【ワンピース 白ひげ】隊長達は息子同然!そのかっこいい魅力や名言をまとめてみた!

四皇の一角でありかつてエースの父・ゴールドロジャーとも渡り合ったと言われる世界最強の海賊!!豪傑で人望あふれる船長であった白ひげを、性格や名言を中心にご紹介します!!

白ひげのプロフィール

出典:http://pic.prepics-cdn.com

本名:エドワード・ニューゲート

異名:白ひげ(他に「世界最強の男」という異名もある)

懸賞金:不明

所属:白ひげ海賊団

能力:グラグラの実(超人系)

出身地:不明

CV:有本欽隆

出典:http://dic.pixiv.net

「エドワード・ニューゲート」とは

出典:http://x28n.com

白ひげ海賊団船長で、かつての四皇の1人。笑い声は「グララララ」。誕生日は4月6日。原作や関連書籍、ファンの間などでも本名で呼ばれるより「白ひげ」と呼ばれることが多い。 かつて“海賊王”ゴール・D・ロジャーと唯一互角に渡り合った「世界最強の男」であり、2年前時点では最も「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」に近い男とされ、その伝説的・怪物的な雷名は世界中に轟いている。

常人の数倍の体を持つ大男で、全身に点滴のような管を通しており、周りに豹柄のタイツを穿いたセクシーなナース(SBSによればタイツは白ひげの趣味)が付き従っている。 ロジャーとの戦いを繰り返してきた中で、敵船の見習いだったシャンクスやバギーとは顔馴染みになっている。

性格

出典:http://livedoor.blogimg.jp

詳しい経緯までは不明だが、子供の頃から「家族」を欲しており、海賊になってからも財宝などにはほとんど目もくれなかった。海賊の家族である仲間を何よりも大切に思っており、船員や配下の海賊たちのことを愛を以て「息子」と呼び、エースをはじめ船員からは「親父」と呼ばれ、絶大な尊敬と恩義を抱かれている

例え敵に唆されて自らに牙を剥こうとも、その正体が仇敵の実の息子であろうとも、仲間として認めている者にその事を咎めたりするようなことは決してしない。戦闘力の高さだけでなく、そういった内面も伝説の海賊と呼ばれる所以の一つである。

その考え方より「仲間殺し」を唯一にして最大のタブーとしており、この鉄の掟を破ったかつての船員、マーシャル・D・ティーチだけは息子とは呼べないと本人に向けても語っている。

出典:http://file.onepiece.ria10.com

また、大の酒豪で、体に障るためナース達からは酒量を制限するように言われているが、意にも介していない。

名前の由来

出典:http://image.blog.livedoor.jp

実在した海賊「『黒髭』エドワード=ティーチ」であり、その他の性格などは作者の行きつけだった居酒屋の主人(故人)がモデルである。彼の台詞にも度々登場する「ハナったれ」や「アホンダラ」は、件の居酒屋の主人が実際に客に対して言い放っていたものであるという。

能力

出典:http://www.maniado.jp

「震動」のエネルギーを自在に操り、ありとあらゆるものを揺り動かす「地震人間」。 空間などを殴りつけることでその振動と衝撃を伝え、あらゆるものを粉砕してしまう超人系悪魔の実の中でも最強クラスの攻撃力を有する能力。海の付近で能力を行使すれば近隣の島々まで巻き込む大津波を引き起こし、大地を殴れば底の見えない巨大な地割れが発生するなど、あらゆる攻撃が正しく規格外の威力を誇り、「世界を滅ぼす力」とまで称される。

また、震動のエネルギーを直接相手の体に叩き込んだり、武器に纏わせて振り回したりすることも可能。直撃すればどんな武装も意味を成さずに破砕され、巨人族の海軍本部中将すらも一撃で沈んでしまう。例え拘束されても海楼石などで能力を封じなければ、内側から震動のエネルギーを流し込むことで拘束具を破壊してしまえる。一度進撃を開始した白ひげを止める手立ては皆無に近いと言える。

出典:http://blog-imgs-72.fc2.com

また、大気を掴み、文字通り天地をひっくり返してしまうこともできる。劇中では周囲の海ごと島一つを大きく傾ける程度(それでも尋常ではないことであるが)だったが、ゲーム作品などでは一瞬ながらも本当に天地がひっくり返り、敵が「空に落ちていく」というとんでもない光景を目にすることもできる。

絶大無比な破壊力と圧倒的な影響範囲のため、使いどころを間違えると味方にまで甚大な被害が及んでしまうのが最大にして唯一の弱点。そのため、白ひげが直々に戦場に出てくるのは稀である(これについては白ひげの体力的な問題もある)。また、いざ白ひげが戦闘を開始する場合はその戦闘に極力巻き込まれないように、仲間や同盟の海賊団は一時的に後退するのが暗黙の了解となっている。

出典:http://ks.c.yimg.jp

能力の他には武器として薙刀を愛用しており、シャンクスとの一戦では空を覆い尽くす暗雲を打ち割っていた。数百万人に1人しかその力を持てないという覇王色の覇気を持っている。

技らしい技は劇中では一度も使用することがなかった。ゲーム作品などでは一応名前の付いた技が幾つか登場している。

白ひげの懸賞金は・・・?

