可愛い二等身キャラ小桜エツコが担当したアニメキャラまとめ

数々の人気で可愛い二等身キャラを演じている小桜エツコさんが担当したアニメキャラクターをまとめてみました。

小桜エツコとは

本名\t土門 久美(どもん くみ)

性別\t女性

出生地\t東京都

生年月日\t1971年2月22日(45歳)

血液型\tO型

身長\t148 cm

事務所\tリル・ポータ

配偶者\t土門仁(声優)

活動期間\t1991年 –

デビュー作\tチ / キ(『アッチ・コッチ・ソッチ』)

出典:https://ja.wikipedia.org

二等身キャラクター

わがまま☆フェアリー ミルモでポン!/ミルモ

本作の主人公。ミルモの里第一王子で恋の妖精、身長は10cmしかなく魔法をかけるときマラカスを振りながら「ミル・ミル・ミルモでポン!」とリズムに乗せながら唱える。性格は、かなりわがままでへそ曲がりで「ケツアタック」の必殺技をくらわしたりする。

チョコレートが好物でチョコ味の綿飴菓子もよく食べている。勝手に決められて自分では納得していない婚約者のリルムが居る。妖精国王審査会によって王様になる資格を認められそのリルムと結婚することになり不安が大きすぎてマリッジブルーに陥いってしまったが結婚式には笑顔になることが出来た。

ケロロ軍曹/タママ二等兵

ケロロ小隊の突撃兵で階級は二等兵、ケロロ小隊の突撃兵。地球侵略軍の先発隊新人隊員で小隊では最年少となっている。名前の由来は「オタマジャクシ」の「タマ」からでまだ尾っぽが付いているのが特徴。ニックネームは小隊のマスコット担当でパートナーは西澤桃華。

帽子とお腹に左右逆色の初心者マークが付いていて幼い印象があるが、お酒を飲みまくっているので地球人でいうと20歳前後ぐらいの感じだが年齢は推定3000才以上。男の子だが可愛いと言われたりブリッコなところがある二重人格。

ななみちゃん/ななみちゃん

身長77.7cm

体重7.77kg

木の実から生まれた不思議ないきもの。

「だいふく」が大好物である。

もっと嬉しい時はしっぽの先がピンク色になる。

落ち込んだり悲しくなるとしっぽが縮んでしまう。

出典:https://ja.wikipedia.org

衛星放送の番組開始から15年を迎えた時にバンダイのキャラクター研究所と企画会社ロボットが共同開発したキャラクターで犬のような不思議な生き物。7が3つということで「ななみ」と名付けた人が多く、視聴者から93,691通の応募の中から名前が決定した。

2004年から1話5分のテレビアニメが放送され、ことは別に「ななみちゃん劇場」も30秒スポットとして随時放送された。アニメの内容はななみちゃんと一緒に暮らす青葉家の家族とのほのぼのストーリーとなっている。

同局の番組の「ケータイ大喜利」ではゲストとしてななみちゃんが登場して視聴者から寄せられるセリフを生放送で読み上げるが普段のななみちゃんからは想像出来ない様な毒舌や似非関西弁のセリフが多い。

妖怪ウォッチ/ジバニャン

トラックに轢かれて死んでしまっただ猫が成仏できず地縛霊の猫妖怪。生前は「アカマル」という名前で左耳が缺けているのは轢かれた時の名残で尻尾を二本持ち顔は猫の執念深さを表現するため火の玉模様になっている。

チャームポイントは腹巻でこの腹巻には大好物のお菓子のチョコボーが最大15本も入る。アイドルグループ「ニャーKB48」の大ファン。必殺技は連続パンチを繰り出す「ひゃくれつ肉球」

著名人から奥義を勝手に伝授してもらっていて、「おフランスがえりの出っ歯さん」から伝説のポーズ『ニョエー』や『コマニャチ』『ニャイーン』など数々パクって習得している。現代の子供に爆発的な人気になったキャラクターで子供からすれば小桜さん=ジバニャンとなっている。

その他演じたキャラクター

クレヨンしんちゃん/桜ミミ子

アクション仮面のパートナー役の少女。ラインとスカートがピンク色でスカーフが緑色のセーラー服を着ているのが特徴で登場したと思ったら何時も怪人たちに襲われ人質にされてしまうがアクション仮面に助けられ勝利の際には共に「ワッハハハハ」と言っている。

兼ね役で劇場版「アクション仮面VSハイグレ魔王」だけに登場するアクション仮面のパートナー兼、北春日部博士の助手の桜ミミ子の双子の姉の桜リリ子も演じていてラインとスカートが水色でスカーフが赤色の色違いのセーラー服を着ているのが特徴。


逮捕しちゃうぞ/二階堂頼子

警視庁管轄下の警察署の墨東署の交通課に所属している夏実と美幸の同僚。年齢は23歳、身長155cmで眼鏡をかけている。問題のある署員が多いとされているが頼子もその1人で噂話や騒動が大好きでトラブルメーカー

まぐれと運だけで警察学校を首席で卒業しているので警察官としての能力は平均以下。しかし地域住民との交流を大切にしていて警視総監賞特別ローカル賞受賞したこともある。小桜さんが演じているアニメのキャラクターで人間の成人女性は珍しい役柄となっている。

あたしンち/石田ゆり

ユズヒコと同じ中学校に通うクラスメイト。かなり個性的な性格をしていて思春期の女子生徒達からはちょっと引かれているが、須藤ちゃんはそんな石田に関心していて普段から仲良く何時も一緒に行動していてユズヒコ達ともグループで仲良くしている。

ユズヒコは学年に好きな女子はいないが、1番石田に対して話しを面白がったり関心したりしていてユズヒコファンクラブの女子から羨ましがられている。運がよく自販機のジュースでよく当たりが出たりラジオでハガキが読まれてグッズを贈られたりしている。

かなり変人扱いされているが同じグループでいる子達にはそこが面白いと思われアニメは原作にないオリジナル回に石田が多く登場している。人からどう思われようが気にして無さそうなそぶりだが実は須藤ちゃんが友達になってクラスで楽しく過ごせたことに感謝していた。

Twitter

最後に

小桜さんも小柄で目がパッチリしていて演じているキャラクターの様な可愛らしい方で地声も何時もの聞きなれた声で、人気のあるキャラクターを演じる為の声を持って生まれたとしか思えない程魅力的です!これからもその可愛い声で明るいキャラクターを演じ続けて欲しいですね。