【ネタバレ注意】終物語中のあらすじ・ストーリーまとめ

突如現れた謎の鎧武者!なんでも知っている臥煙伊豆湖との約束を守るため、阿良々木暦はトラブルの渦中へと身を投じる。降りかかる災厄。進む先には知りたくもない真実が阿良々木暦を待ち受ける。。

終物語中の予告PV

終物語(中)のストーリー

出典:http://subcul.88ch.net

臥煙伊豆湖(がえんいずこ)との約束。神原駿河を自分のもとに連れてくること。その約束を守るため阿良々木暦は学習塾跡で神原の到着を待つ。

出典:http://www.monogatari-series.com

「謝る?はは、何を言っておるのだ。私こと忠実なる後輩、神原駿河は、いまや阿良々木先輩の肉体の一部のようなものではないか」そう軽口をたたく後輩・神原駿河は尊敬する先輩・阿良々木暦に対し真空飛び膝蹴りを食らわし衝撃的な登場を果たす。

出典:http://readerz.jp


キスショットと合流したら、伝えておけい!もう少し回復したら拙者の大事な妖刀心渡(こころわたり)』を返してもらいにいくと!」突如現れた鎧武者の言葉。阿良々木暦の知らない所で何かよからぬことが起きている。

出典:https://www.youtube.com

「・・・こんなところで死ねると思うな。鬼いちゃんを殺すのはこの僕だ」
室内中炎に包まれ、取り残された阿良々木たちを助けたのは憑喪神の童女・斧乃木余接(おののきよつぎ)であった。

出典:http://i1os.com

「鬼いちゃん、正座して・・・とっとと」突然正座させられた阿良々木に斧乃木余接はブーツを脱ぎすて素足になる。足の裏でグリグリと頬を踏みにじる斧乃木余接に対し、なすがまま受け入れる阿良々木暦。えむっけ全開ですね。

出典:http://anicomi-man.com

「まだ歩けそうもない。このまましばらくおぶってもらうことにした」先ほどの大爆発で気を失っていた神原駿河は阿良々木の背中から降りることを断固拒否。

迷い牛の怪異の仕業なのか先ほどの鎧武者のせいなのか、一時間以上同じ所をぐるぐると歩き続ける阿良々木一行。臥煙伊豆湖との待ち合わせの公園に行き着くことができず、途方にくれる。

出典:http://readerz.jp

「え?だって、阿良々木先輩。その迷い牛という怪異は、人を迷わす怪異なのだろう?・・・だったら、道を歩かなければいいじゃないか」神原駿河の機転で難を乗り越えることに成功。

出典:http://animepeace.jp

待ち合わせの公園にいたのは、ペアリングが分断され離れ離れになっていた元吸血鬼・忍野忍だった。

出典:http://www.animate.tv

阿良々木達の前に現れたのは左半分が猿右半分が蟹という見るからに凶悪な怪物

出典:http://www.anizines.com

「躊躇せんでいいい、『あれ』は怪異であって怪異でない・・・怪異以前の『よくないもの』じゃ。斬ったところで罰は当たらんよ」そういった忍野忍は怪物の攻撃に苦戦した阿良々木に妖刀『心渡』を授ける。

一刀両断!怪物は粉々になって四散していく。

出典:http://kinji-toma.com

「私は忍野伊豆湖という。君たちのよく知る、忍野メメの妹だよ」堂々と偽名を語る臥煙伊豆湖に呆気にとられる阿良々木暦。変更場所の北白蛇神社で不敵に笑う臥煙さんがなんだか怖いです。

※【ネタバレ注意】阿良々木が出会った鎧武者の正体が発覚!