出典:http://pds.exblog.jp

白ひげの懸賞金は明らかになっていない。死亡しているのでこのまま明かされない可能性もある。が、ルーキーですら億越えしているため、低くても数十億はくだらないだろう。

白ひげの名言名シーン全集

出典:http://h-art.sakura.ne.jp

初登場はアラバスタ編と空島編の間という比較的早い時期だが、本格的に活躍が見られだしたのは自身の海賊団の船員であるエースの公開処刑決定に端を発するマリンフォード頂上戦争である。

同戦争では、海軍本部&王下七武海相手に奮闘し、一時はエース奪回までこぎ着けたが、追撃する大将赤犬によりエースは殺害され、自身も赤犬に顔半分を削り取られる(アニメではカット)重傷を負わされた。

その後、弱った自身を討ち取ろうと襲来した黒ひげ海賊団の襲撃を受けて致命傷を負い、最後は死を迎える寸前に「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」は実在すると言い残し、同時に自分を愛してくれた仲間達への感謝を思いつつ、仁王立ちのまま昇天していった。

出典:http://h-art.sakura.ne.jp

彼の遺体はシャンクスに引き取られて、新世界のとある島にエースと共に埋葬された。 受けた刀傷は267太刀、浴びた銃弾152発、喰らった砲撃は46回。しかしその背中には、一つたりとも逃げ傷がなかったという。

「仁義を欠いちゃあこの人の中は渡っちゃいけねェんだとティーチのバカに教えてやるのがおれの責任だろうがよ・・・・・!!!」

出典:http://full.mi.mixi.jp

シャンクスとの会話。ティーチは海賊船で最もやっちゃいけない罪、「仲間殺し」をやった男。それ故、ティーチの直接上にいたエースが制裁に乗り出しているわけだ。自分の船に乗せたからには、どんなバカでも自分の息子。

シャンクスに手を引けと言われて「判った」と引いたら、死んだ息子の魂はどこにいけばいい?と怒る白ひげ。そう言って眼を剥く渡世人・白ひげは、全く引く気配がない!

「バカな息子をそれでも愛そう・・・」

出典:http://xn--zcktc0dqa0c7959ah6we.com

スクアードは頂上戦争で敵(大将・赤犬)の誘導に引っ掛かり、自分の親分・白ひげを刺してしまう。刺された白ひげはスクアードに反撃するでもなく、叱るでもなく、抱き寄せて一言。「ばかな息子を、それでも愛そう」重傷を負った自分の事は二の次で、大事な息子の事を気にかけ、優しい言葉を掛けた。

「おれと共に来る者は 命を捨ててついて来い!!!」

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp

白ひげは能力で氷塊を壊して退路を作り「俺と共に来る者は命を捨ててついて来い!!!」と特攻をかける。 その一言で海賊たちの士気は最高潮になった。

「おれが親父でよかったか・・・・・・?」

出典:https://cdn.kaumo.jp

白ひげがエースと交わした最後の会話。まるで本当の親子のよう。

出典:http://pbs.twimg.com

「ずいぶん長く旅をした・・・・・・・・決着をつけようぜ・・・海軍!!!」

出典:http://inucherry.com

このセリフの前に、昔の白ひげと仲間の様子が一瞬描かれている。海賊が財宝に興味ないなんて一体何が欲しいんだと問われた白ひげ。白ひげが欲しかったもの・守りたかったものは、『家族』だったのだった。

かっこいい白ひげの画像・イラスト5選

みんなの親父

出典:https://pbs.twimg.com

海より深い愛情で息子たちを愛してたんだろうなあ…。

イケメンすぎる…!

出典:https://pbs.twimg.com

親父かっこよすぎて震える。絵から伝わる迫力がすごい…!

寝てる・・・!

出典:http://yaplog.jp

オヤジの寝てる顔かわいい・・・!

「宝箱に興味はないけど」

出典:https://pbs.twimg.com

オヤジがあの海で捜し物が見つかって本当に良かった。

素敵な笑顔

出典:https://pbs.twimg.com

この笑顔を見ているだけで幸せになれそうです。親父ーーー!大好きだーーーー!!!

まとめ

出典:http://pic.prepics-cdn.com

豪傑で人望あふれる船長であった白ひげ。その生き様、器のデカさ、そして深い愛情。本当に死んだことが悔やまれる、素晴らしい人物である。エースと供に、どうか安らかに眠って欲しい。