グレーゾーン声優、三ツ矢雄二が担当したアニメキャラまとめ

グレーゾーン声優としてバラエティー番組にも出演する三ツ矢雄二さんが担当したアニメのキャラクターをまとめてみました

三ツ矢雄二とは

性別\t男性

出生地\t愛知県

生年月日\t1954年10月18日(61歳)

血液型\tA型

身長\t158 cm

職業\t声優、俳優

事務所\tコンビネーション

声優活動\t1976年 –

デビュー作\t葵豹馬

(『超電磁ロボ コン・バトラーV』)

俳優活動\t1967年 –

デビュー作\tエキストラ

(『名探偵カッチン』)

出典:https://ja.wikipedia.org

これまでに演じたキャラクター

さすがの猿飛/猿飛肉丸

本作の主人公。低身長で大食漢の超重量肥満児だが忍者養成学校「忍ノ者高校」に通う優秀な忍者の卵の高校生。スケベで得意の「神風の術」を用いて挨拶代わりのスカートめくりをしている。

女性から嫌悪されそうな条件を全て備えた風貌をしているが、幼少時の美少女くノ一の霧賀魔子とは相思相愛の仲で「バカップル」と言われているほどのラブラブで魔子のことが1番好きだが他の美少女にも目移りして魔子から鉄拳制裁を喰らってしまう。

普段はニコニコしているが魔子の窮地には怒りが爆発し「魔子ちゃん…苛めた!」と言って誰が相手でも容赦しない。正真正銘のフェミニストで心はイケメン。

タッチ/上杉達也

1968年6月16日生まれ。星座双子座。血液型AB型。

出典:https://ja.wikipedia.org

本作の主人公で上杉和也の双子の兄。明青学園中等部から明青学園高等部に進学し誘われたボクシング部に入部する。しかし普段から出来の良い弟と比べられダメ兄貴と言われて育ったので一番肝心な闘争心が全く無かった。

野球の試合に向かう途中で交通事故で無くなった弟の穴を埋めるかの様に主将の黒木に勧誘され入部し初めこそ比較され全然ダメだと言われていたが直ぐに上達し甲子園出場を果たすなど優秀なエースとなった。

三ツ矢さんの代表するキャラクターで当時はルックスや性格から作品と同じく和也の方が人気が高かったが亡くなった後に本当は出来が悪いのではなく本当は何をやっても直ぐ自分の方が出来てしまうので兄としてわざと出来ないふりをしていただけと分かった。


陽あたり良好!/高杉勇作

少女漫画版タッチの様な作品で野球部で甲子園を目指すのと日常のストーリーでアニメはタッチの後番組として放送された。「みゆき」、「タッチ」、「陽あたり良好!」と連載時期も被っていたので作者も主人公の顔の見分けが付かないくらいソックリだが高杉勇作は上杉達也と中の人まで同じ。

明条高校へ通う為に下宿「ひだまり」の3号室の住人として生活することになった。岸本かすみとは同じクラスだが下宿の風呂場で鉢合わせしたのが初対面だった。一生懸命な人間を応援するのが好きな根っからの応援団気質で応援団に所属している。野球部には怪我人の助っ人として参加した。

キテレツ大百科/尖浩二(トンガリ)

キテレツの同級生で同じクラスメイト。みんなからは「トンガリ」と呼ばれている。ドラえもんのスネ夫の様なポジションで別荘を持つほどの大金持ちのお坊ちゃまで「百丈島」に別荘があり夏休みなどはそこで休暇を楽しんでいる。

重度のマザーコンプレックスで事あるごとに「んママー!!」と言って泣き叫んだりしていてブタゴリラにいじられたりしているがブタゴリラの天然ボケには毎度ツッコミを入れたりしている。悪知恵が働いて友達を出し抜いたりするが基本的にはヘタレな所が目立つ。

三ツ矢さんの演じるキャラクターで特徴的な声と言えばこのトンガリでかなり甲高い声で喋っていて「ママー」のセリフはよくモノマネされている。

それいけ!アンパンマン/カツドンマン

どんぶりまんトリオの1人だが、丼ブリの蓋を閉めているので知らない人は何丼マンか分からない。トリオのメンバーとは誰が1番美味しいのか譲らず競い合っているが仲が悪い訳ではなく一緒に行動している。

「黒豚お肉をパン粉で包み、カラッと揚げたて豚カツを」と歌い指を鳴らしながら登場する。一人称は「ミー」で口調が外国かぶれの傾向があり「ザンス」口調で話すこともあった。キザな性格で、特徴的な髭を生やし自分が一番格好いいと思っている。

あんぱんまんの様に中身を失うと体中の力も失ってしまう。普段は素手でが多いが、お玉杓子、フライ返し、木の枝を使用しナイフやフォークを持っていることもあった。初期ではバタコさんに恋心を抱いていた。

らんま1/2/小乃東風

小乃接骨院を営む名医の先生。人体に関する伝記や珍しいツボに詳しく骨を治す腕は一流で多くの古い書物を持っている。幼い頃から通っていた天道あかねの初恋の相手だが東風は姉の天道かすみに片想いしている。

性格は冷静で優しく真面目だが、かすみが現れると途端に緊張のあまり異常な行動に出てしまい人体骨格標本のベティちゃんを使って喋り始めるなど挙動不審になるが、かすみはそれを見て自分の前だけでの行動と気付かずに単純に面白い人だと思っている。

玄馬やシャンプーをアルバイトとして雇ったり、怪我や相談がある度に頼りにされる人物で原作では次第に登場回数は減ったがアニメはオリジナル回などで後半でも登場している。

ドラゴンボールZ/界王神

界王を統べる大界王のさらに上に位置する存在 。第25回天下一武道会で付き人のキビトと共に魔人ブウ復活の阻止の協力を悟空たちに呼び掛けるために。「シン」の偽名で登場し、ピッコロには直ぐに凄い存在だと気づかれた。

瞬間移動能力と回復能力を継承しフリーザを圧倒する強さを持っているが、界王神界の剣「ゼットソード」に封印されていた15代前の老界王神が現れて以降は彼に逆らえず振り回されてばかりいる。

後に付き人のキビトとポタラ合体してしまい一生戻れないのでその姿で定着してしまったがドラゴンボール超では元に戻っている。

Twitterの反応

最後に

幅広い音域を持ち色んな役柄をこなしていますが、それは演じるキャラクターだけではなく三ツ矢さん自身もふり幅が広く声優会だけではなく世間一般にもグレーゾーンでお馴染みとなりましたね。白黒ハッキリ決めないで何でも物にする三ツ矢さんの活躍に今後も期待しています。