トレッビアァンッ!月山×主人公カネキのおすすめBL作品まとめ【東京喰種】

ついに:reでも金木が覚醒し、今後の展開がますます気になる月山×カネキ。そんな月カネの素敵なイラスト、小説作品をまとめました。

月カネとは

東京喰種に登場する月山習×金木研のカップリング

出典:http://saramipan.blog74.fc2.com

攻めは月山習(つきやま・しゅう)、受けは金木研(かねき・けん)のボーイズラブカップリングです。BLの分類的に言うと、スパダリだけど変態で人格に問題がある攻め×内気だけど強い主人公受けといった感じでしょうか。

東京喰種のBLファンアートで圧倒的人気を誇る月カネの情報や素敵な作品をまとめました。

東京喰種とは


人間と同じ姿だが人間を喰らう存在、喰種(グール)と呼ばれる生物と人間との戦いを描いた作品です。主人公の金木研は人間でしたが事故で大けがを負い、その後受けた手術によって喰種へと変えられてしまいました。

喰種は人間しか食べることが出来ないと言うだけで、喰種は人間と変わりません。殺生を嫌がる喰種もいます。喰種と人間が共存できることはできないのか、特殊な身の上故に終わることはない戦いに巻き込まれてしまいます。

金木研とは

出典:http://matome.naver.jp

金木研は東京喰種、東京喰種:reの主人公です。作品が始まった当初は上井大学(架空の大学で偏差値が高い)の一年生。友達とわいわいしたり綺麗な人に一目惚れしたりと普通の男の子でした。

喰種になってからは戸惑い絶望しながらも、助けてくれた喰種たちと交流し喰種も人間のように善良な心を持つ者がいる事を知り喰種と人間の間にできた溝にジレンマ

月山習とは

出典:http://matome.naver.jp

月山財閥の子息にして「美食家」というコードネームがついた凶悪な喰種。アスリートの筋肉や老人の皮膚など、人間の美食家のように珍しくて美味しい味を求めて人間を狩ります

東京は23(24)個の区に分けられそれに合わせて喰種の縄張りは区ごとに決まっています。カネキ、そして月山のいる区はあんていくの店長芳村が仕切っている穏健派の区です。

ですが月山と、多くの人間を食べる「大喰い」と呼ばれる神代リゼは20区でも他の区でも厄介者として名をとどろかせています。

公式でも月カネシーンがいっぱい

出典:http://blogs.yahoo.co.jp

月山は珍しい味の人間を求め、時は同類の喰種も食べます。金木と出会った時、元人間だった金木の匂いを嗅ぎ興味をそそられ次のターゲットに決めます。

指を切った金木を血の匂いを嗅いだ時は、月山が変態と呼ばれる所以にもなったほどの大興奮を見せます。ここが公式月カネシーンの第一号ですね。

その後執拗に金木を食べようと画策し、董香と金木のタッグに敗れ瀕死の重傷を負います。

白カネキに覚醒した後は右腕、剣としてカネキの元に下る

出典:http://seiga.nicovideo.jp

東京喰種7巻で金木が覚醒して白カネキになり、あんていくの元を去ることになりました。金木に助けられた元アオギリの樹(敵)の万丈一味と、あんていくで保護されていた少女・雛実が一緒についていくと宣言した後月山も名乗りをあげます。

月山はまだ金木のことを食べようと狙っており金木が犬死しない様にという狙いがあるようですが、カネキの剣としてカネキをサポートします。

溢れる資金でカネキ達の衣食住を支え、悪い喰種を倒して共喰い(喰種は共食いすると強くなる)をする金木の為に情報を集めたりと月山は金木に尽くします。

死地に赴く金木に泣く月山

出典:http://ameblo.jp

あんていくの面々を助けるために、生き残ることは絶望的な戦地に金木が赴こうとしている所を憔悴した様子の月山が妨害します。

これまでは月山が家の力や金を使い金木をサポートしてきましたが、今回は喰種対策局、CCGの大規模作戦なので財閥のコネは使えません。ターゲットとしてずっと追い求めてきた金木が死ぬのを必死で止めます。

ここを通りたければ俺を倒していけ!!というのを地でやりますがあっさりと負けてしまい、月山は泣きながらいかないでくれ…と懇願します。ただの食材としてしか見ていないはずだったのに、ここで金木に食材以上の執着を見せました。

:reでも月山は金木を……

出典:http://ameblo.jp

東京喰種14巻でカネキがCCGに捕えられ記憶喪失になり、:reではカネキは琲世という名前で半喰種のCCG捜査官になってしまいました。仲間だった月山と金木は敵同士になってしまいました。ロミジュリか!

