本当は優しく人想い!完全無欠!イケメン主人公岡崎朋也の秘密に迫る!【CLANNAD】

key作品の中でも抜群の人気を誇るCLANNAD。その主人公、岡崎朋也は内面も外面もとってもイケメンです。では、どこがイケメンなのか、紹介していきましょう。

岡崎朋也とは

CLANNADの主人公!

出典:https://www.google.co.jp

今回紹介する岡崎朋也は、恋愛アドベンチャーゲームでアニメ化もされ大人気の作品、『CLANNAD』の主人公です。ゲームが始まる時点の学年は高校3年です。

中学生まで、バスケをしており、高校にもバスケの推薦で入ったのですが、入学直前に父親と喧嘩をし、右肩を壊してしまいます。それが原因でバスケが出来なくなり、父親との関係も悪化。怠惰な生活を始めることに・・・。

そして、高校3年生になったある日、桜の下である一人の女の子に出会う。そこからCLANNADの物語は始まるのです。

心に残る岡崎朋也の名言、セリフ

見つければいいだけだろ。次の楽しいこととか、嬉しいことを見つければいいだけだろ。

出典:http://animewallpaperstock.com

ある意味CLANNADを象徴するセリフですね。作品冒頭、朋也が渚に掛ける言葉です。朋也は作中で自分はあまり頭が良くないと自己評価していますが、いきなりこうポンとセリフが出てくるあたり、そうとは思えないんですよね・・・。

俺たちの挫折した思いもお前が全部背負ってんだよ

出典:https://www.google.co.jp

前述したとおり、朋也は夢を、目標を一度あきらめています。渚が自分の夢を、両親、仲間を犠牲にして叶えていいかと迷っているときに掛けた言葉。朋也は自分の夢を渚に重ねていたんですね。

やっと見つけたんだ俺にしか守れないもの俺にしか守れない、かけがえのないもの

出典:http://blogimg.goo.ne.jp

朋也が見つけたもの、それは娘の汐であった。朋也がそのことを改めて認識したときに発した言葉。将来子供が出来たときに思い出したい名セリフですね。

他にもたくさんの名言はあります。是非、作品をご覧になって探してみてくださいね!

岡崎朋也はかっこよくそして、クール?

出典:https://www.google.co.jp

 顔がイケメンなのはまあ、お約束ですよね。 それ以外にもイケメンの要素はあります!まずは、渚ちゃんに行ってきた数々の言動でしょう。

演劇部再建のお手伝いの時にそれは顕著に出ていますね。あれに惚れない女の子はいないと思いますよ。また、他の女の子の攻略ルートに入ってもそれは同じですね。

智代ルートでは、目標達成のために自身が身代わりになったり、アニメ限定になりますが、有紀寧ルートでは彼女の兄の代わりに喧嘩をしたりと・・・。

不良と呼ばれていますが、根本的には非常に優しい性格なんですよ、朋也君は。

岡崎朋也の職業

出典:https://www.google.co.jp

朋也君の職業は、電気工です。電気工と漠然と言われても分からない人もいるでしょう。朋也くんがやってるのは、電柱の中の回路をつなぐ仕事ですね。

高校卒業後、自称晴れてプー太郎となった朋也君。しかし、暫く渚ちゃんの実家、『古河パン』でお手伝いをした後、高校時代に知り合いになっていた『芳野祐介』さんの働く会社に就職します。

そこが、電柱などを直す会社だったんですね。朋也はそこで、働くことの大変さ、さらに自身が働くことにより街が変化することや作られていくことを体験していきます。

実はこの職業に就いたこと、朋也にとってはかなりのターニングポイントになってたりするんですよね。

岡崎朋也は死亡してしまったのか・・・それとも・・・

CLANNAD本編には明確に死亡した描写がある※ネタバレ注意

出典:https://www.google.co.jp

CLANNAD~After Story~の最後で、朋也は、娘の汐がもう一度旅行に行きたいと願ったため、彼女は発熱中ではありましたが、旅行に出かけることになりました。

外は、雪が降り積もり、まるで渚が亡くなったあの日の光景を思い出すかのような天気でした。そんな中、彼らは、夏に楽しく旅行した、あの地を。親子の関係を取り戻したあの場所に向かって歩き始めます。

しかし、途中汐の容体が大きく変化します。そして、母渚と同じように・・・。その光景を見た朋也は『こんなのは嫌だっ!』と叫びそして、そのまま雪に倒れこんでしまいます・・・。

どうでしょう、このままですと、彼は娘の汐と共に死亡してしまった、と考えられても可笑しくはないはずです。果たして、彼は死亡してしまったのでしょうか?それがこの物語の肝なのです。

朋也の願いが、そして街の人の想いが届くとき・・・※ネタバレ注意

出典:https://www.google.co.jp

朋也と汐が倒れた後、場面は幻想世界へと移ります。『幻想世界』とは、街の人の想い、優しさ、そして幸せを表す光の玉が浮かぶ場所。そして、この世界にはガラクタのロボットと謎の少女しか存在しません。

この謎の少女とは一体誰なのか?実は渚、そして汐なのです。厳密に言えば、街の分身なんですね。何故街の分身が汐や渚になるのか?CLANNADをご覧になった皆様は、渚が風邪で倒れたとき、秋生さんが『街が渚を包んだ気がした』と言ったことがあるのを覚えているでしょうか?

実はこの時、渚と街が一体化したのです。ですから、街が寒くて弱ってしまう冬に渚も同じく体調を崩してしまうのです。そして、渚が出産で命を落としたとき、それは汐に受け継がれるのです。

そして、光の玉なのですが、これは現実世界では少女が想うと、そして幻想世界には前述の通り街の人の想いによって発生します。この現実世界の光の玉を朋也が集め、最終回の奇跡を迎えるのです。

詳しくは、下の方の回答が分かりやすいので、是非ご覧ください。

出典:https://i.ytimg.com

いかがでしたか?朋也君の魅力、伝わったでしょうか?朋也君の魅力を語る=CLANNADの魅力を語るということにもなります。この作品を鑑賞する際にどれだけ感動できるかは、朋也君にどれだけ感情移入が出来るかです。

その朋也君のことを沢山知ることにより、この作品をより一層楽しめることになるでしょう。また、年齢を重ねるに連れ、感動するポイントが違ってくるのもこの作品の良いところですよね。

少し記事にネタバレもありましたが、是非見たことない方はCLANNAD、ご覧になってみてください!
https://www.youtube.com/watch?v=otTSSQieEJM

出典:https://www.google.co.jp

出典:https://www.google.co.jp

出典:https://www.google.co.jp