【文豪ストレイドッグス 梶井基次郎】紡錘形の爆弾魔!その狂気の思想とは?

大人気漫画「文豪ストレイドッグス」に登場する梶井は武装探偵社と対立するポートマフィアからの刺客…!その正体は、マッドサイエンティストな爆弾魔だった? 異常過ぎる狂気に満ちたその思想をご紹介!

梶井基次郎とは

『さぁて貴女の死は何色かな?』

出典:https://twitter.com

名前:梶井基次郎(かじい・もとじろう)

年齢:28歳

誕生日:2月17日

身長:180cm

体重:63kg

血液型:B型

好きなもの:檸檬、爆弾、科学、オペラ、酒

嫌いなもの:表通り、ジャズ

CV:羽多野渉

出典:http://dic.pixiv.net

武装探偵社と敵対するポート・マフィア幹部・中原中也の部下。基本的に秘密主義と言われるマフィアにおいては珍しく名の知れた爆弾魔であり、現在指名手配中。

梶井の残虐性といえば、丸善ビル爆破事件において無関係の一般人を28人も殺しているところから見て取れる。その事件について梶井は「あれは素晴らしい実験だった」と発言。く、狂ってやがる…。

自らを学究の徒と呼ぶだけあってそのスタンスは科学者然としている。まさにマッドサイエンティストと呼ぶのがふさわしい男。列車爆破未遂では与謝野に敗れたが、後にギルドの船をほぼ一人で沈めており、実力は申し分ない。

梶井基次郎の異能「檸檬爆弾」とは

出典:http://ichigo-an.com

檸檬型の爆弾を作り出す能力…と見せかけて、実は檸檬型爆弾でダメージを受けない能力であるということが後に判明した。その能力についての説明は「なぜなら檸檬は美しき紡錘形だから」。ど、どういうことだってばよ…

ちなみに「一般人でも作れる」と評されてしまった檸檬型爆弾は梶井の手作りらしい。毎度大量の爆弾を使用しているのをみると、あれだけの数の爆弾を手ずから量産できるという時点でもだいぶ驚きである…

能力名の由来は、元ネタである同名の文豪・梶井基次郎の小説「檸檬」。ちなみに文ストの梶井が爆破したビルと同じ名前の「丸善」という本屋が主な舞台となっている。

梶井基次郎の声優は羽多野渉!ネットでの反応はいかに

羽多野渉とは

出典:http://jin115.com

羽多野 渉(はたの わたる、1982年3月13日 – )は、日本の男性声優、歌手。81プロデュース所属。

出典:https://ja.wikipedia.org

落ち着いた低めの声質と幅広い役柄をこなす確かな演技力で高い評価を得ており、特に女性に大人気。イケボ・イケメン・歌うまの三拍子揃った貴重な男性声優の1人です。個人名義で歌手活動も。

近年の代表作は「ハマトラ」ムラサキ役、「Dance with Devils」立華リンド役、「あんさんぶるスターズ!」乙狩アドニス役、「大正×対称アリス」魔法使い役、「ツキウタ。」文月海役など。ジョジョASB、EOHでは四部主人公・東方仗助を演じた。

羽多野さんといえば「不得意な役柄なんてあるの?」という印象で、不思議と安心感のある役者さんです。個人的にとても好きな声優さんなので梶井役が決まったときは泣いて喜びました。早くその声をアニメで聴きたい~~!!

このキャスティングに、Twitterの反応は?

わかる(わかる)。 キャスト発表直後のファンたちの大混乱ぶりを思い出しました。人それぞれイメージ通りだったり予想外だったりするようですが、癖の強いキャラだけあって演技に期待大って感じですね~!

梶井のマッドサイエンティストぶりと危険すぎるセリフを紹介!

『死とは無数の状態変化の複合音楽だ。そして訪れる不可逆なる死!ああ!』

出典:https://twitter.com

列車ジャックの対与謝野戦にて「死」は実験と語る梶井。拍動の低下・神経細胞の酸欠死・乳酸アシドーシスなどの状態の複合=死だという主張ですが、これをキラキラしたいい顔で語るあたりが変態です。狂ってやがる。

それだけにとどまらず、喜々として「科学の究極とは『神』と『死』!」とか語り始める梶井に与謝野先生ブチ切れ。自分の実験と知的欲求を満たすために人間を実験用マウスのように(むしろそれ以下に)扱う梶井…

初登場からこんだけとち狂った持論を展開されて、読者はドン引きです。いや、そこが梶井のいいところなんだけれど…

『これから君は死ぬわけだけど、その前に教えてくれ。「死ぬ」って何?』

出典:http://loveheaven.jp

――『人の死因――脳細胞の酸欠もテロメアの摩耗も――実験室レヴェルでは単純で可逆的な反応だ。なのになぜ死は不可逆なのだ? 何故人は孰れ必ず死ぬ?』

な、なんか哲学みたいなことを言い始めた… 与謝野にとどめを刺そうかという瞬間の問いかけです。自分がこれから殺そうという相手に「死ぬって何?」と尋ねる爆弾魔なんて梶井くらいのものでしょう…

ちなみにこの問いに対して、与謝野先生の返答は『死とは命の喪失』でした。 う、うーん哲学。「科学」って難しいんですね…文系だから分からないや…

『科学こそ神の創造せしこの宇宙を理解する唯一の言語だよ?』

出典:https://twitter.com

――『君達宗教者は信じるのが仕事だろうが、科学の根源は何時だって疑うことだ!』

対ギルド戦において豪華客船を襲撃したときに放った一言。ホーソーンとミッチェルが宗教者であるからこそ出てきたセリフですね。言ってる内容は理解できなくもないのに、その頭の中は理解できない(したくない)…

宗教と科学の関係性については昔から議論されていることですが、この発言からも分かるとおり少なくとも梶井は特に神を否定する考えではない科学者のよう。でも宇宙を紐解くためなら何だろうが殺す。

科学の探究はまだいいとして、それが人殺しに直結してしまう、人の死を実験結果のサンプルくらいにしか思わないところが梶井のマッドサイエンティストたる所以なのかもしれません…。改めて言いますが、コイツ狂ってやがる。

梶井基次郎のかっこいい画像まとめ

出典:https://twitter.com

極彩色のマッドサイエンティスト…!科学者の探求心は底知れず。かっこいい…!

出典:http://masahiro-rough.tumblr.com

アァ~~!こういうイカれた表情ってたまらないですね!狂ってやがる!だがそれがいい!みたいな。 こういうのが好きな女子は絶対一定数いると私信じてます。

出典:https://twitter.com

爽やかな「レモネード風」のカラーリングの梶井イラスト! こんなに爽やかなのに、紡錘形へのこだわりと執着心が怖い…(でもそこが好き)(n回目)

まとめ

出典:http://nijimen.net


なんだか狂気に満ち満ちた記事になってしまいましたが…マフィアきっての爆弾魔・梶井基次郎の恐るべき狂気の思想の一端を垣間見ることができたでしょうか?※よいこはマネしないでね!!(できない)

普通の科学者はこんな怖いこと言いません。大丈夫。文ストのマッドサイエンティストだけです。とはいえ、こういう狂気過ぎて一周回って純粋なキャラってちょっと惹かれるものがありますよね。 自分だけですかねぇ…

アニメでの登場はまだ先になるかと思いますが、放送が楽しみですね!原作コミックの方でも、再びの登場を期待したいところです…!また梶井の狂った科学論が聞きたい…!