【考察&意見まとめ】「鉄血のオルフェンズ」と「ガンダムUC」を見比べると現実味がない?問題はビームにある!?

2016年はガンダムが熱い年ですね!3月までは『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』と『サンダーボルト』が、そして4月からは『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』のTV版放送と『ビルドファイターズ』の再放送が開始と非常にガンダム尽くしな年となっています。そんな中で、鉄血のオルフェンズからガンダムワールドに入って、ユニコーンを見始めた人の中で「ある問題」が話題になっているみたいです。早速確認してみましょう!

とある視聴者のツイート

鉄血からUCを見たけど、現実味がないと思う!

出典:http://otakomu.jp

出典:http://otakomu.jp

実際そうなの? ガンダム民の議論まとめ

賛否両論!むしろ面白い発言が盛りだくさん!

ガンダムに「ビーム兵器」は重要なポイント

ビームが基本になってしまっているからこそ、物理が映える!

出典:http://kaito2198.blog43.fc2.com

非常に面白い意見が多くて、まとめていてワクワクしました!
とくにユニコーンガンダムの持つ “ビームマグナム” は「掠っただけでも爆発四散」 というトンでも火力で、当時は「ビーマグやばい!」と騒いでいたのを思い出しました(笑)

僕としては「シャアの気持ちになってて、笑った。」というコメントが非常に興味深いなと思います。ガンダム作品というのは 「ガンダムが圧倒的という要素が大事だと思います。
記念すべきファーストで、ザクがビームサーベルで貫かれるシーン・・・OOで初めて武力介入するシーンなどなど・・・ガンダムの印象と言うのは、視聴者からすれば「カッコイイ!!」ですが、物語の中での対抗勢力からは、本当に規格外の超越能力を持った悪魔みたいな敵なんですよね。

だから、僕からすれば「ビームが卑怯」って言うより、「ガンダムが卑怯」だと思います!(笑) ガンダムは須らく強い存在の象徴--敵からすれば驚異で、味方からすれば頼もしい。そんな存在でなければならないような気がしています。