文武両道・完璧美少女優等生の正体はブラコン魔術師?黒桐鮮花【空の境界】

空の境界における主人公の黒桐幹也の妹、黒桐鮮花の魅力や情報を徹底分析しました!

黒桐鮮花プロフィール

出典:http://wallpaperboys.com

黒桐幹也の実の妹。第六章「忘却録音」では幹也に代わり両儀式の相方を務める。

ある事情から幹也とは長年離れて暮らしていたが、式が目覚めたことを聞きつけたことから、礼園女学院に転入しさらに知人であった蒼崎橙子に弟子入りする。

兄である幹也に恋心を抱き、それゆえに式を恋敵として敵視しているが、当の式は眼中に無かったりする。

出典:http://dic.pixiv.net

黒桐鮮花の起源って?

起源の由来と鮮花の「禁忌」

出典:http://matome.naver.jp

空の境界のメインテーマともいえる「起源」。つまるところその人物の核となる根源であり、辿る道ともいえるいわば定められた宿命のようなものを起源と呼びます。鮮花の起源は「禁忌」です。

禁忌的恋愛

彼女の起源がいかにして影響を及ぼしているのでしょうか。その答えは鮮花の兄である幹也にあります。鮮花は幹也の実の妹であるにもかかわらず、一人の女性として「恋」をしてしまっているのです。

家族が、ひいては兄弟が恋愛感情や結婚などをすることは、一般的には禁忌とされています。化学的な理由としては、近い遺伝子を持つ人間同士が子供を産むことで、染色体構成に異常が起きやすいためです。鮮花の起源はここからきているのです。

幹也への異様な執着

出典:http://ord.yahoo.co.jp

空の境界に登場するメインキャラクターには、特徴する点があります。それは、どのキャラクターも「異常性」を人格のどこかにもっていることです。文武両道な美少女であり優等生で通っているはずの鮮花も例にもれません。

まず、自身を幹也に妹ではなく一人の女として見てもらう為、幹也と離れて生活をし妹として意識されることをやめさせるという手段に出ます。超難関高校である礼園女学院の入試をトップで通過し、礼園の寮へ入寮するのです。

実兄への恋心の為に、超難関校をトップの成績優秀者として入学することなど、歪んだ人間にしか無しえない技です。兄への異常な執着が鮮花の起源であり異常性といえます。

幹也に執着し続けた結果

さらには兄・幹也に近づく式に対抗するため魔術師である橙子に弟子入りするなど……。魔術の適正はあまりないそうですが、火を使うことに一番向いているそうです。

そんな歪んだ部部が鮮花の魅力であるといえるでしょう。兄である幹也以外を選べば、殆どの男性が鮮花に振り向くでしょうが……。そんなハイスペックな妹に起源から思われている幹也、うらやましいような大変そうな、ですね笑

忘却録音にて発揮された、黒桐鮮花の「かかと落とし」の威力

第六章・「忘却録音」の戦闘シーンにて、まさかの……



空の境界 6「忘却録音」 かかと落とし礼園女学院の生徒たちが、妖精に触れられることで記憶を失い倒れてしまうという事件が勃発。これを静観することができない鮮花と、橙子によって礼園に派遣された式は、2人で調査を行うことに。

(記事本筋と少しそれますが、式は鮮花の事を結構気に入っているのです。そのため、2人で同じ寝室で寝ることもありました。鮮花は式に幹也をとられまいと、式の事を敵視していますが……笑)

調査をしていくなかで、玄霧という教師と、昨年度まで生徒会長を務めていた礼園を統率する黄路財閥の次女・黄路美沙夜が黒幕なのではと狙いをつけます。式は玄霧と、鮮花は美沙夜と交戦することになり、戦闘シーンへ至ります。

★魔術師なのにまさかの「かかと落とし」伝説の戦闘シーン

黄路美沙夜を聖堂にて見つけた鮮花。式と鮮花の狙い通り、妖精を率いていたのは美沙夜でした。「よくここまで辿りついたわね」と挑発するような美沙夜に、鮮花は魔術を使役し戦闘を挑みます。

妖精たちから放たれる攻撃に苦戦しつつも、鮮花も橙子に習っている得意の”炎系”魔術にて応戦。そして美沙夜と交戦しながら、妖精を次々に無力化していきます。焦る美沙夜、そして彼女を操っていた不気味な植物が姿を現しました。植物なら炎魔術で!と読者・視聴者の皆々様全てが思ったと思います。

