【文豪ストレイドッグス 太宰治】自殺愛好家!?変人なのにかっこいいその魅力とは?

大人気コミック・「文豪ストレイドッグス」で物語の鍵を握る重要人物・太宰治。自殺愛好家だったり女にだらしがなかったりの変人だけれど、その過去には色々秘密が…? 複雑に絡み合う人間関係も含めてその魅力に迫ります!

太宰治のプロフィール

出典:http://nijimen.net

年齢:22歳

身長:181cm

体重:67kg

血液型:AB型

誕生日:6月19日

好きなもの\t:自殺、酒、蟹、味の素

嫌いなもの:犬、中原中也

CV:宮野真守

出典:http://dic.pixiv.net

主人公の中島敦が出会った(というよりは入水していたのを発見した)人物で、敦の探偵社への入社を斡旋してくれた。それ以来何かと敦に目をかけている。常に飄々としていて、その真意はいまいち掴みづらい。国木田曰く「包帯無駄遣い装置」。

熱心な自殺愛好家で様々な自殺方法を試しているが未だ死ねていない。主によく川を流れており、「いい川」を見つけると見境なく飛び込む始末。周囲もそれを放置している。その他、室内でも梁を見て首吊りの算段をすることも。が、本人曰く「苦しいのは嫌」。

しかしそんな太宰だが実力は折り紙付きで、頭脳と能力を駆使し幾度となく敦たちの危機を救う場面も。その実力は未だ底が見えない。

謎多き太宰の「過去」

出典:https://twitter.com

武装探偵社において太宰の前職は七不思議として扱われており、今まで誰もその正解を言い当てたことはない。ちなみに最初に当てた人間への賞金は70万にまで膨れ上がっている。

その真実は、なんと敵対組織である「ポート・マフィア」の元・歴代最年少幹部であり、マフィアの中でも危険度の高い殺戮者・芥川のかつての師だった…! ちなみに彼がマフィアを辞め入社に至るまでの経緯は小説1、2巻で詳しく語られている。

一度は闇社会を生きただけあって事情通である。また彼の本性なのかは不明だが、冷酷かつ残虐に人を殺めてきた過去もほのめかされている。太宰が尋問を担当して口を割らなかったとも…。コミックス6巻では「マフィア幹部に戻らないか」という誘いを受け、それを断っている。

ちなみにマフィア時代から続く因縁も多く、敦を除けば主要キャラクターの人物関係のほぼ中心にいると言っても過言ではない。

元ネタ・文豪「太宰治」とは

昭和期(戦前~戦後)に活躍した無頼派・新戯作派とも呼ばれる小説家。生前に二度、心中を試みいずれも失敗したが、最期は心中を完遂。退廃的なイメージが強いが、エンタメ性の強い作品も多く残した。人間の内面の弱さを繊細に描き出す作風には未だに心を奪われる若者が後を絶たない。

代表作は「人間失格」「走れメロス」「斜陽」「御伽草子」「ヴィヨンの妻」など多数。 作品はこちらからも読めます→http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person35.html#sakuhin_list_1

※ちなみに完全に余談ですが、この記事を書いてる人は太宰先生の大ファンなので、どこまでもしつこく宣伝します。太宰治はいいぞ。

太宰治の異能「人間失格」とは

出典:http://bungostraydogs.data-site.info

例外なくあらゆる異能力を無効化する能力。使用者または異能そのものに触れることで発動する。精神操作等、直接影響する異能も無効化できる。能力名の由来は元になった文豪・太宰治の作品名から。

無効化というのは異能力の中でも異質な能力であり、使い方によってはこの能力だけで異能力者組織がひとつ潰せるとも言われるほど。どんなに強い能力の持ち主でも太宰の前ではただの一般人同然である。

ちなみに逆に言えば太宰が「無効化できない能力」異能ではない。その例として挙げられるのは組合(ギルド)のラヴ・クラフトだが、結局彼が何者だったかは最後まで明かされることはなかった(大いなる旧支配者の名状しがたい何か、としか…これ以上突っ込むとSAN値が下がりそうだ)。

太宰治の声優は宮野真守! ネットでの反応は?

