爛漫なマスコットガール!満艦飾マコの魅力を徹底分析【キルラキル】

大人気アニメ「キルラキル」になくてはならない存在・満艦飾マコ!敵味方問わず誰をも惹きつける満艦飾節の数々がキルラキルの魅力の一つといっても過言ではないでしょう。今回はそんな愛すべき馬鹿・満艦飾マコの魅力をまとめました!

満艦飾マコってどんな娘?

予測不可能・回避不可能なハイテンション娘!

本能寺学園2年甲組に通っている無星の生徒。授業が始まると同時に早弁し、食べ終わると即刻爆睡して知り合って間もない流子から若干引かれていました。
常に勢いのある奇行と独特で奇抜な思考回路が特徴的ですが、それ故に流子と友だちになるまでは頭の中にしか友だちがいなかったらしいです。

たわわに揺れるマコっぱい

主要女子キャラのなかでは一番胸が大きいようですが、セーラー服の下は恐らくノーブラであることがそこここで確認されています。決してサービスをしているわけではなく、いつも遅刻ギリギリで登校しているマコの行動性格からして、たぶん付け忘れているのでしょう(笑)

敵をも魅了する満艦飾パワー!

相手の立場が自分より下でも上でも、敵でも見方でも、分け隔てなく接するタイプ。また裏をかくような真似をしない純粋無垢で天真爛漫な性格です。それ故に皐月の部下である蒲郡苛には知り合って間もないころから一目置かれていました。

お金がなくても幸せの毎日!満艦飾ファミリー

「満艦飾の娘がそう簡単にくたばってたまるか!」―満艦飾薔薇蔵

マコの父・薔薇蔵は医者であり、満艦飾家はこれで生計を立てています。しかし恐らく薔薇蔵は無資格なので堂々と闇医者を宣言しています。でかでかと電飾をつけた「やみいしゃまんかんしょく」の看板が夜の貧民街を明るく照らします(笑)

マコが最終決戦に向かうとき、マコが死んだら鬼龍院財閥から慰謝料をふんだくるとマコの目の前で宣言したり、金がなくなったら又郎の臓器を売っぱらえばいいと言ってのけたりと、ブラックジョークが好きなようです。

「又郎…オトすよ?」―満艦飾好代

マコの母・満艦飾好代は笑顔の素敵な下町のお母さんで、コロッケを作らせたら天下一品とのこと。「なんでも細かく刻んで、じゃがいもに混ぜちゃうのがコツなんですよ」とほほ笑む好代さんのコロッケからはいろんなものがはみ出ています。

かなり童顔で超巨乳。ワンピースからはいつも谷間がガン見えしています。マコのおっぱいは好代さん譲りなんですね!
「もう十年若かったら、(鮮血を)着てあげられるんだけどねえ」と言っていましたが、いま着ても全然問題ないと思います。好代さんの鮮血フィギュア、オナシャス…! 

「義務教育にかまけるほどこちとら暇な身分じゃねーんだ!」―満艦飾又郎

弟の満艦飾又郎は小学校に通う年齢であるようですが、学校にはあまり通わず、貧民街でスリや盗みをこなしながら、満艦飾家の生活を助けつつアングラ感溢れる人間ネットワークを形成している模様です。

流子が美木杉の行動を調査するように頼むと、流子の寝姿写真を交渉材料にすぐ情報をゲットしてきました。又郎、それ個人的に一枚買わせてくれ…!

又郎と好代さん。人妻の谷間が…!

こんな美人巨乳がお母さんとか、又郎うらやましすぎる!

これがあってのキルラキル!?開演したらノンストップの満艦飾劇場

シリアスなシーンに突如抜かれるピンスポ!高々とかざされる両手!そして響き渡る『ハーレ・ルヤ』!流子ちゃんだろうが皐月さまだろうが止めることは出来ない、圧倒的な満艦飾色溢れるマコの独り舞台・満艦飾劇場です。
ボディランゲージや分身芸、同音異義アイテムなどを用いたテンポの良いマコの全力ターンは音MADがたくさん作られています。聴いたら病みつきになること間違いなし、一見の価値ありです!

初めて満艦飾劇場を見た時の敵・函館臣子と、そのスコープに映る流子ちゃんのこの顔(笑)

三ツ星の風紀部委員長・蒲郡苛との関係は?