そんな期待を裏腹に、真の黒幕である植物に対して鮮花は、「しつこい!!」と叫びながら「かかと落とし」をなぜか叩き込んだのです。鮮花の必殺は、どうやら魔術ではなく体術……しかもかかと落としでした。「魔術とは」というタグが、様々な動画につけられたのはお約束。

出典:http://pbs.twimg.com

黒桐鮮花の可愛い・壁紙にも使える画像

鮮花のみの画像

出典:http://e-shuushuu.net

炎魔術を使役して、舞うように戦う鮮花。鮮花のストレートで一途、情熱的な所や幹也への気持ちは良く考えると炎のようですよね。炎に包まれながら敵を倒していく鮮花はまさに鮮やかで格好良いです。

鮮花は、魔術を極めたいために橙子の弟子になった訳ではなく、幹也との恋を叶える目的のための手段として魔術師に弟子入りした、いわば珍しいタイプの魔術師です。

出典:http://e-shuushuu.net

ウインクと一緒に魔術を使用する鮮花。礼園女学園の制服と青い瞳がとても可憐です。鮮花らしい勝ち気で自身に満ち溢れた表情が特徴的ですね。

後ろの背景が聖堂になっていることから、忘却録音での戦闘シーンを思い出しますが、どう考えてもウインクできるような状況ではありませんでしたよね笑 シチュエーションは少し気になりますが、美しい絵です。

出典:http://e-shuushuu.net

メイド服姿に身を包んだ鮮花。妹属性でさらにメイド服、お給仕までしてくれたら、大抵の兄は落とせるような気がしますが、幹也は全くなびかないでしょう笑

それにしても青いメイド服が良く似合っています。長くてきれいな黒髪を持つ鮮花は、青色や紺などの清楚な色や、はっきりとした色合いがとても似合います。

出典:http://e-shuushuu.net

幼少期の鮮花と、自分の起源を知ってしまった時のあのシーンです。忘却録音では、今までサブでしか出て来ていなかった鮮花を主体的に取り上げてくれて、彼女の魅力がとても伝わってきましたよね。

妹でありながら幹也の事を好いてしまっている、それも恋愛感情で。そんなことに気付いてしまった鮮花は(きっと頭の良さから勘付いてしまったのでしょうが)ショックと同時に喜びもあったと思います。

空の境界は本当に登場人物の心理描写が深く、繊細に描かれている魅力的な作品ですね。

出典:http://e-shuushuu.net

制服に身を包んだ鮮花。鮮花はミニスカートや露出計の衣装よりも、制服やロングスカートなどの叔女のような洋服が似合います。勝ち気なお嬢様とはまさに彼女の事でしょう。

鮮花+他キャラの画像

出典:http://e-shuushuu.net

黄路美沙夜と黒桐鮮花。彼女たちが対峙したのは礼園の聖堂でした。此方の画像は1章の俯瞰風景で登場し、式と霧絵が戦闘をした小川ビルの屋上にも見えますね。

怪しげな雰囲気と、赤く染められた礼園の制服が美しいです。勝ち気な鮮花の表情も素敵です。

出典:http://tsundora.com

鮮花と式。この二人は犬猿の仲に見えますが、式は結構鮮花を気に入っていて信頼しています。鮮花も鮮花で、幹也の事を勘定にいれると式は許せない存在なのですが、性格的にはむしろ好いているようです。

もちろん式に対してはツンツンな態度をとり続けますが笑 そんな鮮花も可愛らしいですよね。

出典:http://tsundora.com

式・橙子・鮮花で初詣でしょうか。式の髪型がギャルっぽくて驚きました。橙子さんはそもそも着物を着るのか不思議な所です。鮮花は大きなお団子とめずらしく赤い色を着ていますね。

この3人と初詣に行ったら騒がしくなる事間違いなしでしょう。+αで幹也がいたらさらに大変なことになりそうです。

出典:http://tsundora.com

鮮花と式。魔術を使役する物と、それに対なる者。式と鮮花は対照的に描かれている所があると思うのはライターだけでしょうか。

共通した黒髪ですが、ショートの式とロングの鮮花。どちらも幹也に対して向ける執着は同じくらい強いのですが、どこか方向性は違います。二人には幸せになってほしいものですが、幹也とむすばれたのは……。

さいごに

出典:http://yukkuriaruite3.seesaa.net

文武両道なブラコン美少女魔術師、黒桐鮮花をご紹介させて頂きました。記事を読んでいただければ分かりますが、彼女は一癖も二癖もある、いわば味のあるキャラクターです。

完結編である未来福音が放映されてしまったので、鮮花が今後登場することはなかなかないと思いますが、ノベル版やアニメ版を視聴し直す際には、是非彼女にも視点を当てて見返してみて下さいね!