宮野真守とは

出典:http://topicks.jp

宮野 真守(みやの まもる、1983年6月8日[1] – )は日本の声優、俳優、歌手、ナレーター。劇団ひまわりとキングレコード(キング アミューズメント クリエイティブ[2][3])に所属。埼玉県出身[1]。公式ファンクラブは「Laugh & Peace」。

出典:https://ja.wikipedia.org

若い女性に大人気のイケメン声優・宮野真守さん。アニメ好き、声優好き女子に宮野さんを知らない人はいないのでは!?というほどです。声優としての活動の他に歌手としても精力的に活動しています。

宮野真守の代表作といえば「DEATH NOTE(夜神月役)」「機動戦士ガンダム00(刹那・F・セイエイ役)」「うたの☆プリンスさまっ♪(一ノ瀬トキヤ役)」「K(伏見猿比古役)」など。いずれも人気作の人気キャラクターばかり!

その演技力たるや圧巻で、爽やかなイケメンから屈折した闇を抱える気難しい男子まで役の幅は様々。個人的にはひねくれた性格の役を演じているときの宮野さんが一番好きです。宮野さんがどんな太宰さんのお芝居を見せてくれるのか楽しみですね!

ネットではどんな反響が?


概ね高評価といった感じです。先行上映に参加したファンも納得の様子。さすがですね! ところでスタッフ陣の影響か、桜蘭の環やスタドラのタクトといったつぶやきもちらほら…?

PV第二弾でものっけからしゃべっている太宰さん。アニメ本編が楽しみですね…!

犬猿の仲!? 過去に因縁がありそうな中原中也との関係って?

元・相棒

出典:http://ameblo.jp

文ストの太宰を語る上で欠かせないのが「中原中也」の存在です。初登場時には捕縛された太宰を見て「最高な眺めだ」と語り、対する太宰もそれに「うわっ最悪」と返す険悪(?)ぶり。二人はお互いにお互いが気に食わない、嫌いで仕方ないそう。

プロフィールの「嫌いなもの」欄にまでお互いの名前が挙がるというほどの犬猿の仲の二人は昔、太宰がマフィアにいた頃にコンビを組んでいました。その当時の二人は「双黒」と呼ばれ、黒社会最悪の二人組と恐れられていたとか。

実際、8巻で二人が共同戦線を張ったときも、お互いに嫌味と憎まれ口の応酬ながら戦闘の息はピッタリでした。中也曰く、太宰を殺すのは自分――。コンビの二人にしか分からない何かが、二人を衝突させているのでしょうか?

双黒の真骨頂――『汚濁』

出典:http://nichijozaga.blog.fc2.com

中也の異能の真の姿とも言うべき「汚濁」ですが、これを発動させるためには太宰のサポートが必要不可欠。発動すれば強大な力を得ますが暴走してしまい、そのまま放置すれば死に至る――それを止められるのは無効化の異能を持つ太宰だけです。

つまり汚濁は中也と太宰が二人でセットのときのみ使える大技なのです。これを使って一晩で敵対組織を建物ごと壊滅させたことがあるとか…。たとえ嫌い合っていても相手を信頼していなければ使えない技といえるでしょう。

今は敵対する組織に所属する元相棒の二人ですが、個人間でもその仲の悪さは一級品です。今後もまだまだ二人の因縁について本編で語られることがあるはず…? また共闘することもあるのでしょうか…

太宰治のかっこいい画像まとめてみた!

出典:https://twitter.com

飄々としてあっけらかんとしているのに、誰よりも先を見ているところが太宰さんの魅力であり怖いところ。つかみどころがなさすぎる…?

出典:http://pixiv.navirank.com

「包帯無駄遣い装置」と揶揄されるほど包帯をいたるところに巻いている太宰。はたしてその理由は…??

出典:https://twitter.com

マフィア時代の太宰。漆黒に染まったその双眸に写るのは…

まとめ

出典:http://www.mbok.jp

謎多き物語のキーマン・太宰さんについて色々まとめてみました! 元マフィアで、とても頭が良い上に強くて、チートみたいな能力者…って、もうほとんど最強のような…? 芥川が執着するのも頷けますね。いかがでしたか?

ちなみに以前にも挙げた通り、太宰さんのバックボーンについて知るなら小説「文豪ストレイドッグス」1巻と2巻(特に2巻「太宰治と黒の時代」は彼がマフィアを抜けるきっかけとなった話)を読むことをおすすめします!本編が二倍面白くなること間違いなし!

アニメでも人気爆発間違いなし! これから一体どんな活躍を見せてくれるのか、太宰治から目が離せませんよ!