義足を纏う鋼の錬金術師エドワードエルリックの魅力を徹底解剖!【鋼の錬金術師】

鋼の錬金術師に出てくるエドワード・エルリックを徹底分析!!!100年後の彼の姿とは・・・・・・

エドワード・エルリックとは・・・・・!!!

出典:http://sumi4460.blog63.fc2.com

本作の主人公で、通称「エド」。史上最年少で国家錬金術師の資格を得た錬金術師で、「鋼」の二つ名を持つ(なお、本作の題名にもなっているこの二つ名「鋼の錬金術師」は、エドの右手と左足が機械鎧であることに由来する)。

大陸暦1899年の冬生まれ[3]。物語開始時は15歳で、単行本23巻時点では16歳。アメストリス国の東部の街・リゼンブール出身。

本来右利きであるが、機械鎧にした関係で細かい動作は左手を使う。

出典:https://ja.wikipedia.org

鋼の錬金術師に出てくるエドワード・エルリック。弟と母親を生き返すために人体錬成を行い片腕と片足を失う。また、弟に関しては全身を失い魂だけ鋼の入れ物に繋ぎ合わすことに・・・・自身と弟の人体を取り戻すべく旅を始める。!!

出典:http://www.4gamer.net

エドワード・エルリック の名言を振り返ってみましょう!

壮絶な人生を送っているエドワード・エルリックその名場面に迫ります!!!

出典:http://roiedovhagarenn2.blog60.fc2.com

人体錬成を行った代償として自身の片腕、片足を失い、弟に関しては全身を失ってしまった。そんな彼が放つ名言に注目です!!

立って歩け、前へ進め。あんたには立派な足があるじゃないか

出典:http://blog.livedoor.jp

エドワード・エルリック自身が自身に言い聞かせてきた言葉ですね!!!人体錬成をし代償を背負うことになったかれが放つ言葉には重みがあります。

これが人体練成を・・・ 神様とやらの領域を侵した咎人の姿だ!!

出典:http://onecall2ch.com

人体錬成により右腕と左脚をオートメイルにするほかなくなったエドワード・エルリック。彼自身も自身の人体錬成という過ちを重く感じていることは間違いない・・・・・

何かを得ようとするならそれと同等の代価が必要って事だ

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

等価交換、錬金術の基本ですね!!!望むモノが大きければ大きいほどその対価もまた大きくなります。当たり前のことですが私たちが忘れてしまいがちのことを思い出させてくれます。

太陽に近づきすぎた英雄は翼をもがれて地に落とされる

出典:http://greedon.seesaa.net

人が踏み入れてはいけない領域にまで手を伸ばしたことがあるエドワード・エルリック。自身の傲りは破滅へと進んでいくことをよく理解している言葉です。彼の人生の壮絶さを表すことができているでしょう・・・・・

エドワードの最後の錬金術です。全ての戦いが終わり、弟を取り戻すべく心理の扉を差し出すことを決意します。

鋼の錬金術師の最終話EDです!!!少しだけお話の先が見ることができます!!!!

本物そっくり!!!エドワード・エルリック のフィギュア・・・・・!

出典:http://www.chara-net.com

鋼の錬金術師、エドワード・エルリックが遂にリボルテック化!作品のキモの錬成ポーズがバッチリ決まるフィギュアは史上初・両手打ち、地面打ち等、どんな錬成ポーズも思うまま。もちろん肉体アクションが突出して決まるのは、山口可動ならあたりまえ!

 ロングコートの裾2箇所に6mmジョイントを採用し、好きな方向へ動かせます。右腕をオートメイルに差替え可能。攻撃用の剣パーツも付属。

出典:http://www.chara-net.com

フィギュアなのに顔の表情を変えることが可能!!!!!このフィギュアのほかのフィギュアと違う点は表情を自分でセレクトできるところです!!!!ポーズによって表情が変えられるという面白い性質のフィギュアマニアにとっては手に入れたフィギュアの一つだと思います!!!

出典:http://www.chara-net.com

様々な顔のパーツを選ぶことが可能!!!!!

出典:http://d.hatena.ne.jp

一番くじのマントが特徴のエドワード・エルリックのフィギュア。独特なマントのデフォルトが特徴!!!

エドワード・エルリックの百歳の姿って・・・・!!

