【ネタバレ注意】終物語上のあらすじ・ストーリーまとめ

終物語(上)には数々の謎が隠されています。カンニングした真犯人は誰なのか!?小学生の阿良々木暦に数学を教えることを餌にして近づいた老倉育の真の理由とは!?老倉育の母親の失踪の真実!?大きく分けてこの三点の謎解きで構成された終物語(上)、メインヒロインの老倉育の漆黒の闇が描かれています。

メインヒロイン老倉育(おいくらそだち)について

出典:http://subcul.88ch.net

阿良々木暦の高校一年生時のクラスの学級委員長。事あるごとに阿良々木暦を敵視し、ある『事件』を境に不登校になってしまう。その事件の後遺症で阿良々木暦は友達を作るができなってしまう。

出典:http://asp731.blog.jp


「実際の視聴覚室はこんなに長くありません。周囲と比較すれば、一・五倍くらい、縦長に描かれていることに気付くでしょう?」忍野扇にそう言われると、なんだか放置することができなくなる阿良々木暦。

出典:http://www.monogatari-series.com

「出られないんだよ・・犯人がわかるまでは、この教室からは、出してもらえないんだ。僕達がやったのは・・・僕達が僕達に強いたのは、そういう学級会だった。信じられない話だけれど・・・僕はそこで、議長をを務めたりしたんだぜ」

信じられない話だが・・そこは二年前、阿良々木暦が過ごした一年三組の教室そのものだった。忘れたい苦い過去。阿良々木たちはその教室に閉じ込められ、後の阿良々木暦の性格を決定づけた因縁の教室で、過去の自分と対峙する。

出典:http://www.monogatari-series.com

「疑惑と言うのは、平たく言えばカンニング疑惑です・・勉強会に参加した生徒のテストの点数が、勉強会を欠席した生徒に比べて、高すぎるんです」クラスの学級委員・老倉育から発せられた言動が物議を醸す。

出典:http://blog.livedoor.jp

「誰が犯人なのか、多数決で決めます」長い話し合いでも犯人が特定されず、最後の手段として教室内にいる生徒の多数決で犯人を決定するというムチャクチャな方法が採用される。

「クラスの大半が挙手したのは、出席番号六番・・・老倉育のときだった」阿良々木に一票を投じた老倉育にとっては絶望的な結果に終わる。それ以来、老倉育は不登校になってしまい、阿良々木も友達を作ることをしなくなる。

※【ネタバレ注意】カンニングの真犯人

出典:http://ameblo.jp

「犯人は鉄条径(てつじょうこみち)ですね」忍野扇は担任の先生の名前をあげる。動機は自分自身の保身。クラスの平均点が上がれば、指導力が高いと学校に評価される。生徒が行った勉強会の内容に合わせて試験問題を作成したというからくりだった。

出典:http://ka-rinchaco01.hatenablog.jp

「本当、羨ましいわ。私が家で引きこもってる間に、勉強したり、大学目指したり、彼女を作ったり。阿良々木は順風満帆な人生ね」明らかな挑発、明らかな自分への敵視を感じ、動揺を隠せない阿良々木暦。

産休に入った鉄条径と入れ替わりで登校してきた老倉育であった。

出典:http://cupo.cc

「ぶっ殺す・・・文房具で阿良々木くんを刺していいのは私だけ・・いくらそのキャラを捨てたと言っても、再利用されるのは我慢ならない」阿良々木の中指に突き刺さったボールペンを見て、戦場ヶ原ひたぎは怒りに我を忘れ老倉育へ右ストレートを食らわせてしまう。

出典:http://subcuroute.blog.jp

中学生になった阿良々木暦は深刻な悩みに直面していた。先日返却された数学のテストの結果が思わしくなかったのだ。そんな阿良々木少年の下駄箱に奇妙な手紙が入っていた。

出典:http://subcul.88ch.net

封筒の中の地図に従ってボロボロの廃屋にたどり着く。そこから現れたのは可憐な少女であった。「勉強しよ。一緒に、賢くなろう」少女はそう言って阿良々木少年に数学の面白さを教えるのだった。

出典:http://readerz.jp

「でも要するにその謎の少女が老倉育先輩なんですよね?」阿良々木の話を聞いていた忍野扇があっさりと謎の少女の正体を見破ってしまう。

※【ネタバレ注意】なぜ中学生の老倉育は手の込んだことをしてまで、阿良々木暦に数学の勉強をレクチャーしたのか?

