女子力の塊。基本的にオネェ言葉で話しますが、たまに素が出てそのギャップがステキです。

Twitterの反応

https://youtu.be/bayWTskaZXY三宅さんの本気!演技の幅がすごい

おわりに

三宅さんのアニメキャラクターをまとめてみましたが、どうでしたでしょう。

三宅さんはあの声の貫禄で誤解されがちですが、実はまだまだ若手の声優さん。これからもたくさんのキャラを演じ、演技に磨きがかかることでしょう。三宅さんのような低い声って貴重なんですよね。そのため、名わき役として活躍できる場が多いでしょう。これからも三宅さんの演技に注目ですね。