実はアッチ系??オトメン西山宏太朗が担当したアニメキャラまとめ

新人声優・西山宏太朗さんがこれまで担当されてきたアニメのキャラをまとめてみました。

西山宏太朗さんとは??

愛称:こうちゃん、こーちゃん、ジャス山、にこ、コウタロス、コータロー氏、たろり、にしり山

性別:男性

出身:神奈川県

生年月日:1991年10月11日

血液型:B型

身長:177cm

職業:声優

事務所:81プロデュース

【活動】

活動期間:2011年~

出典:https://ja.wikipedia.org

声優活動

西山さんは、小学校のころから声優かアナウンサーか漫画家を目指していたとのことです。ただ、中学生の頃はバスケットボール部に所属していて、中学生の頃、友人から「声が特徴的だから、声優になってみたら?」と勧められたことで、高校に入学してから毎年8月に開催している81オーディションに参加し、特別賞を受賞し養成所に入って、2011年5月から81プロデュースに所属されています。

ユニット活動も精力的に行っていて、若手声優ユニット「soffive」のリーダーをしたり、入江玲於奈さんと谷口悠とともにエンターテイメント集団「大井町クリームソーダ」を発足して大井町クリームソーダ2号として活動しています。

担当したアニメキャラまとめ

2011年から活動している西山さんのこれまで担当されてきたアニメキャラをまとめていきたいと思います。

『ジュエルペット マジカルチェンジ』雲母朔太郎

まずは、女の子たちの人気ものジュエルペットシリーズで、主人公あいりのお兄ちゃんを演じていましたね。この作品は、魔法を取り扱っているのですが、朔太郎くんは「科学の力は魔法に勝る」と信じていてルビーたちの魔法の結果を小馬鹿にしています。科学を盲信している点を除けば良識的で、ペット達とも仲良いんですけどね。

今回紹介の画像は、普段の朔太郎くんの姿で無く、眼鏡をはずした姿をチョイスしました(笑)メガネかけているときと外した時のギャップがありすぎて、あいり達に気付いてもらえないほどの美少年になってしまうので別人として扱われている不憫な子です。

『ハイキュー!!』成田一仁

烏野高校のメンバーの中では、個性的なメンバーが多い中、2年の木下とともに存在感がないのですが、稀に日向・月島の代わりに試合に出場します。菅原とのコンビネーションの相性は抜群に良いんですよ。アニメでも、審判をやったり、日向と影山が不調の時、メンバーチェンジで代わっていましたね。

今後のハイキュー!!本編でも秋の3期でもきっと活躍してくれることを願っています。

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

『美男高校地球防衛部LOVE!』鬼怒川熱史

『地球防衛部』 別名「何もしない部」のメンバーが、ウォンバットさんの出現により、愛の戦士「バトルラヴァーズ」に変身して、本当に地球を防衛する羽目になってしまうという壮大たるストーリーの中で紺色の髪で、アホ毛が生えている眼鏡キャラの部長を演じていましたね。  

真面目な性格で、防衛部のツッコミ担当として、活躍していました。事なかれ主義な面があり、対人関係のトラブルとなることがままあるキャラでした。防衛部は、人気がありすぎて2期が決まっているぐらい。楽しみですね。

尊敬している先輩に柿原徹也さんを挙げているんですが、鬼怒川くんに決まった時、激励をされ支えになったというエピソードもあります。

『探偵チームKZ事件ノート』上杉和典

サッカーチームKZのチームメイトで薄茶色の短髪に眼鏡をかけている少年ですね。数学のエキスパートであり「数の上杉」と呼ばれています。その優れた計算能力を生かし状況分析や判断力に長けた「KZ」の頭脳担当で常に冷静沈着な理論派で、どこか客観視してぶっきらぼうな言動が特徴的です。その反面なかなか素直になれない性格で、無意識に周りを巻き込まない様にしたり、慌てたりすると眼鏡をいじる癖もあります。

こう書いてて、思ったのですが、西山さんも関わっているから敢えて言わせてもらうとハイキュー!!のツッキーに外見もですが、性格も似ていて驚きましたね(笑)そして、それを西山さんが!!とおもいました。

『ハルチカ〜ハルタとチカは青春する〜』岩崎浩二/岩崎部長

岩崎部長が出てきたのは、草壁先生が他高の吹奏楽部のために指揮をふっていて倒れた時に謝りに来た部長さんでした。状況把握のために話していたのが、ほぼメインだったのですが、  ジャバウォックの鑑札の時も出てきましたね。いい人だなって雰囲気のキャラで、是非もっともっと、出てほしかったです。

是非2期を!!ハルチカシリーズは、アニメとか映画とかの話が全く出ていない時からのファンなので、アニメ化は心配していましたが、ストーリーの運び方やキャラがしっかり生きていたので、嬉しくなりました。なによりも幼馴染の男女ハルタとチカが同じ人(草壁先生)を好きになるという恋愛模様も描かれていますから(笑)

最後に

2011年から活動と言うことで、まだ伸び盛りの声優さんですが、2015年から主要キャラを演じる機会が増えてきたなと、まとめてみて感じました。アニメの他にも、ラジオや事務所の先輩、

江口拓也 さんの番組『江口拓也の俺たちだって癒されたい!』でアシスタントを務めていたのですが、そこで中村悠一さんや杉田智和さん、安元洋貴さんという先輩方に、おねえだと弄られていましたね。

そうなのか、否なのかは、これから西山さんが活躍していくにつれ、白黒またはグレーはっきりする事でしょう(笑)