出典:http://readerz.jp

「そうですね。有名な雪女の怪談のごとく・・だからあくまで老倉先輩は、家族を自ら告発したくはなかったんでしょうよ。娘として親を自ら咎める形になるのは気が咎めるのか、それとも報復を恐れてのことか」

忍野扇の淡々と語る。父親に家庭内暴力を受けていた中学生の老倉育は両親が警察官である阿良々木暦に助けを求めた。あくまで自発的に中学生の阿良々木が告発することを願って。

阿良々木少年に数学を教えたのは撒き餌みたいなものだったのでしょう。

「二学期になってからの転校の理由も、こうなるとなんとなく想像がつきますね・・・崩壊しつつあった家庭が、完全に崩壊したってことでしょう」忍野扇の語ることが事実なのだろうと阿良々木暦は納得する。

出典:http://ka-rinchaco01.hatenablog.jp

羽川翼と忍野扇が睨みあう。どちらが阿良々木と一緒に老倉育の家へ同行するかという他愛のないことで・・・。「約束しましょう、私と一緒に行ってくれれば・・そこにどんな謎があれ、解決を提示してさしあげますよ」と扇ちゃんがいえば。

真剣な面持ちで羽川翼が言葉を紡ぐ「約束するわ、阿良々木くん。私と一緒に行ってくれれば・・・おっぱいを触らせてあげる」・・・・阿良々木暦は羽川翼と一緒に老倉育の家へと向かう。

出典:http://renote.jp

「言いにくいのよ、おまえもなまめっ・・・」阿良々木暦の名前がうまく言えない老倉育。先日同様、阿良々木のことを敵視している。

出典:http://www.monogatari-series.com

「私はお前の顔なんて見たくなし、お前だって私の顔なんて見たくないんじゃないの?私達って、ねえ、確かとっても仲が悪かったはずなんですけれど」老倉育の機関銃のような口撃に晒される阿良々木暦。

出典:http://animepeace.jp

「いなくなったお母さんを見つけて頂戴・・・見つけてくれたら、学校に行ってあげてもいいわ・・戦場ヶ原さんに、謝ってあげても」老倉育の発言に異論はあった阿良々木だったが・・・・。

出典:http://kab100jp.blog.fc2.com

「親が引きこもるって、どんな感じか想像がつく?私、中学一年生で、親の面倒みなくちゃいけなくなったんだよ・・笑えるでしょ?」両親が離婚し、母親と二人暮らしになった老倉育。母親は精神を病み二年間一室に引き込もってしまう。

※【ネタバレ注意】突然いなくなった老倉育の母親とどこに消えたのか?

出典:http://hasetas.blogspot.jp

「要は老倉は・・・ほとんど二年間!母親の死体の面倒を見てきたったことだろ!?死体が腐り果てるまで!腐り果てて消えてなくなるまで、それと気付かずに!」阿良々木は絶叫する!

生きる気力を失った母親は絶食によって餓死し、ゆっくりと腐乱し蒸発てしまった。水分以外の残りは老倉育が無意識のうちに処分したという後味の悪い結論へと到達する。

出典:http://aniotakaigi.com

「そう・・・やっぱり、そうだよね」阿良々木暦の話す母親の失踪について老倉育はあっさりと受け入れる。自分自身薄々感じていたのかもしれません。

出典:http://mushagundam.diarynote.jp

町を離れることになった老倉育から手紙が受け取る阿良々木暦。そこに書いてあった内容に思わず綻んでしまう阿良々木暦。(なんて書いてあったと思う?)そう書かれて終物語(上)は終了する。

Twitterの反応

出典:http://pbs.twimg.com

最後に

出典:https://www.aniplexplus.com

「お前みたいな奴に心配されたくない・・お前みたいな奴に心配されても、何の得にもならないんだから」攻撃的に阿良々木を糾弾する老倉育。

支離滅裂な態度に当初は不快感すら覚えましたが、話が進むうちに老倉育へのマイナスなイメージは完全に消えてなくなります。これから彼女の進むべき未来に幸せがありますようにと願います。