小柄で童顔なのにプロ雀士!大亀あすかが担当したアニメキャラまとめ

声優・プロ雀士としても活躍している大亀あすかさんの担当したアニメキャラをまとめてみました。

大亀あすかさんとは??

愛称:かめちゃん

性別:女性

出身:広島県

生年月日:1987年12月18日

血液型:A型

身長:142cm

職業:声優

事務所:シグマ・セブン

【活動】

活動期間:2009年~

デビュー作:メイシェン・トリンデン(『鋼殻のレギオス』)

出典:https://ja.wikipedia.org

経歴につきまして

総合学園ヒューマンアカデミー→シグマ・セブンe所属→シグマ・セブン所属→声優業と並行して日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士になって活動しています。  

声優を目指したきっかけは、声優さんが出演する舞台を観たときに、新鮮さと魅力を感じて、「声優」という職業の多様性を知ったからとのことです。

総合学園ヒューマンアカデミー在学中に第2回シグマ・セブン公開オーディションに合格して、デビューを果たしました。オーディション合格者で同期に西明日香さん、渕上舞さん、田丸篤志さんがいらっしゃいます。

口癖は、「何で?」で、「なぁんでぇぇぇぇっ?」と、大きめの反応をするのが特徴で、使用頻度はかなり高いですね(笑)

麻雀について

大亀さんは、 2014年から日本プロ麻雀連盟第30期生として入会し、麻雀プロとしての活動も始めた、声優兼麻雀プロという異色の肩書きを持った方です。

『有吉反省会』にも出演されていて禊もしていましたね。本人の口から語られた事なのですが、週5日に雀荘へ通って、「週末は麻雀の大会に出場するため、声優の仕事は断っている」と話しているぐらいに、麻雀と声優、どちらが本業かというぐらいに、麻雀にはまりこんでいるんです(笑)

勿論、声優業をないがしろにしているという事ではないのですが、これだけ聞くと、声優業をしっかりしていないようにとれるかもなので補足しときますね。ギャンブル好きで雀荘やパチンコ屋や通ってはいますが、タバコ吸わないし、お酒もあまり飲まないんですよ。

ただ、麻雀への熱中ぶりはそうとうなもので、自宅に約30万ほど出して購入した全自動雀卓があって、一人でいるときも一人四役で麻雀を打つほど、麻雀にはまっているそうです。それもご本人がやってらっしゃるブログに載っていて本物だと思ってしまいました。

声優界でも麻雀好きな人は多いですね。咲関連の役者さんで、植田佳奈さんも雀卓を自宅に持っていますし、小清水亜美さん、福山潤さんなどなど有名な方々いらっしゃいます。

担当したアニメキャラまとめ

さて、そんな大亀さんのこれまで担当されてきたアニメキャラをまとめてみました。

『おまもりひまり』リズリット・L・チェルシー

ヒロインの一人というまあ、ハーレム主人公の相手の一人ですね(笑)メイド喫茶「カフェ・リリッシュ」に住み込みで働く、緋鞠ちゃんの先輩アルバイターです。英国製の古いティーカップに宿る付喪神で、ブロンドのロングヘアーのツインテールさんですね。 

アニメ作品では、主要キャラを演じたのは、この作品が初ですかね??

『電波女と青春男』藤和エリオ

大亀さんの初アニメメインヒロインですね。上半身に布団を縛り付けている宇宙人を自称する「電波女」です。口癖は「もふ」。真を「イトコ」と呼ぶ、素顔は「髪から粒子が出る」とまで表現される美少女なんですよ。ただ、普段は、布団を体に巻き付け顔すら見えない状態なので宝の持ち腐れになっていましたけどね・・・。

布団を巻きつけたまま町内を徘徊していたので、町内では悪い意味で有名なんですよ。ちなみに主人公・真くんは布団を巻いた状態のエリオを「郷土妖怪スマキン」と名づけていました。

ちなみに大亀さんは、アニメ主題歌「Os-宇宙人」でエリオをかまってちゃんとしてボーカルを担当していました。電波曲で、曲が発売してからリピートしちゃうぐらいいい意味で中毒性があります(笑)

『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』鶴田姫子

咲の番外編という扱いですかね(笑)福岡県代表・新道寺女子高校で大将を務めています。長い下睫毛が特徴でマスコミからは哩ちゃんと併せてダブルエースと称されている子です。  能力の性質上かなり哩ちゃんの力に依存していますが、リザベーションに頼りきりと言うわけではなく、咲本編の主人公宮永咲ちゃんのお姉さん、照さんも認めるほどの高い地力も持ち合わせています。

今では、プロ雀士として活躍している大亀さん。この咲も大亀さんが第二の武器を持つきっかけになった事でしょう。

『ビビッドレッド・オペレーション』一色もも

大亀さんが演じられたのは、主人公一色あかねちゃんの妹でした。小学生5年なのに、年齢に似合わないしっかり者なんですよね。一色家の家事全般と家計を取り仕切っています。アローンとの戦いには直接参加はしていないのですが、戦いの間は家を守っています。あかねと一緒に戦えないのが残念に思っているお姉ちゃんっ子ですね。服もお姉ちゃんのお古のジャージ姿でいることが多い子です。

『幸腹グラフィティ』森野きりん

主人公・リョウちゃんのはことで同じ年の女の子です。東京の美術学校に通う事を希望していたので、毎週日曜日にある美術予備校の通学の関係で前日の土曜日にリョウちゃんの家に泊まっていました。親身になって接してくれるリョウちゃんのことが大好きで、家庭事情で一人寂しく過ごしている彼女を自分が支えたいと思っています。

親戚のおじさまや、周りの大人の方に対してすごく礼儀正しいのですが、実は人見知りで何かと子どもっぽいところがあるところもまたかわいいんですよね。

この作品は、深夜に放送されていたのですが、料理もさながら食べるシーンが本当に美味しそうで思わずおなかがなっちゃったこともありました(笑)

最後に

大亀さんの魅力と共に担当されてきたアニメキャラをまとめてみましたが、いかがでしたか?あっ、この役やってたの知らなかったというキャラがあったら是非観てみてください。きっと大亀さんのあらたな一面がみれますよ。

動画も、「幸腹グラフティ」の特典?で料理をしているので、そちらも是非みてくださいね。プロの雀士としても活躍している大亀さん。これからも声優も麻雀も頑張ってほしいです。あの、「有吉反省会」にも出られていたので、写真は、そちらを使わせてもらっています。Huluさんなどで公開されていますので、そちらも加入されていたらみてみるのもいいかもですね。