月山は金木が生きていること、そして記憶喪失になったことを知り何とか記憶を戻させようとします。その過程で月山が自分は金木のことを食材としてではなく仲間として大切に思っていたことに気づきます。

詳細は省きますが月山家が喰種だとバレ、CCGと月山家の激しい戦いの末金木は記憶を取戻し、月山を殺した風に見せかけて逃がします。

おまけ

こちらは4/1のエイプリルフールに原作者の石田スイ先生がTwitterに投稿された漫画です。金木(?)と月山と、ある人物が登場します…。金木と月山とムキムキの三角関係なんでしょうか?w

月カネファンからも歓喜の声が聞こえています。

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

出典:http://pbs.twimg.com

月カネの素敵なイラスト

公式でも熱い月カネですが、ファンアートもとても盛り上がっています!とっても萌える素敵な月カネイラストをいくつかご紹介させていただきます。

変態を補って余りあるイケメン度

出典:http://pbs.twimg.com

ロマンチックな月カネ

出典:http://saramipan.blog74.fc2.com

涙目で金木へ手を伸ばす月山と、顔を赤らめているが少し複雑な表情をしている金木。背景にはキスをしそうな月山と琲世が。本の表紙みたいですね。

:reで敵同士になってしまった二人を想うとこちらまで涙目になりそうなほど、素敵な月カネです。

後ろから抱きしめて……

出典:https://twitter.com

顔を赤らめたカネキの背後から抱きしめて耳に顔を寄せる月山。今にも二人の興奮した吐息を感じられるようなセクシーなイラストです。受けの顎を覆えるほど大きい攻めの手、って凄く萌えますよね。

赫眼と涙目で見つめあう二人

出典:http://kalmianoe.blog.fc2.com

カネキの頬に手を当て唇を寄せる月山。喰種特有の赫眼が露わになっています。涙目だけどどこか無表情な金木との対比を感じられて、ストーリー性があるイラストですね。

ちょっと笑える二人の攻防

出典:http://spicanokasa6318.blog107.fc2.com

迫る月山と、ガチ目に嫌がっている金木。金木は黒カネキ、白カネキ、琲世と色んな変化を遂げてその都度性格が少し変わりますから一粒で三度美味しいですよね。

白カネキは月山に対してとても辛辣ですが、月カネではたまにデレを見せるのでツンデレ好きにはたまりません。

月カネの萌え小説

イラスト、漫画もそうですが小説もとっても萌えます!原作に沿った内容のものから、特殊な設定を用いたパラレル小説まで色んな作品があります。

今回は原作沿いの内容のものをご紹介しますが、パラレルも人気作ばかりなのでおすすめです。

マイフェアレディ風

出典:http://www.stereosound.co.jp

田舎娘を立派なレディへ育てるというストーリーの映画、マイフェアレディのオマージュのような作品です。セレブや上流階級が舞台の話ってなんだか憧れちゃいますよね。

「【月カネ】マイ・フェア・マスター(恋を知った馬鹿な喰種の物語)1」 あみの[pixiv]

貢いじゃう系男子

出典:http://weekly.ascii.jp

付き合っていない二人。ある日、腕時計が壊れていることに気づいた金木は…というお話です。原作で月山がカネキ達が生活する家を用意したり、金木の服を自ら作ったというエピソードからくるお話ではないかと思います。

月カネの小説はもう出来上がっている設定のものが多いんですが、この小説はまだ付き合っていないけど明らかに好き合っているという状態でとても美味しいです!

「He is my wallet」/「いわのり」の小説 [pixiv]

とても読みやすいギャグ小説

出典:http://matome.naver.jp

こちらはpixivで流行った「2ちゃんねる風小説」という形態の作品です。2ちゃんねるでスレッドを立てたという体で、掲示板の形式で話が進んでいきます。

普段小説は読まないという人でも読み易く、ギャグが多いのでおすすめですよ。この作品もとても面白かったので外出先で読むときはにやけない様に注意して下さい(笑)

「ストーカーに遭ってます。相談させて下さい。」/「つつ」の小説 [pixiv]

まとめ

出典:http://i1os.com

いかがでしたでしょうか?色んなカップリングが開拓されていっている昨今のBL業界の中でも、月カネの「変態・スパダリ・野郎×こじらせ最強内気男子」は真新しくも王道的な萌えが詰まっていると思います。

物語が佳境に進みますます目が離せない東京喰種。布石が沢山ある上に読者が想像していなかった展開もあり誰が読んでも面白い作品だと思います。

ストーリーだけでなく月山と金木が今後どうなってしまうのか、ドキドキしながら見守っていきたいと思います。