出典:http://happyastronomy.dreamlog.jp

横顔しか見れませんがどうやらホーエンハイムにそっくりな様子。きっとエドワードは年を取るごとにホーエンハイムにそっくりになっていくんでしょうんね!!!漫画やアニメ本編では見れない姿なので貴重です・・・・!

炎の錬金術師ロイ・マスタングとの関係

国家錬金術師になることのきっかけとなた炎の錬金術師とは・・・・・!!!

出典:http://oshicyara.blog.jp

鋼の錬金術師ことエドワード・エルリックが錬金術師になるきっかけとなった炎をつかいこなす錬金術師ロイ・マスタング。鋼の錬金術師が国家錬金術師になってからもロイ・マスタングとは助け合いながら賢者の石の秘密などを解き明かしていきます。

ロイ・マスタングとは・・・・!

出典:http://tama-yura.jp

軍部の大佐。東方司令部勤務。後に中央司令部へ栄転。「焔」の二つ名を持つ国家錬金術師。1885年生まれ。登場時は29歳(11巻から30歳)。黒髪のショートヘアーに黒の瞳が特徴。年の割に威厳がない事が密かな悩みである。

大総統の地位を目指す野心家の青年。普段は女好き(女性にまめなので女性からの人気は高い)、職務怠慢な態度を取っており、いい加減な性格に見せているが、実際には狡猾さと強い意志を併せ持つ。自らが信頼する人間には、本心を見せており、「目的最優先」と言い放つなど厳しい発言が目立つ。だが、いざ部下などの身内のこととなると、自らの危険も省みない行動に出るという情に厚い部分を見せる。

出典:https://ja.wikipedia.org

イシュバール戦での英雄。炎の錬金術死の二つ名をもつロイ・マスタング・・・・・!!!エドワードのよき相談相手です

&ebc=ANyPxKqE8oYi75eE-WDnl1sMOBqAAFuNQ1_Vo61ndnR-3wrrLiAApxVUf4vWp5YZiAwgZuw2fH2POIpgJyqzlDmBj9C3vD7eoQ鋼の錬金術師に劣らず実力は本物です!!!

ロイ・マスタングと鋼の錬金術師の貴重な戦闘シーンです!!!!!

エドワード・エルリックの弟アルフォンスとは・・・・

人体錬成で自身の人体を失ってしまったアルフォンスとエドワード・エルリックの関係は?

出典:http://01aturas.blog98.fc2.com

エドワード・エルリックの実の弟アルフォンス。二人で錬金術を習得し母親を甦らそうと人体錬成を行います。結果として弟のアルフォンスは身体を失いかろうじてだけで繋がっている状態になります。二人は自身の身体を取り戻すべく旅に出ます。いつも二人で旅をしているエルリック兄弟の仲の良さは本物でしょう。

出典:http://noboiero.blog.fc2.com

母親を錬成しようとしたときの人体錬成です。

出典:http://tama-yura.jp

鋼の鎧に魂を錬金術で繋ぎとめてかろうじて生きることができているアルフォンス。ですが中々に鋼の鎧もかれのリアクションも馴染んでいる様子です。

出典:http://tama-yura.jp

旅の途中でこの鎧の中で猫を飼っていたこともありました。この鎧重そうなのですが以外にも中は空洞になっているので小回りは軽く効きそうですね!!!そしてたまにエドワードとアル組み手をやっているのが見受けられますがこの鋼のパンチやキックは非常に効きそうです。

出典:http://navac.blogspot.jp

珍しく鋼の姿じゃないアルフォンス。普段鎧のイメージしかないので、本来の姿になるとエドワードとよく似ていますね!!久しぶりに人間の世界に戻ってこれたアルの身体はやせ細ってしまっていて少し健康的ではなさそうですが・・・・・・

まとめ

出典:http://blog.livedoor.jp

数々の困難を乗り越え兄弟ともどもで成長していくエドワード兄弟。錬金術を通して彼らはさまざまなことを学んでいきます。錬金術の基本等価交換はそれ相応のものを望むということはそれと等しい対価が必要であることを教えてくれます。一見無謀な状況もエドワード兄弟は普通なら思い付きもしない方法で乗り越えていきます。漫画・アニメでありながらエドワード・エルリックの生きざまは本当にかっこいいので是非皆さんも見てみてください!!!