サンジの手配書「生け捕り」の真相とは?出生・過去にも秘密が?

懸賞金が1億7700万ベリーにまで上がったサンジ。しかしその手配書には『ONLY ALIVE』と書かれていた。なぜサンジだけが「生け捕り」なのか?その理由は?真相を追究してみよう。

サンジとは

まずはサンジのプロフィールから

出典:http://i0.wp.com

所属:海上レストラン「バラティエ」副料理長→麦わらの一味コック

年齢:19歳→21歳

誕生日:3月2日

身長:177cm(超新星編)→180cm(新世界編)

血液型:S型Rh-

星座:うお座

出身地:北の海

懸賞金:7700万ベリー→1億7700万ベリー(生け捕りのみ)

好きな食べ物:辛口海鮮パスタ・紅茶に合うもの

嫌いな食べ物:こんにゃく(栄養ないから)

得意料理:全般(特にシーフード)

イメージ動物:アヒル

イメージナンバー:05・32(サンジ)・59(コック)

イメージカラー:青

イメージの花:デルフィニューム

イメージ国:フランス

イメージ県:京都府

イメージ職業:美容師

家族に例えると:次男(不良)

ニオイ:タバコと海の幸のニオイ

出典:https://ja.wikipedia.org

サンジの手配書

サンジの手配書と懸賞金は?

出典:http://shopping.toei-anim.co.jp

初めてサンジに懸賞金がかけられたのはウォーターセブンでの騒動の後で懸賞金は7700万ベリー。ルフィが一番最初に懸賞金をかけられた際は3000万ベリーだったため、かなり高めの懸賞金が設定されていることになる。世界政府を敵に回したことから金額もかなり上げられているのだろう。

この手配書のミソは顔写真である。サンジだけ「写真入手失敗」となっており、写真ではなく似顔絵になっている。確かに特徴をつかんではいるのだが、別の人物と勘違いをされたり(デュバル参照)などサンジ自身の特定をするには難しいようだ。

金額が上がった手配書

ドレスローザでの一連の騒動を受け、サンジの手配書にも変化が。

出典:http://soz.matchupp.com

ドレスローザ編の終了後、麦わらの一味の懸賞金がそれぞれ上がった。サンジも当然金額が上がり、1億7700万ベリーにまで跳ね上がった。他の皆が一律5000万ベリーずつアップしている中1人だけ1億ベリーも懸賞金が上がっている。バルトロメオも「おかしい」と言っているため、やはり普通ではないことがわかる。

更に他と違う点が「ONLY ALIVE」である。本作では初めての「生け捕りのみ」の手配書だ。これにより今まで何も関わってこなかったサンジの過去が浮き出されてくることになる。

これに対する世間の反応は

この手配書を受けて、世間の反応はどうだろうか?

出典:http://onepiece-neta.com

81巻で進展が。

サンジのファミリーネームが明らかになった。

出典:http://blog-imgs-86.fc2.com


81巻が発売され、814、815話でサンジの情報がだんだんと浮き彫りになってきた。まずサンジのファミリーネームはヴィンスモーク。ヴィンスモークと呼ばれているところから、身分の高さがうかがえる。更にヴィンスモーク家は「人殺しの一族」と呼ばれ、「ジェルマ66」「戦争屋」という名の組織のトップでもあるらしい。

ナミが言うところ「空想上の『悪の軍隊』」だが、実在しており、この組織のボスがサンジの父親であることも判明した。

ヴィンスモーク家とは?

ではそもそもヴィンスモーク家とはなんなのか?

出典:http://blog.goo.ne.jp

サンジがヴィンスモーク家の三男であることは本編で明らかになった。ではヴィンスモーク家とは一体どんな家柄なのか?情報をまとめてみよう。

・「人殺しの一族」と呼ばれている

・「ジェルマ66」「戦争屋」と呼ばれる組織のトップ

・上記の組織のボスがサンジの父親

・サンジの手配書を「生け捕り」に出来るほどの権力の持ち主

・ビッグマムが繋がりを持ちたい相手

今のところ公開されている情報をまとめると、上記のようになる。簡単に言えば、かなりの権力者ということだ。その権力があるからこそ、サンジは抵抗せずにビッグマムの元へと向かったのかもしれない。

ヴィンスモーク家は天竜人なのか?

出典:http://fore168.blog.fc2.com

ヴィンスモーク家がいわくつきの一族で、かなりの権力を持つということは判明した。その中でささやかれているのは、ヴィンスモーク家は天竜人ではないだろうということだ。手配書を発行しているのは海軍だ。その海軍に対して圧力をかけ「生け捕り」に変えられるほどの力を持つということになる。天竜人ならば簡単なことだ。

更にサンジはアラバスタのとき、クロコダイルとの通話で「Mr.プリンス」と名乗っている。この頃はサンジのユニークさから出た台詞かと思われたが、今回の事実で本当にプリンスなのではないかとも考えられる。そしてプリンスなのであれば、直訳すれば王子ということ。

しかしどこかの国の王子だったとしても手配書までは口出しできるかは怪しい。だが「天竜人の中でも権力のある一族の息子」もしくは「天竜人自体」=プリンスと考えれば、納得はできる。サンジは自分の過去を知っていた。だからこそ身分を匂わせる言葉が出てしまったのかもしれない。

まとめ

サンジは今後どうなるのだろうか?

出典:http://jin115.com

サンジが生け捕りにされた理由は、ヴィンスモーク家の三男であり、ビッグマムの娘と結婚させるため。ビッグマムとヴィンスモーク家はつながりを持つことによって何か大きな権力の動きがあるのだろう。いわばそのための「人身御供」とも言えるかもしれない。

もしサンジが天竜人であったのなら、その権力を捨てるのは天竜人の感覚としてはおかしい。いや、天竜人でなくとも、子供が自分の家を捨てひとりコック見習いとして生きていくのには、何か大きな理由があったはず。それだけの覚悟でヴィンスモーク家と袂を分けただろう。

そのサンジは自らの血筋とどう「決着」をつけるのか?今後も目が離せない!