永遠の幼女声!西原久美子が担当したアニメキャラまとめ

『サクラ大戦』のアイリス役として有名な西原久美子さんはその幼女声がかわいい声優さんです。実は幼女以外にも、大人の女性も演じるほど、声に幅がある方なんです。そんな西原さんは、アニメでは具体的にどんなキャラクターを演じているのでしょうか。紹介していきます。

声優・西原久美子さんってどんな人?

プロフィール

出典:https://www.google.co.jp

本名\t渡辺 久美子

(わたなべ くみこ)(旧姓・西原)

出生地\t日本・神奈川県茅ヶ崎市

生年月日\t1965年4月27日(50歳)

血液型\tAB型

所属\t青二プロダクション

配偶者\tあり

活動期間\t1984年 –

デビュー作\tピー(『とんがり帽子のメモル』)

出典:https://ja.wikipedia.org

出典:https://www.google.co.jp

西原久美子さんは『とんがり帽子のメモル』のピー役にて声優デビューされました。可愛らしい少女幼女の声はお手の物ですが、『サクラ大戦 歌謡ショウ』の、長身であるキャラクターのカンナ演じる田中眞弓さんと並ぶと、キャラクターの設定とは真逆になり、たびたびそれをネタにされています。

本名は渡辺久美子だが、同姓同名の声優、ケロロ軍曹などを演じる渡辺久美子とは別人なので注意。ただ単に可愛らしい声というだけでなく、優しくやわらかい声、とにかく非常に幼い声、おどけた声、超早口で捲し立てる声、妖艶さが同居する声など多彩なお方です。 

声優として演じたアニメキャラまとめ

イリス・シャトーブリアン 『サクラ大戦』

出典:https://www.google.co.jp

西原さんといえばこのキャラですよね。愛称はアイリス。西原さんのかわいらしい声がピッタリあっていました。霊力が著しく高く、瞬間移動能力などの超能力を持ちます。とても便利な反面、幼少期は人との接触を絶って育てられてきた辛い過去も持ちます。

髪はブロンドでピンクの大きなリボンをつけている。クマのぬいぐるみの「ジャンポール」とはいつもいっしょ。天真爛漫な性格の一方、子供扱いされることを極端に嫌います。

『サクラ大戦』は歌が上手い方々が集められており、アイリスを演じる西原さんもとても歌が上手く、そのうえアイリスとしてのキャラを崩さないのがすごいですよね。
https://youtu.be/43a0LoXNJwQ『サクラ大戦 歌謡ショウ』の西原さんの歌声。可愛い声ですね。とにかく歌が上手い。

ペローナ 『ONEPIECE』

出典:https://www.google.co.jp

スリラーバーク四怪人の一人で、元王下七武海海賊ゲッコー・モリアの傘下。「ホロホロホロ」という独特の笑い方をするのが特徴。出番が少ないわりに、人気が高く、フィギュアも発売されています。

ゴスロリ風の可愛らしい容姿をした少女だが、勝気でわがまま、かつ男勝りなお転婆娘。ゴスロリ衣装を好んでまとっており、クマシーなど部下のゾンビたちを罵倒しながらこき使っています。しかし、1人になると寂しくなって泣いたりもするツンデレ要素のあるキャラでもあります。

高槻枝織 『少女革命ウテナ』

出典:https://www.google.co.jp

有栖川樹璃幼馴染。大人しく繊細なように見える外面とは裏腹に、内面的には卑屈かつ狡猾、ある意味では自己中心的な性格。樹璃に対して劣等感から愛憎入り混じったコンプレックスを持っており、彼女が自分に庇護的かつ優しく接するのは見下され馬鹿にされているからと被害妄想を抱いていました。

西原さんの妖艶な演技や、うつうつとした演技など演技力の高さを感じることができたキャラ。ビッチやら悪女やら言われており、物語の憎まれ役。しかし、物語をより面白くしてくれたキャラですよね。

六道冥子 『GS美神』

出典:https://www.google.co.jp

能力は式神使い。霊能力者の名家である六道家に1000年以上伝わる強力な式神十二神将を使役します。生来の大らかでポジティブな気質から作中で美神令子の事を恐れない数少ない人物。

冥子は強力な式神使いで、間違い無くGS美神の作中で最強キャラの1人。しかし、メンタル面で致命的に弱く、頻繁に式神の制御を誤り暴走させて周囲の全てを破壊してしまいます。メンタルを強くもてばいいのですが、地雷すぎて恐ろしい存在です。

フィン・フィッシュ 『神風怪盗ジャンヌ』

出典:https://www.google.co.jp

主人公まろんにお供する準天使の少女。ホットケーキが大好きで、多少ミーハーな明るい性格。天使の力で怪盗ジャンヌに変身させます。

実は元は天使だったフィンですが、過去に天界を追放され、消滅するところを魔王に拾われ、堕天使となっています。アクセスのことがずっと好きで、堕天使に身を落としたのも「生きていればいつかアクセスと再会できる」と思ったため。それ以後魔王に仕え、神の力を奪うため魔王よりまろんの元へ。

生前は魚月という名の病弱な少女で兄の相模の命令で人柱として凍らされて若干16歳で命を落としたのです。

寺田あやせ 『スクライド』

出典:https://www.google.co.jp

主人公のカズマの親友である君島が好意を寄せている美しい女性。しかし、あやせはカズマが好きという見事な三角関係アルター能力者ですが、町の人達の偏見を恐れており、弟にまで能力を隠しています。物質を水に再構成するアルター能力の持ち主であり、使用する際には髪飾りのようなアルターが発現。

カズマからはしばしば名前を忘れられて、その度に「あやせ、寺田あやせよ。忘れないで」と答えています。作中では弟の明に裏切られて強化人間にされてカズマと相打ちにされてしまうといった、作中で最も悲しい目にあった人物。

シャルル 『ドキドキ!プリキュア』

出典:https://www.google.co.jp

相田マナ(キュアハート)のパートナーの女の子の妖精。兄弟のラケル、ランスと共に、プリキュアを探してトランプ王国から地球にやってきました。スートのハート型の赤い模様が耳の根元に入っています。ピンク色のウサギのような姿をしており、丸いふわふわした尻尾というかわいらしい容姿。

語尾に「~シャル」とつけて話すのが口癖。元気で熱い心を持ったがんばりやさん。パートナーのマナに対しては強い信頼心を持ちますが、ただ信じ頼るだけでなく自分もマナを支えるべきだという思いも強く持っています。マナの規格外の行動力に唖然として振り回されることが多い。

Twitterの反応

おわりに

西原さんのアニメで演じたキャラクターを紹介しましたが、どうでしたか?

西原さんは幼女の声や、少女の声を演じさせたら天下一品のお方ですが、ただかわいらしいのではなく、どこか妖艶さがあるのがすごいんですよね。また、大人の女性の声も美しく、高評価の声優さんでもあります。

西原さんはこれからもたくさんのキャラを演じ活躍されることでしょう。西原さんの演技に注目ですね。