ツンデレ男子といえば?杉山紀彰が声優として演じたアニメキャラまとめ

ツンデレをやらせたらこの人という呼び声高い杉山紀彰さん。そんな杉山さんですが、アニメでは具体的にどんなキャラクターを演じているのでしょうか。紹介していきます。

声優・杉山紀彰さんってどんな人?

プロフィール

出典:https://www.google.co.jp

愛称\tのんたん

すぎさま

性別\t男性

出生地\t日本・東京都

生年月日\t1974年3月9日(42歳)

血液型\tA型

身長\t168 cm

所属\tステイラック

公式サイト\tねこじか本舗(公式Webサイト)

活動期間\t1999年 –

デビュー作\tビリー・クランストン

(『パワーレンジャー』)

出典:https://ja.wikipedia.org

出典:https://www.google.co.jp

杉山紀彰さんのデビュー作はスーパーチャンネル版『パワーレンジャー』の2代目ビリー・クランストン役です。

クールな二枚目や冷酷な悪役を主に演じていますが、最近は高めな声質を用いて、ギャグキャラも担当しています。その中でもツンデレを演じさせたらピカイチ。『声優アニメイト+hm3』のユーザー参加投票にて行われた、「ツンデレをやらせたらこの人」ランキング男性声優部門で第1位に選ばれているほど。

また、悲鳴や怒号、断末魔といった叫び声の演技は非常に評価が高い。役柄と性格の違いがあまりに大きいため、「一番ギャップがある男性声優」と称されています。 

声優として演じたアニメキャラまとめ

うちはサスケ 『NARUTO』

出典:https://www.google.co.jp

杉山さんといえばこのキャラというほど、定着しているキャラクターですよね。うずまきナルトのかつての親友兼ライバル、そして宿敵である。「写輪眼」という瞳術を受け継ぐうちは一族の末裔。

冷静でストイック、裏を返せば生真面目で不器用な性格の少年。女子たちからは整った顔立ちもあってちやほやされていましたが、イタチへの復讐心から色恋沙汰には興味を持たずにいました。

うすらトンカチ」といったサスケの罵倒は独特で印象に残ってます。ナルトとは最初は仲が悪かったが、彼の痛みを知り、どんどんライバルとして認めていくように。対立関係になっても「友達」の一言で手を伸ばし続ける彼に最後の最後で折れ、正道に引き戻されました。

石田雨竜 『BLEACH』

出典:https://www.google.co.jp

主人公の一護のクラスメイト。死神により殲滅させられたはずの退魔の眷族、滅却師(クインシー)の生き残りの一人で、弓状の武器を用い、一護たちと一緒に戦います。師匠を見殺しにした死神を嫌っており、一護に対してはある程度の理解はあるもののライバル心を持っている一面も。

いわゆる性格は「ツンデレ」「クーデレ」。素直な気持ちを話すのは苦手で、照れを隠したいがためにつくはいつも病的にヘタという可愛い一面も。敵にとどめを刺せない優しさを持っているが、そのために痛い目を見る事も多く、父竜弦からは「だからオマエはバカだというのだ」と評されます。

イギリス 『Axis powers ヘタリア』

出典:https://www.google.co.jp

作品の中でも人気のキャラで、2009年7月29日に発売された『Axis powers ヘタリア』のキャラクターソングではCD発売週はオリコン9位、デイリーでは2位にランクインするほど。人間名はアーサー・カークランド。ぼさぼさの短い金髪にツリ目の翠眼の青年。

特徴的な太い眉毛は「イギリス国民の紳士的な何か」を表し、植民地だった国々には呪い的な何かとして遺伝しているらしいです。一応、整えているらしいのです。自称英国紳士だが、元ヤン(元海賊)ということでキャラの中ではかなり口が悪い方

負けず嫌いの意地っ張り。ぶっきらぼうだが仲良くなると親切なツンデレ。杉山さんの演じるツンデレは最高だぜ!さらに、メシまずという属性まで備えており、これは人気がでるのもわかります。
https://youtu.be/6-uciTlNubIオリコン9位に輝いた曲。杉山さんは歌もうまいんですよね。

衛宮士郎 『Fate/stay night』

出典:https://www.google.co.jp

「Fate/stay night」の主人公魔術師(正確には魔術使い)見習いの少年。養父・衛宮切嗣の影響で、「正義の味方」になることに固執します。聖杯戦争に巻き込まれ、偶発的にセイバーを召喚してマスターとなり、以後争いを止めるために奮闘。

基本的には素朴で実直。頑なな性格と童顔で勘違いされがちだが、表情は基本的に冷静。「正義の味方」を目指してるだけあって、自分にできる範囲ならなるべく人の助けになろうという考えを持ち、基本的に頼まれたことは断らないようです。

人助けのためなら自らを省みないその生き方は、「一生懸命人間のふりをしているロボット」あるいは「人間になろうとしているロボット」のようです。

リヴァル・カルデモンド 『コードギアス反逆のルルーシュ』

出典:https://www.google.co.jp

アッシュフォード学園高等部2年生で生徒会の書記。ルルーシュのクラスメイトであり悪友。性格はお調子者の楽天家。ルルーシュがギアス能力を得る前は、度々バイクで遊びや賭けチェスに連れ回していました。

イレヴンである事から避けられがちだったスザクに対しても、生徒会に所属してからは親しく接しているので基本的に優しい人間であると言えます。会長であるミレイの事を気にかけていますが、告白する勇気は無いらしい。

森川カツミ 『カードファイト!!ヴァンガード』

出典:https://www.google.co.jp

後江中学校三年生の先導アイチ、井崎ユウタのクラスメイトヴァンガードのことを心から愛しているが、その実力は悲惨なくらい弱く、敗北して言い訳をするのがお約束。

当初は、アイチからブラスター・ブレードのカードを無理矢理奪い取ったりという嫌なやつでした。しかし櫂トシキに負け、自分の実力をほんの少しだけ理解したことで、今ではすっかりお調子者ムードメーカー的な役割に。

Twitterの反応

おわりに

杉山さんのアニメで演じたキャラクターを紹介しましたが、どうでしたか?

杉山さんはツンデレの演技が女性ファンにとても好評で、キュンとしている方が大勢いらっしゃいます。それだけでなく、叫び声や苦しんでいる声がとてもうまく、戦闘時の声って難しいと思うのですが、杉山さんの演技によりどんどん引き込まれることも。

これからもたくさんのキャラを演じ活躍されることでしょう。杉山さんの演技に注目ですね。