「だいちゅう」という愛称で呼ばれる水島大宙が担当したアニメキャラまとめ

ファンの方から名前を音読みした「だいちゅう」という愛称で呼ばれる水島大宙さん。一体どんなアニメキャラクターを演じてるのでしょうか。紹介していきます!

声優・水島大宙(みずしまたかひろ)さんってどんな人?

プロフィール

出典:https://www.google.co.jp

本名\t同じ

愛称\tだいちゅう

性別\t男性

出生地\t日本・神奈川県藤沢市

生年月日\t1976年6月14日(39歳)

血液型\tA型

身長\t174 cm

職業\t声優、歌手

事務所\tアクセルワン

公式サイト\tネコの手も借りました

活動期間\t2000年 –

デビュー作\t百眼魔王の手下

出典:https://ja.wikipedia.org

水島さんは大宙を音読みして「だいちゅう」とよく呼ばれ、愛称にもなっている声優さん。家では長毛種のネコを飼っているそうです。岸尾だいすけさんと「だいず」というユニットを組んでいます。

爽やかな声色で、穏やかな青少年や冷静な二枚目キャラを演じる事が多い声優さんです。

声優として演じたアニメキャラまとめ

ロロ・ランペルージ 『コードギアス反逆のルルーシュR2』

出典:https://www.google.co.jp

ルルーシュの自称」。体感時間を停止させるギアスを持つ。しかしそれには心停止の副作用が。幼少期にV.V.によって拾われギアスを発現、その能力によってギアス嚮団で暗殺を生業していました。

それまで任務をこなすことだけを考えて生きてきたが、弟としてルルーシュに接する中でもらった「誕生日のプレゼント」のロケットに異常なまでに固執し、籠絡されてからは自分の未来を約束したルルーシュに思慕の念を抱き、尽くそうとする少年。

ロロはナナリーに嫉妬を抱くこともあり、暴走することも多かったですが、それでもかわいそうな子というイメージが強いですね。最後までルルーシュに尽くしたロロ。力尽きるつきの水島さんの演技は思わず涙がでるほどでした。

八重樫太一 『ココロコネクト』

出典:https://www.google.co.jp

本作の主人公。山星高校に通う男子高校生。プロレスが引くほど好きな男の子で、熱が入ると勝手に語り始めたり周りは誰も分からないのに喩えボケをし始めたりするほど。好きなことを語るのに熱が入るのはわかりますが、わからない人を置いてけぼりにするのはダメですね(笑)

稲葉姫子から「自己犠牲野郎」と言われているように、他人が苦しむところを見ると放っておけない性格。そうした、「度が過ぎたお人好しさ」は異常現象の中で起こる亀裂を乗り越える原動力となっています。

基山ヒロト 『イナズマイレブン』

出典:https://www.google.co.jp

エイリア学園最強のハイソルジャーにしてチーム「ザ・ジェネシス」のキャプテン。主人公円堂の友人。 ヒロトは父がきっかけでサッカーを始めたが、サッカーが好きな円堂と違って彼には必要に迫られてのこと。

円堂と交流するうちにいつしか楽しいサッカーをしたいと思うようになりますが、陽花戸中で雷門イレブンと行った試合は相手を傷つけるだけで望んでいたものではありませんでした。 肌色は色白を通り越して蒼白でサッカーしていて大丈夫なのか!と心配になるほど。

椿大介 『GIANTKILLING』

通称バッキーとして愛されるキャラクター。昨季までサテライト所属であったが、主人公の達海猛に素質を見い出され、スタメンとして起用されることに。傑出した俊足とスタミナを生かした前線への飛び出しが最大の武器。

心優しい性格ですが、重度のチキンで、好不調の波が激しいのが欠点。本人も精神面の弱さによって安定感に欠けることを長年コンプレックスに感じ「自分を変えたい」と考えており、この想いが同時にパワーの源となっているといえます。

内田文明 『世紀末オカルト学院』

出典:https://www.google.co.jp

2012年の未来からやってきたタイムエージェント。かつてはスプーン曲げを披露し、超能力少年“ブンメー君”として一世を風靡したが、未来ではその能力は失われています。1999年の学院に、社会科教師・安倍実として赴任。

マヤとともに「ノストラダムスの鍵」を探すが、ヘタレな性格が足を引っ張ることもしばしばでしたが、憎めない性格をしており好きな女性の前では見栄を張る場面も。しかし、物語終盤では命をかけて世界を守るほど成長をみせました。

古市貴之 『べるぜバブ』

出典:https://www.google.co.jp

主人公男鹿の親友で、不幸体質。とにかく男鹿に大事に巻き込まれますが、なんだかんだで男鹿のことを大事に考えており、力になるいい友人です。女好きのフェミニストですが、顔はいい方なのにたぶん男鹿のせいで彼女はできたことがありません。

喧嘩は強い方ではなく、作中でも自分で手を加えることは滅多にありません。男鹿の喧嘩に巻き込まれて捕まる、殴られる、逃げるなど不運な立ち位置。一方で策を考えるのは得意で参謀的立場といえます。

高松 『AngelBeats!』

出典:https://www.google.co.jp

死んだ世界戦線(SSS)」メンバーの一人で参謀役であり、丁寧な物腰で敬語を使って話します。その態度と常に眼鏡をかけていることでいかにも知的に見えますが、ゆり曰く「本当はバカ」。その言葉通り、彼のバカぶりを決定づけするシーンが。

周囲の目を引き付ける必要があったとはいえ、突如着やせするタイプと言って筋骨隆々な身体をさらけ出し、その後ずっと脱いだままでいたというバカぶりを発揮しました。むしろこの方が愛着がわくので、キャラ付けから言ったら成功なのでしょうが、残念なイケメンとして定着してしまいましたね(笑)

高城丈士朗 『Charlotte(アニメ)』

出典:https://www.google.co.jp

上記高松の生まれ変わりかと噂されるほど似ていることで話題になったキャラです。容姿はもちろん、筋肉ムキムキなところを披露するところまで一緒って…。高松そのものですよね(笑)

瞬間移動=高速という特殊能力の持ち主だが、静止と方向転換ができずに大怪我を負ってしまう事がしばしば。能力的にはすごいものなのですが、欠点も多いので使うのに躊躇してしまいますね。

Twitterの反応

https://youtu.be/784YRF9rYxs歌も上手い水島さん。歌声かっこよすぎる!!

おわりに

水島さんのアニメキャラクターをまとめてみましたが、どうでしたでしょう。

水島さんは演技の幅が広く、ギャグのシーンになった時とシリアスな雰囲気の違いに驚いたり、そのギャップと切り替えが魅力的な声優さんです。これからも水島さんの演技に注目ですね。