少年も老婆も演じる!伊倉一恵が担当したアニメキャラまとめ

『サクラ大戦』のレ二役で有名な伊倉一恵さん。少年のような声が印象的ですが、女性らしい声も演じられています。アニメでは具体的にどんなキャラクターを演じているのでしょうか。紹介していきます。

声優・伊倉一恵さんってどんな人?

プロフィール

出典:https://www.google.co.jp

本名\t同じ

愛称\tカズさん

性別\t女性

出生地\t日本・長野県

生年月日\t1959年3月23日(57歳)

血液型\tO型

身長\t155 cm

職業\t声優、女優、ナレーター

事務所\t青二プロダクション

活動期間\t1979年 –

デビュー作\t女忍者(『まんが猿飛佐助』)

出典:https://ja.wikipedia.org

出典:https://www.google.co.jp

伊倉一恵さんの初仕事はニッポン放送のスラップスティックのラジオ番組『ウルトラアニメ』。そして、1979年に『まんが猿飛佐助』の女忍者役で声優デビューされました。1991年4月から1995年2月までの間は伊倉一寿(いくら かず)名義で活動していました。

声優業と並行して、数々のバラエティ番組や報道番組でナレーションを務めているほか、舞台女優としても時折活動しています。また、歌唱力にも定評があり、『サクラ大戦歌謡ショウ』を始め一部の楽曲でコーラス・アカペラの編成・編曲も担当。とにかく多彩なお方です。

歳相応の女性や少年老女など様々な役を演じており、演技の幅が広い声優さん。

声優としてアニメで演じられているキャラクター

レニ・ミルヒシュトラーセ 『サクラ大戦』

出典:https://www.google.co.jp

伊倉さんの代表的なキャラ。メインはゲームですが、アニメにもあっているのでご紹介!その容姿・服装から花組メンバーに性別をと勘違いもされていたがれっきとした女の子。「ボクっ子」です。緻密な頭脳と、人間離れした戦闘能力の持ち主。

天才的なバレエダンサーでもあり、歌唱力にも定評があります。伊倉さんは本当にピッタリのキャスティングですよね。戦い以外にはあまり興味がなく、人間らしい感情を表に出す事はほとんどありません。
https://youtu.be/mKhvoeFnMnAう、うますぎる!これは素晴らしい歌唱力です

槇村香 『シティーハンター/エンジェル・ハート』

出典:https://www.google.co.jp

『シティーハンター』における主人公冴羽獠相棒であり、槇村秀幸の。とはいえ兄の槇村秀幸とは血の繋がりはなく、義理の妹に当たります。男勝りな性格でたまに一人称が「オレ」になる。そのため男に間違われることもしばしば。

そして暴力ヒロインのはしりで、100tハンマーで殴るという強さをもちます。といっても、獠の仕事の選り好みや、歓楽街で昼間からツケで飲み歩くなどの散財癖に加え、依頼を解決しても報酬が支払われないことも多いため、常に資金繰りに頭を悩ませている苦労人。

虎王/翔龍子 『魔神英雄伝ワタル』

出典:https://www.google.co.jp

創界山の隠れも無き支配者ドアクダーの息子「魔界王子」。四天王の一人ドン・ゴロに甘やかされる形で我儘で世間知らずとして育てられ、窮屈な帝王学を受け続けるのを嫌い、愛機の邪虎丸を使い下界へ降りる日々を続けていました。

第五界層「セリーヌの森」でワタルとヒミコに出会います。「」という言葉を「奴隷」のことだと勘違いし、ヒミコをヨメにしようと躍起に。ワタルとは友達になったものの、その後敵同士であるという真実を知り敵対することに。

その後、ドアクダーに騙されていたことを反旗を翻したが、死亡。しかし、創界山の女王である聖龍妃の神力によって本来の姿である皇子「翔龍子」へと戻りました。

フィブリゾ 『スレイヤーズNEXT』

出典:https://www.google.co.jp

赤眼の魔王」シャブラニグドゥの五人の腹心のひとり。称号は冥王(ヘルマスター)。腹心の筆頭で五人の中で最強の力を持つ存在であり、魔王が封印され、唯一復活している北の魔王も氷漬けでまともに意思疎通できないため、魔族上層部の行動の指揮はほとんど彼が執っています。

性格は悪辣で、自ら力を使うことよりも策を用いて戦うことを好む狡猾な策略家。 外見で人間を油断させて騙しやすくするため少女と見間違えるような少年の姿をとっているほど。とにかく性格が悪いといろいろなキャラに嫌われています。可愛いだけにたちが悪いですね。

ポコ太 『姫ちゃんのリボン』

出典:https://www.google.co.jp

主人公野々原姫子が生まれた時から持っている雄ライオンぬいぐるみ。よくネコやタヌキなどと間違えられます。姫子が魔法のリボンをもらった際に、彼女のお供となり自由に動き話せるように。ただし姫子がリボンを外すとぬいぐるみに戻ってしまいます。

しかし、姫子がリボンをはずしている間の記憶も持っており、リボンをもらう以前の姫子を幼い頃からずっと見守ってきた一番の理解者。話せるようになってからはすぐに姫子と仲良くなり、一番の親友となりました。

ふかづめ竜子(桶川竜子) 『クレヨンしんちゃん』

出典:https://www.google.co.jp

ふかづめ竜子こと本名桶川竜子は、埼玉紅さそり隊という1980年代のようなレトロなスケバングループのリーダーで、高校3年生で17歳の少女。不良少女としての素質はなく、むしろお笑い芸人の素質があり、野原しんのすけからはお笑い芸人扱いされ「師匠」と呼ばれています。

男子高校生の鞄が当たった老婆を助けたり、決闘を申し込んだ女子高生の母親が交通事故に遭ったときにはアルバイトをしてお見舞い金を贈ったりなど熱く、優しい一面が。

また、惚れっぽい一面もあり、ひろしに惚れたりしています。なんだかんだでかわいいキャラクターですよね。

Twitterの反応

おわりに

伊倉一恵さんの演じられたアニメのキャラクターをまとめてみましたが、どうでしたか?

伊倉さんは少年役をよく演じられ、これぞ少年というほど自然な演技をされていますよね。しかし、女性の役をされることもあり、さばさばした女性の声もとても魅力的でかわいいですよね。また、老女役などの脇役も演じられるなど演技の幅が広い声優さんですね。

歌もとてもうまく、伊倉さんの歌は聞いた瞬間ドキッとするほどです。これからも伊倉さんの活躍に注目ですね。