ふわふわっとした声が特徴な照井春佳が担当したキャラまとめ

声優・照井春佳さんの担当したキャラをまとめてみました。

照井春佳さんとは??

愛称:ぱるにゃす

性別:女性

出身:岩手県

生年月日:1987年3月7日

血液型:A型

身長:158cm

職業:声優

事務所:青二プロダクション

【活動】

活動期間:2009年~

出典:https://ja.wikipedia.org

経歴について

声優になったきっかけは、幼いころ見ていた「らんま1/2」での林原めぐみさんの演技に感銘を受けて、なんと小学4年生でなると決意したとのこと!

中学時代も劇団での舞台経験して、高校でも演劇部に所属したり、芝居と共に環境下にあったそうですよ。A&Gアカデミーで演技を学んで、2009年より「智一・美樹のラジオビッグバン」約1年間アシスタントを務めていましたね。歴代のビックバンのアシスタントとしては、三上枝織さん、種田梨沙さん、水野麻里絵さん、佐藤聡美さんなども出身ですね。そんな方々の後輩として頑張られていました。

担当したキャラまとめ

照井さんがこれまで担当されてきたキャラをまとめてみました。

『未確認で進行形』夜ノ森小紅

なんと、照井さん主人公を射止めた作品でもあります。セミロングのツインテールが特徴の女の子で、巨乳でお尻が大きく、安産型のグラマーな体型だが、自身はそれを気にしているというなんてうらやましい悩みだ!!性格は、まじめで温厚で控えめなんですよ。許婚の白夜と真白含めて同居していて、彼を理解しようと許嫁として好意を寄せています。

家事もできる完璧な女の子を照井さんが演じられていてすごくあっているとおもいました!

『結城友奈は勇者である』結城友奈

またまた、主人公を演じてました。ピンクの王道主人公ですね。どんなときも前向きで友だち思いで楽天家だがまっすぐで責任感が強い女の子です。 「勇者」という単語や自分が勇者であることに対して、並々ならない誇りとこだわりをもっているんです。 

変身後は髪が桃色に代わり、服装も同じ色を基調としたスパッツ状の勇者服に変化します。刻印の花は桜で、満開ゲージは桜の花びらで、満開時は、自身の身の丈をはるかに超える巨大な鋼の両腕を装備し、より強力な打撃をくりだすことが可能になる。桜の咲き方によって強力度があらわすっていいですね(笑)

展開的には決して笑って終われる作品ではないのですが、すごく考えさせられました。

『ケイオスドラゴン 赤竜戦役』メリル・シャーベット

アニメで出てきた、スァロゥの従者で、27歳の黒髪碧眼で頬にそばかすがある女性を演じていました。従者の身でありながら全身に具足を纏い、並の騎士以上に武術に長けています。基本的にスァロゥの命令には忠実ですが、彼が失言を漏らした際には暴言や関節技などの仕打ちを行うこともある。この毒舌がたまらない男性陣多いのでは??

また、メリルは経営者としても有能で「シャーベット商会」を独力で立ち上げています。現在はスァロゥの資産全ての債権者となっているんですよ。

メリルは、本当にしっかり者ですよね。スワロウのためにがんばっている姿もそして、恋しているのかな
?と思う節もありましたが、その従者ぶりには感服いたしました。

『灰と幻想のグリムガル』シホル

シホルちゃんは、主人公パーティの魔法使いの女の子です。小柄で可愛らしい容姿で臆病で引っ込み思案な性格なためあまり自分の意見を発さないんです。そして、涙脆く、よくユメに慰められています。 ランタに隠れ巨乳と言われていましたが、実は「隠れ」どころではなく爆乳とのこと。同じパーティで神官兼リーダーだったマナトに好意を抱いていました。

シホルちゃんは、少しずつ少しずつ強くなっていってると思います。マナトがいなくなってからずいぶん落ち込んでいましたが、立ち直っている姿をみて頑張れって応援してました。EDテーマ「Harvest」8話では(Shihoru ver.)として、シホルによる歌唱版が使用されていましたね。これがまたぐっときちゃって延々リピートしちゃっています。

『アイカツ!』服部ユウ

2016年3月まで続いていた世界のアイカツ!の登場人物でしたね。まさか、ユウちゃんが照井さんだったなんて!まとめていて気付きびっくりしましたよ。ユウちゃんは、主人公あかりちゃんの元ルームメイトだったんですよね。部屋が水びだしになって使えなくなったので、わかれて生活する事になったんです。

そして、ユウちゃんといえば交換留学をしていて、「旅アイドル」として大ブレイクしていました!みやびちゃんやここねちゃんのいる学校に行っていたんですよね。あかりちゃんとキラキラしていたいから。そういったユウちゃん、本当にキラキラ輝いていました!

最後に

照井春佳さんの魅力伝わりましたでしょうか?照井さんは、本当芝居のために生活してきたんだなとわかる生き方していますね。デビューした当時は、声優一本では食べていけなかったので、飲食店、アパレル、コールセンターのアルバイトをしながら生計を立てたそう。そうまでしてつかみ取って、今では主要キャラをはる逸材になったので報われましたね。

活発な子や、おどおどした子など役幅ひろいですが、地声はふわっふわしてますからね。これからもいろんな役やってほしいです。人間以外にの役とかにも挑戦してほしいです。