ほんわか癒される!葉月絵理乃が担当したアニメキャラまとめ

声優・ナレーターで活躍されている葉月絵理乃さんが担当されてきたアニメキャラをまとめてみました。

葉月絵理乃さんとは??

愛称:えりえり、えりしー、えりーん

性別:女性

出身:東京都

生年月日:1975年8月3日

血液型:A型

身長:164 cm

所属:アクセント

配偶者:あり

【活動】

活動期間:2002年~

デビュー作:木枯えりの(『七人のナナ』)

出典:https://ja.wikipedia.org

経歴について

一時期神谷明さんの冴羽商事に所属→フリー→アクセント所属
 
声優業を目指すようになったのは、読書や朗読が好きだった事もあったのですが、槇大輔さんのナレーションをテレビで聴いたことなどからとのことです。役者というよりナレーター志望だったようですよ。下積み時代は、時給の良さからパソコンのデータ入力をよくしていて、結婚式場で事務系のアルバイトをしていたとき、新婦のモデルを度々任されたこともあるみたいですよ。ウエディングドレスを着たり結婚式を何度も経験したためか、式自体には憧れはないとおっしゃられていました。

アニメ『ARIA』シリーズ担当以前は年齢がハッキリされていなかったのですが、『ARIA The STATION Due』で西村ちなみさんからチームサーティの仲間だと言われたことから30代であることが判明しました。2015年4月26日の『たまゆら〜卒業写真』のトークイベントで、かねてより念願だったネイルサロンを開店したことを明らかにしています。

担当したアニメキャラまとめ

葉月絵理乃さんのこれまで担当されてきたキャラをまとめてみました。

『ARIA The ANIMATION』水無灯里

地球(マンホーム)の日本出身の女の子でウンディーネに憧れて水の星AQUA(アクア)へとやってきたんですよね。葉月さん演じられた灯里ちゃんの成長物語ですね。「わーひ」、「はひーっ」、「ほへ」、「はわわわわ」、「素敵-っ」、「摩訶不思議」といった言葉が口癖なんです!ARIAカンパニーの3階(屋根裏部屋)に下宿して、アリア社長といつも一緒に行動しています。

暁には会うたびに「もみ子」(もみあげから)と呼ばれていますが、かわいいですよね。夢見がちで素直な女の子で、感激した時などに思わず言ってしまうセリフは大抵藍華ちゃんから「恥ずかしいセリフ禁止!」とつっこまれています。また好奇心旺盛な性格でゴンドラの操船練習の最中にすぐに他の事に目移りしてしまうのですが、天真爛漫な笑顔に初対面の相手とも親しげに話すことができるなどの社交性と思わず心を開かせる不思議な魅力もっていて、ネオ・ヴェネツィアのあちこちに多くの知り合いがいるのも灯里ちゃんの魅力ですね。名前をお互い知らない方もいるんですよ(笑)

『となグラ!』神楽まりえ

主人公・勇治の妹でちょっと人見知りぎみな中学3年生を演じてましたね。Hな行動をとる兄を、いつも抱いている熊のヌイグルミにしこんだエアソフトガンでいさめている子です。その過激な行動とは裏腹にお兄ちゃん子でやきもち焼きで、カワイイものが好きというかわいいところがあります。

自分に対し積極的にアプローチをかけるニーナを疎み避けていたが、ニーナに助けられ、少し見直すようになりましたね。おとなしめのツンデレっ娘ですね(笑)

『BLUE DRAGON』クルック

一期のメインヒロインで、主人公・シュウの幼馴染の少女で、七人の光の戦士の末裔の一人でした。機械に詳しくて、メカの修理や操縦などができる凄い女の子です。最初は影の能力はなく、ゾラと共に旅立つシュウに強引についてきたが、ネネとの対決で全滅しそうになった時に初めて影の能力が発動し、後にパワーアップによってプロテクトフェザーに反射能力がつくようになったんですよね。

闇との決戦後はしばらくは病院で看護師として働き、その際に大怪我を負ったアンドロポフと再会し、以後は山小屋で彼の療養を手伝いながら村の子供達の面倒を見ていましが、後にシュウに協力を求められたことで再び闘う事を決意したんですよね。シュウのためと動いているかわいい、そして芯の強い子ですよね。

『あかね色に染まる坂』橘ミコト

色々と話題のあったこの作品で、『青空の見える丘』のサブヒロインを演じていました。アミティーエ学園三大美女の一人なのですが、他のヒロインと違い純一に好意を寄せている様子は見られないところがあります。ツインテール美女を演じていましたね。

『はなまる幼稚園』山本先生

はなまる幼稚園もも組の担当の栗色のロングヘアと「結構巨乳」が特徴の先生です。プライベートでは非常におっとりした性格で、天然のところもあるのですが、幼稚園ではしっかり者の先生であり、園児からの信頼が厚くて、好意を持つ男子園児も数多いんですよね。

子供の頃から周囲の男子の間ではアイドルで、先生になった今でも先生側の主人公・直純先生に好意を寄せられるなど、非常にモテているのですが、異性の好意には非常に鈍感、かつ娘を溺愛する父親が男を近付かせなかった為、これまで彼氏が出来たことがない箱入り娘なんですよ。
https://www.youtube.com/watch?v=uHYmNXhLTts
葉月さんと言えばARIA。そんなキャストトークをチョイスしてみました。

最後に

葉月さんの事をまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?葉月さんは、ナレーターをもともと目指していた事もあり現在の所属事務所も毎年オーディションしているぐらいナレーションに力を入れているのですよね。葉月さんの担当されたキャラは、灯里ちゃんと志保美さんなんですけど、もうあの癒しボイスで語られたらはにゃ~んってなっちゃいます。

アニメ作品には、あまり出られておりませんが、ご結婚もされましたしご家庭とお仕事と両立されて頑張ってほしいですね。写真は、ARIAメンバーの皆様とのものを選んでみました。