【文豪ストレイドッグス 芥川龍之介】冷酷非情なマフィアの殺戮者!その闇が切ない

大人気漫画「文豪ストレイドッグス」に登場する芥川龍之介は強力な異能を持つ冷徹な殺戮者…!幾度となく主人公・中島敦の前に立ちはだかる芥川とは一体どんな人物?彼が抱えている闇とは?まとめてご紹介しちゃいます!

芥川龍之介のプロフィール

出典:http://tr.twipple.jp

年齢:20歳

身長:172cm

体重:50kg

血液型:A型

誕生日:3月1日

好きなもの\t:骨董、茶、無花果

嫌いなもの:盆栽、犬、風呂、蚕豆、蜜柑

CV:小野賢章

出典:https://ja.wikipedia.org

ポートマフィアの一員であり、遊撃隊の隊長を務める。また武闘派組織『黒蜥蜴』の指揮権を持つ。国木田をもってして「奴と戦うのは御免だ」と言わしめるほどのく凶悪さと残虐さを持つ殺戮特化の異能力者。人虎を捕獲するため敦の前に現れた。

過去には貧民街に住む孤児であったが仲間を殺され復讐に赴いた際、ポートマフィアの幹部に昇進したばかりの太宰に力を見出された。彼の戦闘能力や技術は太宰の教育の賜物であり、芥川が身に着けている黒の外套も太宰から与えられたもの。

自らの目的のためならば上層部の命令に反する行動を独断でとることもあるが、首領の森曰く「独走し破壊し結果的に最大の貢献をする」功労者であると評価した。

元ネタ・文豪「芥川龍之介」とは

主に大正期に活躍した日本の小説家。短編小説の名手であり古典から題材をとった作品を多く残しているが、その作風は時期によってかなりの差がみられることでも有名。彼の功績を称え、友人の菊池寛により芥川龍之介賞が設けられた。

主な代表作→「河童」「羅生門」「或る阿呆の一生」「地獄変」「蜘蛛の糸」「鼻」「歯車」など。 作品はこちらからも読めます→http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person879.html

芥川龍之介の異能「羅生門」とは

出典:http://nijimen.net

外套を黒獣や爪、顎など不定形に変化させる能力。芥川曰く「悪食」であり何でも食らうことができるため、空間を食らって空間を断絶させ防御に利用するという応用も効く。変化させている外套はかつての師・太宰がくれたもの。

形状や攻撃方法によって『叢』『羅生門・顎』などの名称がある。羅生門を身に纏うことで外筋の役を担わせる『羅生門・天魔纏鎧』は一時的に超人的なスピードと筋力を得られるが内部の身体への負担が大きい。

殺戮に特化し界隈の人間から恐れられるほどの強力な異能だが、師である太宰曰く『ポンコツな能力』(ただしこの発言は挑発であった可能性も)。

芥川龍之介の声優は小野賢章! ネットでの反応は?

小野賢章とは?

出典:http://xn--ccke1dq2b9a8fsfub4f.com

小野 賢章(おの けんしょう、1989年10月5日 – )は、日本の俳優、声優、歌手。福岡県出身。身長170cm、体重52kg[1]。アニモプロデュース所属。以前は劇団ひまわり系列の砂岡事務所に所属していたが、2012年9月30日付けで退所[2]。子役時代から舞台・映画・テレビドラマに出演[3]。

出典:https://ja.wikipedia.org

芥川龍之介役は小野賢章さん! 有名なハリー・ポッターの吹き替えを始め、現在色々なアニメやゲーム、また舞台などでも活躍されている実力派のイケメン若手声優・俳優さんです。

代表作は前述した「ハリー・ポッターシリーズ(ハリー・ポッター役)」(吹き替え)、「黒子のバスケ(黒子テツヤ役)」「終わりのセラフ(百夜ミカエラ役)」「幕末ROCK(沖田総司役)」「刀剣乱舞(物吉貞宗役)」など多数。

ちなみに、過去には朗読劇『極上文學』にて芥川龍之介作「藪の中」の多襄丸役を演じたこともあります。そのとき悪漢の役でしたが…他にも小野さんは文豪の小説を元にした舞台にいくつか出演されています。これも何かの縁でしょうか…?