「満艦飾か…覚えておこう」

第4話「とても不幸な朝が来た」で、流子を威圧する蒲郡に対し無星ながら一歩も退かずに反論し、その威勢を蒲郡さんは気に入った様子でした。流子のセコンドであるマコと皐月の配下である蒲郡は基本的には敵対関係にありますが、それから徐々に親密さは増していきます。

もはや隠しきれてないマコへの気持ち

マコが敵に飲み込まれて行方不明になった時、又郎に対し「お前の姉さんは必ず救い出す!この蒲郡苛が全身全霊を傾けてな!!」と叫ぶ蒲郡さん。家族への好印象アピールばっちりですね!
ちゃっかり好代さんの隣に座っているサイズ感のおかしい蒲郡さん(笑)パース狂ってるだろwwwww
ここで蒲郡さんの食べているコロッケだけ、実はマコの顔の形になっています。通称「マコロッケ」。どうやら好代さんは息子候補の蒲郡さんを気に入っているようですね。

タキシード蒲郡の行方

ファンの間で話題騒然となった最終話のエンディングのなかのワンシーンで、蒲郡が白いタキシードを着て薔薇の花束を抱えた完璧すぎるプロポーズスタイルで、流子・皐月・マコを四天王メンバーと待ち伏せているところが描かれています。苛マコ結婚するんですね!知ってました、ええ知ってましたよ…!!!

皐月さまに告白するという可能性もなくはないですが、皐月さま廃の蛇崩が協力的な姿勢であることから恐らく相手は皐月様ではないのではないかと考えられます。

満艦飾マコの名台詞・名シーン5選!

「今日見せパンじゃないのにー!」

第1話「あざみのごとく棘あれば」より。

人質として囚われたマコは逆さまに吊るされ、熱々の油の中に投入されそうになります。しかしマコは見せパンではないパンツが見えそうなことや、油に浸かったら服が透けちゃうことばかり気にするマコの思考回路に猿投山渦も呆然です。

それにしても見事なマシュマロボディです。流子ちゃんの鮮血衣装と対等に渡り合えるんじゃないかと言うくらい、かなり強烈でした。

「友情で勝つという事は、人生で勝つという事です!!」

第2話「気絶するほど悩ましい」 より。
「流子ちゃんは、私を助けてくれたんです!勝負に負けたかも知れませんが、友情で勝ってます!!」テニス部部長・函館臣子との対戦後、流子の負けを判定した猿投山に対してマコが放った言葉。友だちがいなかったというマコが言うと、なんだか重みがありますね…。

勝手に流子の再戦を取り付けて「はい、頑張ってね流子ちゃん」とこの顔。撫で繰り回したくなりますね。

「そうだよ!私の人生信号はいっつも黄色だよ!」

第8話「俺の涙は俺が拭く」より。
蒲郡の運転する車で自動車事故の即興ソングを歌い上げるマコ。蒲郡は流子にマコを止めるように言うが「あたしが言って止まるマコだと思うのか?」「満艦飾に赤信号はなかったな」「一生注意か…それも真理だな」と納得する蒲郡。

…蒲郡さん、マコちゃんのことめっちゃわかってるじゃないですか!!!

「マコです! 満艦飾マコ! 劣等生だけど、名前があります!」

第11話「可愛い女と呼ばないで」より。
蛇崩から劣等生と罵られたマコは、自分が劣等生と認めたうえではっきりと物怖じすることなく三ツ星(この時は剥奪されていますが)の蛇崩相手に名乗りをあげます。

マコの横に座る蒲郡さんは「その意気やよし!」と満足気です。人前で好きな人を褒めることができる系蒲郡さんなんですね~。

「いつもいつも、流子ちゃんは私を待っててくれた!」

第24話「イミテーション・ゴールド」より。
皐月と流子の母親でありラスボスの鬼龍院羅暁(きりゅういん・らぎょう)との戦いで劣勢を強いられた流子達。母艦・裸の太陽丸もエンジンが切れかかってしまって危機に瀕します!

しかしそこで突如タービンが物凄い勢いで回りだします。喧嘩部部長時代の三ツ星極制服を着たマコが、鉄ゲタを打ち鳴らしながら、滑車を回すハムスターの要領で人力エネルギーを作り出していたのです!

「待っててね、流子ちゃん!今あたし、――――追いつくからああああ!!!」

ここは何度観ても目頭が熱くなります。友だちいない同士だった流子とマコの強い絆が感じられる至上のおすすめシーンです!

おわりに

可愛くて強くて元気いっぱいな満艦飾マコちゃんの魅力、少しでも伝わっていれば嬉しいです。一度ハマると抜け出せない病みつき満艦飾、ぜひ体感してみてください!