少年声から低音ボイスへ声変わり?佐々木望が担当したアニメキャラまとめ

『幽☆遊☆白書』の浦飯幽助のような少年ボイスから、『テニスの王子様』の亜久津仁のような低音ボイスの変化した男性声優の佐々木望さん。アニメでは他にどんなキャラクターを演じているのでしょうか。紹介していきます!

声優・佐々木望さんってどんな人?

プロフィール

愛称\t王子、望さん

性別\t男性

出生地\t日本・広島県

生年月日\t1967年1月25日(49歳)

血液型\tO型

身長\t160cm

事務所\tフリー

活動期間\t1986年 –

デビュー作\t短鬼(『ドテラマン』)

出典:https://ja.wikipedia.org

男性アイドル声優の先駆け的存在で、1986年に『ドテラマン』(短鬼役)で声優デビューしました。1980年代末~1990年代前半にかけて、女性ファンから圧倒的な人気を博しました。「鎧伝サムライトルーパー」人気から派生した声優ユニット「NG5」では、1989年の結成当時、爆発的な人気を集めました。 

かつてはかなり高めの声が特徴であったが、経歴を重ねるにつれ低くなっていますよね。まるで別人のように変わっているので、どちらも魅力的な声ではありますが、一体何があったのか?と驚きの声は多いです。

本人は「叫びの多い役とライブが重なったことで喉が炎症を起こし、スケジュールの調整がきかず、仕事を続けた結果悪化した。若い頃からの発声法に無理があったと指摘され、トレーニングをして発声法を変えていった」と語っています。

声優として演じたアニメキャラまとめ

浦飯幽助 『幽☆遊☆白書』

出典:https://www.google.co.jp

佐々木さんの代表キャラの一つです。声がまだ高く、少年ボイスの佐々木さんの声は幽助の声にあっていましたね。『幽☆遊☆白書』の主人公。喧嘩好きで、タバコやパチンコをやり、(アニメではカット)授業はサボりまくり理科のテストで12点を取るような不良少年だが根は真っ直ぐで、仲間思い。

霊界の手違いにより、物語冒頭で死んでしまうことに。しかし、さまざまな試練ののち、生き返らせてもらう代わりに「霊界探偵」となって働くことになります。
https://youtu.be/uHnwY3ZD_dA佐々木さん歌上手すぎです!少年ボイスもやはりステキ

大空翼※青年期 『キャプテン翼J』

出典:https://www.google.co.jp

サッカー漫画の金字塔の『キャプテン翼』の主人公の青年期を佐々木さんが演じています。「ボールは友達」は有名な翼の名言ですよね。小学生で「オーバーヘッドキック」、中学生で「ドライブシュート」をマスターするなど、ずば抜けた身体能力とセンスを持っていました。

日本代表ではA代表を除く各世代でキャプテンを務め、事実上、本編最強最高のエースストライカー

毛利伸 『鎧伝サムライトルーパー』

出典:https://www.google.co.jp

1990年代はじめに特に大きなお姉様方の絶大な支持を獲得したアニメです。いつの時代もお姉様方はアニメに影響を与えていますね。主要キャラ5人で結成された声優ユニットの先駆け「NG5」は大人気でした。

毛利元就の子孫で「信」の心を受け継いだ鎧戦士。水の鎧「水滸」に武装します。他のトルーパー4人より一学年上(生まれ年は同じ)で趣味は料理、ということで世話役やお兄さん的ポジション扱いされることが多いのですが、腹黒い一面も。

柊沢エリオル 『カードキャプターさくら』

出典:https://www.google.co.jp

小学生の声も演じられていた佐々木さん。イギリスからの転校生で、クールと陽気が一緒になったような性格をしています。

ふだんは、優等生のようなまじめな態度をとっており、さくらに割りと気のありそうな素振りを見せていたため、実際にさくらに惹かれていた李小狼からは一方的に敵視され張り合われていました。

亜久津仁 『テニスの王子様』

出典:https://www.google.co.jp

少年といわれる年齢の亜久津ですが、佐々木さんの低音ボイスがピッタリあっていました。山吹中三年。すべてのスポーツにおいて頂点を目指せるほどの理想的な筋肉の持ち主でテニス界十年に一人の逸材

暴力で相手をねじ伏せる極悪人として登場したため、当初は卑劣な言動が目立ちます。しかし、意外と後輩の太一に優しい一面を見せたりと実は優しく、面倒見のいい一面もあり、憎み切れないキャラですね。一部では「白菜」と呼ばれ、愛されています。

月光ハヤテ 『NARUTO』

出典:https://www.google.co.jp

中忍選抜第三試験予選の審判を務めた特別上忍。青白い顔で、常に咳こんでいるのが特徴です。佐々木さんのせき込む演技うまかったですね。戦闘では剣術を使用し、影分身と併用した「三日月の舞」を得意としていました。

登場し、すぐに戦闘で殉職したキャラですが、意外と人気の高いキャラでもありました。もっと活躍がみたかったですね。

メロ 『DEATHNOTE』

出典:https://www.google.co.jp

ニアと同じくLの後継者候補の一人で、No.2の位置。ニアには劣るが優秀な頭脳と、ニア以上の卓越した行動力を持ちます。活動的で大胆な性格。自分より優れた者(ニア)に対しては徹底して対抗心を見せる、負けず嫌いな人物でもあります。

それにしても、声についてもニアとだいぶ違いますよね。ニアはタッチの南で有名な日高さんが演じていました。どうやらニアは女性らしいキャラ、メロは悪役面で描かれているようですね。佐々木さんのメロの声は、すごみがありかっこよかったですね。

ヨハン・リーベルト 『MONSTER』

出典:https://www.google.co.jp

本作のキーパーソンインパルスの板倉がヨハンになりきるコントを演じていました。「エンタの神様」を見ていた方はそこからキャラを知った人もいるのでは?

金髪碧眼、完璧な頭脳と美貌を持つ。天馬賢三が追い続ける、人並外れた頭脳とカリスマ性を持つ“怪物”。子供の頃から驚異的なカリスマ性を持ち、天才的な洗脳者にして扇動者。幼い頃から人の心に入り込み、相手を思いのままに操る術を備えていました。人の命を何とも思っていない、冷酷無比な殺人鬼

島鉄雄 『AKIRA』

出典:https://www.google.co.jp

叫び声、気弱な声からの凶悪な声とのギャップと佐々木さんの演技力の高さに驚いたキャラですね。金田の幼馴染み。金田チームと暴走中、タカシと衝突事故を起こした事がきっかけで超能力に覚醒。能力の爆発的な成長によりアキラに迫る力を手に入れ世界を翻弄します。

喧嘩も強くリーダー格の金田に対し、幼少の頃から絶えず劣等感を抱き、自分が金田を始めとする仲間から庇護される弱い存在であることに不満と絶望を抱いていました。能力に覚醒した後は、それまでのおとなしかった性格が一変して凶暴な性格に。

Twitterの反応

おわりに

佐々木さんのアニメキャラクターをまとめてみましたが、どうでしたでしょう。

佐々木さんは声が変わり、少年ボイスとして活躍していた声はもう難しいかもしれません。しかし、今の低音ボイスもとても魅力的で、演技力もどんどん増してきている魅力的な声優さんです。これからも佐々木さんの演技に注目ですね。