Twitterでの反応は?

「意外」という声も多かったものの、PVや先行上映時点ではかなりの高評価! やはりこれまで多く演じてきた主人公や明るい、穏やかな性格のキャラのイメージが強いのかもしれませんが…黒が似合うヒールの小野賢章さんも結構悪くない…!?

実力は申し分ない役者さんですし、何かと難しい役どころではありますが期待度は高いですね! 個人的な感想だと(心の闇の抱え方的な意味で)終わセラのミカエラやマギの白龍に近いものを感じますが、さてどうでしょうか…?

アニメPV第二弾でもちらりとお声が出ていますね。分かりづらいかもしれませんが、後半あたりにある「死を恐れよ、殺しを恐れよ」が芥川のセリフです。

歪な師弟関係…芥川龍之介の太宰への執着の真相!

師であり認められたい相手

出典:http://www.kakiko.info

芥川にとって太宰は唯一の師であり、どん底にいて何もなかった自分に「感情」を、そして「生きる意味」を与えてくれた人でもあります。芥川は師である太宰にずっと認められたがっていました。

太宰に認められるにはどうすればよいか――その答えこそが「強くなること」だったのです。太宰に認めてもらえない=自分は弱者であると思い込んでいる芥川は、強さの証明のために人を殺し、強敵を倒していたと言っても過言ではありません。

太宰に認めてもらうことが彼にとって「生きる意味」。けれど太宰はいっこうに自分を認めてくれないどころか、自分のもとから去ってしまった…それが芥川にとってどれほどの苦悩か、それは他人には分からないものでしょう…。

”似た者同士”の敦との死闘、共闘。そして…

出典:http://blog.livedoor.jp

異能を使いこなせるようになった敦に一度は敗北を喫した芥川。その後組合(ギルド)のボスとの戦いにおいて敦と共闘し、その胸のうちを明かします。「貴様はすべてを持っていながら気づきもしない愚か者(要約)」と…

芥川にとって敦は、自分のもとから去った太宰が目をかけている相手であり、自分が決して与えてもらえなかった優しさなどをただ運だけで無条件に与えてもらっている相手だったのでした。

しかしその戦いを終えた後、尚も自身の力を誇示しようとする芥川に対し太宰がかけた言葉は…「強くなったね」。その一言で芥川は安堵したのか、その場に崩れ気を失いました。悲願が叶った瞬間であり、彼が呪縛から解き放たれた瞬間だったのかもしれません…。

ちなみに…

文豪ストレイドッグスの作中でしばしばあるのが、”実際の文豪たちの関係性と逆転している”という現象です。太宰と芥川に関しても、実在の文豪である芥川と太宰を見てみると、むしろ太宰が芥川に憧れていたという逸話が数多く残っています。

例えば、太宰が芥川を真似たポーズで写真を撮っていたりだとか、太宰が芥川賞欲しさにとんでもない長さの手紙を選考委員の川端康成に送り付けていたりだとか…。

他にも尾崎紅葉と泉鏡花、江戸川乱歩とエドガー・ウラン・ポオについても文ストの作中の関係性と実際の関係性が逆転しています。そういう点に着目して楽しんでみても面白いかもしれませんね。

芥川龍之介のオススメ画像まとめてみた!

出典:http://www.ysf888.com.cn

冷酷なる黒…凛々しい芥川さん、かっこいいです!

出典:https://twitter.com

こんな師弟の一幕もあったのかも?

出典:https://twitter.com

似た者同士のふたり。今後の関係性の変化が気になります。

出典:https://twitter.com

過去には戻れずとも、大切な師に認められて芥川が前へ進めますように…

まとめ

出典:http://prcm.jp

主人公の敦たち探偵社と敵対するマフィア、芥川龍之介について色々まとめてみました! いかがでしたか? 芥川は冷酷な殺戮者という役どころですが、彼にも色々と思うところがあるのかと思うと切なくなってしまいます。

アニメではどんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね! 三社鼎立篇後の芥川の動向にも注目です!