出典:http://animepeace.jp

「その鎧武者は四百年前、忍ちゃんの前進・・・伝説の吸血鬼、鉄血にして熱血にして冷血の吸血鬼、怪異殺しの怪異の王、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードが血を吸って作った、一人目の眷属だ」

鎧武者の正体は投身自殺から四百年の時をかけ、見事復活を成し遂げた一人目の眷属初代怪異殺しだった。

出典:http://don32111.blog.fc2.com

「単刀直入に申し上げるぞ、阿良々木殿・・・キスショットと別れて欲しい」町唯一の大型書店で初代怪異殺しと出会ってしまう。

出典:http://hitter7777.blog.fc2.com

「拙者は専門家でござる。時代は違えど戦士として、同業の落款印(らっかんいん)を無視したりはせぬよ」斧乃木ちゃんが学習塾跡でした不可解な行為には意味があった。

【これは我が獲物だから手を出すな】という専門家同士の目印みたいなもので怪異殺しと接触することを予見して斧乃木ちゃんの考えた布石だった。

出典:http://readerz.jp

「別れたくないかのう・・だが、おぬしの代わりは誰にもできるが、拙者の代わりは誰にもできぬよ。なぜなら、拙者は特別だから。選ばれた人間だから」初代怪異殺し忍野忍との決別を静かな口調で求めてくる。

出典:http://diary139.blog.jp

「今夜、殺し合おう」初代怪異殺しのと話し合いは決裂した。ヴァンパイアハンターの攻撃を見事にかわし、その場から姿を消す。

出典:http://tentama315.hatenablog.com

四百年がかりで甦ったかつてのパートナーと、合わずにすまそうなんて・・・それは、よくないことだ。とてもよくないことだ」神原駿河は言葉を選ばず、ただ感じたままに今の自分の気持ちを叩きつける。

出典:http://animezamurai.blog.jp

「今更あやつに会ったところで、かけてやれる言葉なんぞないぞ・・・儂にとっては元より、あやつにとってもいいことなんてない。現実を見ろ、猿娘。あやつはもう、退治されるしかない」 

忍はかつてのパートナー初代怪異殺し複雑な感情を抱いています。会えばどうなるか、今の阿良々木暦との関係はどうなるのか。それを単純な想いだけで結論付けようとする神原駿河に対し、苛立ちを隠せずにいる忍です。

出典:http://fanblogs.jp

「もしもその想いに応えたくなったら、どうする?儂がうぬの先輩よりも・・・初代怪異殺しを選んだら、どうする。それでもいいのか」頑なだった忍の心を神原駿河の純粋な想いが壊していく。

「それでいい・・そのとき阿良々木先輩ときっぱり別れて・・・彼と永遠に添い遂げるがいい」その一言に忍野忍の力なくうなだれる。伝説の吸血鬼が十七歳の女子高生に敗北した瞬間だった。

出典:http://subcul.88ch.net

「お前は僕にはなれないよ。僕の代わりはいくらでもいるけれど、僕は僕しかいないから」阿良々木初代怪異殺しに対し、宣戦布告とも取れる挑発的な言葉を放つ。

出典:http://b9life.hatenablog.com

妖刀(心渡)を手にした初代怪異殺しは高笑いを上げながら阿良々木暦に対し刀を振りかぶる。

出典:http://subcul.88ch.net

メメ・・・ああ、そういうことか」臥煙伊豆湖はすぐに事の顛末を理解する。刀を振りかぶった初代怪異殺しの隙を付いて、阿良々木暦は隠し持っていた北白蛇神社の御札を胴体に貼り付けた。

出典:http://subcul.88ch.net

初代怪異殺しの復活を封じる霊験あらたかな御札である。怪異殺しの体内から様々な怪異が乱れ、飛び散った。

出典:http://tentama315.hatenablog.com

「まあ・・、僕がいったい何歳まで生きられるのかわからないけど・・・生きているうちに、また会えたら」崩壊寸前の初代怪異殺しを憐れむ阿良々木暦。

この場で肉体が四散しても、彼は再びうんざりするほどの時間をかけて復活する。永遠に死ぬことを許されない不死身の吸血鬼の眷属なのだから。

出典:http://teraco3.hatenablog.com

「謝らんでもよい。許した・・・・儂のほうこそ悪かった・・生死郎忍野忍初代怪異殺しの残骸を食べ尽くす。永遠の輪廻から解放するために・・・。

Twitterの反応

最後に

出典:http://subcul.88ch.net

「不幸でい続けることは怠慢だし、幸せになろうとしないことは卑怯だよ」初代怪異殺しの一件で落ち込む阿良々木暦に対して言った斧乃木余接の一言です。重いですね。どんなにやりきれないことがあってもうずくまって嘆いてばかりでは何も解決しない。阿良々木暦に向けた厳しくも優しい言葉です。